glim1

GLIM SPANKY、みうらじゅん賞を受賞!

GLIM_rough_A_01

2015年12月23日(水)、ニコニコ生放送にてO.Aされた「輝け!第18回 みうらじゅん賞」にてGLIM SPANKYの受賞が発表されました。
「みうらじゅん賞」とはみうらじゅん氏の独断により選考・贈呈される賞。18回目となる今回はGLIM SPANKYの他ダウンタウン松本人志氏や写真家の三浦憲治氏、平田一式飾、マッドマックス 怒りのデス・ロードが受賞しました。
GLIM SPANKYは放送中、アコースティックギターを持参してゲスト出演。

賞の選考について、みうらじゅん氏は、
「最近のGLIM SPANKYの活躍を見ていて、今後賞とかいっぱいとっちゃう前にあげなきゃと思って..」とコメント

また、受賞したGLIM SPANKYは
「いままで親をはじめ、まわりからよくみうらじゅんさんの話を聞かされていて、いつかお近づきになりたいと思っていたので、とっても嬉しいです!」とコメント。感謝の気持ちを込めて『大人になったら』を披露しました。
いままでもライヴ会場や、フリーペーパーの対談などでみうらじゅん氏との交流を深めてきたGLIM SPANKY。2016年1月27日発売のミニアルバム「ワイルド・サイドを行け」を含め、今後の活躍にご期待ください!

みうらじゅん賞について(参考)

リリース情報:
2nd Mini AL『ワイルド・サイドを行け』


CD
1.ワイルド・サイドを行け
2.NEXT ONE (ブラインドサッカー日本代表公式ソング)
3.BOYS&GIRLS (トランスフォーマーフェス テーマソング)
4.太陽を目指せ
5.夜明けのフォーク

DVD
1.サンライズジャーニー
2.焦燥
3.MIDNIGHT CIRCUS
4.ダミーロックとブルース
5.褒めろよ
6.WONDER ALONE
7.リアル鬼ごっこ
8.NEXT ONE  (参考映像) https://youtu.be/-cOXmoXZKk4
9.大人になったら
10.さよなら僕の町

配信リリース:
1月13日(水) 楽曲「ワイルド・サイドを行け」先行配信予定 (iTunesプレオーダー開始)
1月27日(水) MiniAlbum「ワイルド・サイドを行け」バンドル配信予定

関連リンク:
オフィシャルサイト

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事





Staff Recommend

PAGE TOP