naoto3

ナオト・インティライミ 自身初のドーム公演無事終了!! 4万人とオマットゥリ!! & 150人のダンサーとカーニバる!?

naoto1
naoto2

今年2015年の”デビュー5周年イヤー”を迎え、それを記念して6月にリリースした初のベストアルバム「THE BEST!」が20万枚を突破。来年2016年1月からは初のミュージカル出演&初主演も決定しているナオト・インティライミ。そのナオト・インティライミが昨日、12/23(祝・水)に自身初のドーム公演「ナオト・インティライミ初ドーム公演〜4万人でオマットゥリ!!イヴイヴ大阪冬の陣@京セラドーム大阪〜」を京セラドーム大阪にて開催した。
約4万枚のチケットが1分で完売したこの大注目のライブ。約4万人のファンとオマットゥリ騒ぎをし、そして、150人のダンサーとカーニバった。このライブの模様は下記ライブレポートをぜひ読んで欲しい。
また、本公演中に来年2016年3月からは約1年振りとなる全国TOUR「ナオト・インティライミ HALL TOUR 〜アットホールで、アットホームなキャラバン2016〜」を全国32か所35公演渡り開催する事をサプライズ発表した。更に、来年、1/27(水)に発売する16枚目のシングル「未来へ」を約4万人へこの日のお礼として初披露した。

【ライブレポート】ライブレポート:猪又 孝(DO THE MONKEY)

今年メジャーデビュー5周年を迎えたナオト・インティライミが12/23(祝・水)、京セラドーム大阪で「ナオト・インティライミ初ドーム公演 〜4万人でオマットゥリ!!イヴイヴ大阪冬の陣@京セラドーム大阪〜」を開催。
今年6月に発売されたベストアルバム『THE BEST!』の収録曲を中心に全23曲を披露し、約3時間にわたる熱演を繰り広げた。
ライブは大きな花火音を合図に客席最後方からフロートに乗ったナオトが登場する意表を突く演出からスタート。どよめきと大歓声が上がる中、記念すべきデビュー曲「カーニバる?」に続けて、ファンに人気のライブ鉄板曲「おまかせピーターパン」「マワセ マワセ」をパフォーマンスし、早くも会場は興奮のるつぼと化した。

最初のMCでは「ついにこの日がやってきたよ。ちょっと夢みてるみたい」と初めてドームのステージに立った喜びを吐露。18年前に初めて大阪でライブをしたときの観客は4人だったことを明かし、「それが今日は4万人。みんなにここまで連れてきてもらった」とファンに感謝を伝えた。そして「5年間、いや曲作りを始めた中2からの23年間のすべてを今日のステージで出し切ろうと思います! 4万人誰ひとり置いていかないからな! 覚悟しとけよ!」と客席を煽り、ライブは中盤に突入した。

この日のナオトは、ステージと平行に「エ」の字に造形された花道を頻繁に隅々まで移動し、ときには客席を走りながら歌うなど、会場のいろんなところに出現。ひとりでも多くのお客さんに近づきたいというデビュー時からのライブポリシーを巨大なドームでも実現した触れ合い重視型のライブ作りで満員の客席を楽しませていく。
さらに変化に富んだステージで自身のさまざまな持ち味を発揮。「ありったけのLove Song」「タカラモノ〜この声がなくなるまで〜」で胸をキュンキュンさせたかと思えば、EDM/ヒップホップ系のダンスナンバーをダンサーと共にステップを決めながらメドレーでパフォーマンス。5年間のライブ史を追った映像がスクリーンに投影されたあとは、これまで支えてくれたファンへの感謝を重ねながら「花びら」をピアノの弾き語りでじっくり歌唱。マイクなしのアカペラで始めた「今のキミを忘れない」では4万人の大合唱で会場をひとつにし、「君に逢いたかった」では粉雪が舞い落ちるような演出でロマンティックに酔わせた。その後は「ジングルベル」などを使った映像でクリスマス気分いっぱいに。会場がハートウォーミングなムードで包まれた。

