KB2015_Xmas_06

平井 堅 恒例のクリスマスLIVEでデビュー20周年記念 全国5大都市アリーナツアーの開催を発表!

KB2015_Xmas_01
KB2015_Xmas_02

現在デビュー20周年イヤー真っ只中の平井堅が、「Ken Hirai 20th Anniversary Ken’s Bar X’mas Special!!」を、12月23、24日に横浜アリーナで行った。今年は9月から11月まで約4年ぶりにフルバンドを従えた全国ホールツアーが行われたが、全編アコースティック形式のライブ「Ken’s Bar」は平井堅が1998年からほぼ毎年行っている彼のライフワークとも言えるライブだけに、全国ツアーが終了してわずか1ヶ月後に、彼は2015年の締めくくりのライブとして「Ken’s Bar」を開催した。

「Ken’s Bar」ではお馴染みの「まもなく“開店”します」の会場アナウンスのあと、ゆっくりと場内が暗くなる中で、オープニングSE「GREEN CHRISTMAS」が流れ終わると、なんとアリーナ席後方から蝶ネクタイに黒いタキシードでシックにきめた平井堅がゆっくり歩いて登場! 
その意表を突いた演出に、観客からはたくさんの驚きの声が起こった。彼が最初に向ったのは360度観客に囲まれたケーキのような装飾が施され、クリスマスカラーに彩られた円形のサブステージ。その小さなステージで、彼は「even if」をグランドピアノの弾き語りで届けた。「Ken’s Barへ、ようこそ」と挨拶をし、サブステージからテーブル席の間に敷かれたレッドカーペットを歩いて、ツリー型の照明や本物のクリスマスツリーが飾られたメインステージへ移動。クリスマスにちなんで選曲したカバー曲「Have Yourself A Merry Little Christmas」(マイケル・ブーブレー)では、たくさんの丸い球型照明の灯りが会場の天井で輝き、1万人の観客も平井堅もまるで星空に包まれているようだった。「どんどん寒くなっていきますが今宵熱く盛り上がりましょう!メロメロにしてやるからな横浜アリーナBOYS & GIRLS!」と煽ったあとはTOYO TIRESのTVCMソングとしてオンエア中の「愛にこわだれ」に続き、先の全国ツアーで20周年の感謝を込めながら毎公演行い、観客からの評判もよく、平井堅自身も「楽しくて癖になっちゃった」という“お客さんからのリクエストコーナー”に突入。デビューから20年間の中で世に出した約130曲以上もあるオリジナル曲から、いったいどの曲が選ばれるのかわからないスリリングなコーナーではあるが、リクエストされた「キミはともだち」「グロテスク」を、見事に即興で届けた。

「Ken’s Bar」ではこれまで数え切れないほどのカバー曲を披露してきたが、今回の「Thinking Out Loud」(エド・シーラン)ではオリジナルの英語詞を、平井自身が日本語に訳した歌詞をスクリーンに流しながら歌うという新しい試みもあった。その後、地元FM三重の開局30周年アニバーサリーソングとして今年5月に制作した「ON AIR」、冬のラブソング「センチメンタル」を披露したあと、インターミッションをはさんで、大ヒット曲「瞳をとじて」から2部がスタート。1部では洋楽をカバーしていたが、2部では「いっそセレナーデ」(井上陽水)「朝日のあたる道」(オリジナル・ラヴ)のカバーをウッドベースと歌だけで届け、観客はそのアダルトでセクシーな声に聞き入った。この2曲のオリジナル曲を歌うアーティストはすでに圧倒的な存在感や歌声を持っているが、平井堅はその歌い始めの第一声から自分の世界を作り上げていく。観客を平井堅の歌世界へと導く彼の声はやはり唯一無二なのだと再確認できたカバー曲だった。後半「君の好きなとこ」と「ソレデモシタイ」「KISS OF LIFE」と続けた後、「POP STAR」で華やかにLIVE本編を締めくくった。

アンコール1曲目はセンターステージに移動しながら「Love Love Love」を。この歌は彼がまだブレイクする前に作った歌だったが、「僕には歌しかない」と言い切る平井堅のライブに、そして、平井堅の歌人生に欠かせない歌へと成長した歌だった。アンコールのラストに「half of me」を歌ったあと、マイクを通さず「また来てください」と深く一礼をした彼は、登場時と同じようにアリーナ席の中をゆっくりと歩き、客席を見まわしながら笑顔で手を振った。また、24日公演のアンコールでは、2016年3月からフルバンドを従えた全国5大都市で約8万人を動員するアリーナツアーが開催されることが発表されたが、このツアーでも彼はデビュー20周年というアニバーサリーイヤーにふさわしいステージ、そして、平井堅にしか届けることができない唯一無二の歌を届けてくれることだろう。

Ken Hirai 20th Anniversary Ken’s Bar X’mas Special !!
公演日:
2015年12月23日(水) [開場]16:30 [開演]18:00
2015年12月24日(木) [開場]17:30 [開演]19:00
会場:神奈川県・横浜アリーナ
2日間合計動員人数:約2万4千人

SET LIST(12月24日):
<1st Stage>
M1. even if
M2. Have yourself A Merry Little X’mas ※クリスマスソング(オリジナル:マイケル・ブーブレー)
M3. 愛にこだわれ
M4. お客さんからのリクエスト①「キミはともだち」
M5. お客さんからのリクエスト②「グロテスク」
M6. Thinkin’ Out Loud (オリジナル:エド・シーラン)
M7. ON AIR
M8. センチメンタル

