namba

NAMBA69 & KEN YOKOYAMA PUNK ROCKが新潟の夜を突き抜ける!!

ken_yokoyama

難波章浩率いるNAMBA69が難波章浩(Vo/Ba)の地元新潟で行うスペシャルなイベント「PUNK ROCK THROUGHTHE NIGHT SPECIAL」のVol.6がKEN YOKOYAMAを迎え12/20に新潟LOTSで開催された。

ファン待望となるこの対バンに会場は開演前から満員状態で熱気に包まれていた。
先行で登場したKEN YOKOYAMAの横山健(Vo/G)は「PUNK ROCK THROUGH THE NIGHTだろ今夜は。じゃ、PUNK ROCKやろうか!!」というMCとともに”Ricky Punks””Ricky Punks Ⅱ”を立て続けに披露し、会場の至る所でモッシュ、ダイヴ、PUNK ROCKコールが巻き起こった。

その後も、新旧の楽曲を交えたセットリストでオーディエンスを魅了した。
中盤のMCでは「今年は全国色々な場所でNAMBA69と対バンしたけど、新潟での対バンは格別だね!!」と喜びの気持ちを表した。
ラストの”Beautiful Song”まで計17曲、気迫の籠ったLIVEに会場は終始熱気に包まれた。

そして、NAMBA69がステージに登場し難波章浩の「地元でKEN BANDと対バン出来るなんて、こんな素敵な夜は無いぜ!!」というMCとともに”INTRO””21st CENTURY DREAMS””TRUE ROMANCE””SUMMER TIME”を立て続けに披露し会場をモッシュとダイヴの渦に巻き込んだ。
その後も新旧の楽曲を交えたセットリストでオーディエンスを圧倒した。

中盤のMCでは「今年はとても良い1年だった。そのラストを地元新潟でKEN BANDと締めくくれてとても幸せです。」と感謝の気持ちを表した。
ラストの”GOOD TIMES”まで計16曲、圧巻のパフォーマンスで会場を揺らし続けた。

鳴り止まぬアンコールに応え、難波章浩と横山健がステージに登場しHi-STANDARDの”CLOSE TO ME””WAR IS OVER”を披露。
このサプライズに会場の熱気は最高潮に達した。

そして、ラストはオーディエンスを交えたNAMBA69の”MY WAY”で幕を閉じ、新潟の夜をPUNK ROCKが突き抜けた最高の夜となった。

LIVE情報:
12月20日 (日) 新潟LOTS
「PUNK ROCK THROUGH THE NIGHT SPECIAL Vol.6」
OPEN 17:00 / START 18:00
出演:
NAMBA69
KEN YOKOYAMA

関連リンク:
オフィシャルサイト

Photo by Terumi Fukano

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事





Staff Recommend

PAGE TOP