ハイライトは「風マカセ」からの3曲。自然と体が踊り出すパーティーチューンを数十名の男女ダンサーが盛り上げ、最後の「The World is ours!」ではサンバダンサーも加わって総勢60名のダンサーが登場。オマットゥリ男の異名を取るナオトの真骨頂といえる、祝祭感にあふれたステージで会場のボルテージが最高潮に達した。

アンコールでは、1/27(水)発売の羽生結弦選手がキャンペーンキャラクターを務め・CM出演する「日本赤十字社 平成28年はたちの献血キャンペーンソング」になっている新曲「未来へ」を本邦初披露。
今は上手に笑えなくても輝く未来を信じて諦めずに進んでいこうというナオトらしいメッセージに4万人が共感と感動の拍手を送った。そしてダブルアンコールではこの日出演した総勢150名を超えるダンサーが花道と客席通路に現れ、もう一度「カーニバル?」をプレイ。最後は最高に賑やかなオマットゥリタイムに4万人の振るタオルの花が鮮やかに咲き乱れた。
さらにこの日は来年3月から始まる全国ホールツアーの開催をサプライズ発表し、初のドーム公演をひとつの区切りにして、ナオト・インティライミの第2幕が始まることを宣言。今後のさらなる飛躍と輝かしい未来への期待をファンに抱かせ、ライブは大盛況のうちに幕を閉じた。

12月23日(祝・水) 「ナオト・インティライミ初ドーム公演〜4万人でオマットゥリ!!イヴイヴ大阪冬の陣@京セラドーム大阪〜」
場所:大阪府・京セラドーム大阪
時間:13:30 OPEN/15:00 START

セットリスト:
M1 カーニバる?
M2 おまかせピーターパン
M3 マワセ マワセ
M4 Hello
M5 恋する季節
M6 ありったけのLove Song
M7 タカラモノ 〜この声がなくなるまで〜
M8 Brave
Dance Solo
M9 Dance メドレー FUNTIME/Dreammaker/LA RUMBA/テキナビート/Adventure/Just let it go
M10 Yeah!
M11 花びら
M12 キミライフ
M13 今のキミを忘れない
M14 君に逢いたかった
M15 Ballooooon!!
M16 ナイテタッテ
M17 風マカセ
M18 Ole!
M19 The World is ours!
M20 いつかきっと

―ENCORE 1―
EN 1 Catch the moment
EN 2 未来へ

―ENCORE 2―
EN 3 カーニバる?

リリース情報:
ナオト・インティライミ 16th single「未来へ」

初回限定ファンクラブ盤【CD+フォトブック】PROS-5901 ¥1,300(税抜)
初回限定盤【CD+DVD】UMCK-9807 ¥1,800(税抜)
通常盤【CD only】UMCK-5590 ¥1,000(税抜)

【CD】
M1.未来へ 
M2.今のキミを忘れない (Piano弾き語りver.@横浜アリーナ) 
M3.未来へ (Instrumental)

【DVD】※初回限定盤のみ収録
旅歌ダイアリー番外編 in ベトナム (約36分収録)

【フォトブック】※ファンクラブ限定盤のみ
12月23日(水・祝)の京セラドーム大阪公演の模様を撮影したメモリアルフォトブック付き(約20ページ予定)

ライブ情報:
【全国TOUR「ナオト・インティライミ HALL TOUR 〜アットホールで、アットホームなキャラバン2016〜」】
※詳細はナオト・インティライミ Official HPをチェック。

関連リンク:
ナオト・インティライミ Official HP
ナオト・インティライミ UNIVERSAL MUSIC HP
ナオト・インティライミ Official Twitter : @naotointiraymi
ナオト・インティライミ Official Blog

Photo by ほりたよしか

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事





Staff Recommend

PAGE TOP