<2nd Stage>
M9. 瞳をとじて
M10. いっそセレナーデ (オリジナル:井上陽水)
M11. 朝日のあたる道 (オリジナル:ORIGINAL LOVE)
M12. 君の好きなとこ
M13. ソレデモシタイ
M14. KISS OF LIFE
M15. POP STAR

<Encore>
M16. Love Love Love
M17. half of me

Ken Hirai 20th Anniversary Special !! Live Tour 2016
2016年03月26日(土)福岡県・マリンメッセ福岡[開場]17:00 [開演]18:00
2016年04月13日(水)大阪府・大阪城ホール[開場]18:00 [開演]19:00
2016年04月14日(木)大阪府・大阪城ホール[開場]18:00 [開演]19:00
2016年04月23日(土)北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ[開場]17:00 [開演]18:00
2016年05月03日(火)愛知県・日本ガイシホール[開場]17:00 [開演]18:00
2016年05月04日(水)愛知県・日本ガイシホール[開場]17:00 [開演]18:00
2016年05月07日(土)東京都・国立代々木競技場 第一体育館[開場]17:00 [開演]18:00
2016年05月08日(日)東京都・国立代々木競技場 第一体育館[開場]17:00 [開演]18:00
【料金】指定席 ¥8,100(税込) 一般発売日:2016年2月20日(土)
※ツアー合計 約8万人動員予定

Ken Hirai 20th Anniversary Ken’s Bar X’mas Special !! WOWOWにて独占放送決定!

平井堅 20th Anniversary Ken’s Bar X’mas Special!!
2016年3月放送予定
デビュー20周年を迎えた平井堅。彼のライフワークであるコンセプトライブ「Ken’s Bar」を今回も独占放送!
1995年のデビューから2015年で20周年を迎えた平井堅が、12月24日に神奈川・横浜アリーナで行なう「Ken Hirai 20th Anniversary Ken’s Bar X’mas Special !!」の模様をWOWOWにて独占放送。
「Ken’s Bar」は、今回で18年連続開催となる、彼のライブ活動における大きな柱といえるプロジェクトの一つ。2015年9月から展開されていた全国ツアー「Ken Hirai 20thAnniversary Live Tour 2015」では、約4年ぶりとなるフルバンド・スタイルでのステージを披露した平井だが、大人のムード漂う「Ken’s Bar」はアコースティックでのライブが基調。
2015年はフルバンド編成のライブが続いており、アコースティック編成は2014年12月のマリンメッセ福岡公演以来約1年ぶりとなる。クリスマス・イヴの夜を彩る、きめ細かく温かな平井の歌声が際立つステージに、身も心も委ねていただきたい。
収録日:2015年12月24日
収録場所:神奈川 横浜アリーナ

2016年1月1日元日から平井 堅 約5年ぶりのラジオレギュラー番組がスタート!
番組名:平井 堅 NOW ON AIR~やっと逢えたね~
放送時間:毎週金曜日23:30~23:55
放送局:FM三重をキ-ステーションにJFN全国38局ネットにて同時オンエア
放送局一覧:
AIR-G’・FM青森・FM岩手・FM秋田・Datefm・FM山形・ふくしまFM・
TOKYO FM・FM栃木・FM GUNMA・FM-NIIGATA・FM長野・FMとやま・
FM石川・FM福井・K-MIX・@FM・FM GIFU・レディオキューブFM三重・
FM滋賀・FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山・HIROSHIMA FM・
FM山口・FM徳島・FM愛媛・FM高知・FM香川・fm fukuoka・FM大分・
FM佐賀・FM長崎・FM熊本・FM鹿児島・FM宮崎・FM沖縄

リリース情報:

平井堅 プロフィール:
1995年デビュー。2014年12月発表の最新シングル「ソレデモシタイ/おんなじさみしさ」を含め37枚、最新アルバム『JAPANESE SINGER』含めオリジナルアルバム8枚をリリース。
歌謡曲は勿論のことR&B、POP、ROCK、HIPHOP、HOUSEなど多種多様なジャンルに傾倒し、数多くのヒット作品を輩出。累計3,000万セールスを記録する。日本人男性ソロアーティストとしては初めてのMTV UNPLUGGEDの出演や、スティーヴィー・ワンダー、ジョン・レジェンド、ロバータフラッグ、美空ひばり、坂本九、草野マサムネなど時代/ジャンル/国境を越えたコラボレーションを実現。デビュー10周年を記念してシングル・コレクションをリリースし、男性ソロアーティストで史上3人目の200万枚を突破するなど、記憶と記録に残る活動を続ける。 2013年、1998年から続けてきた平井堅のライフワークであるアコースティック編成で聴かせるコンセプト・ライヴ“Ken’s Bar”が開店15周年を迎え、精力的にLIVEを展開するなか、2014年に入ると4月2日には約2年ぶりとなるNEW SINGLE「グロテスク feat. 安室奈美恵」をリリース。豪華なコラボレーションと人間の本性を炙りだした衝撃的な歌詞で俄然注目を集め大ヒット。さらに5月にはコンセプト・カヴァーアルバムの第3弾「Ken’s BarⅢ」をリリース。12月にはインド人に扮した衝撃的なMVとアートワークで話題を席巻した「ソレデモシタイ」を収録したシングルを発表するなどキャリアを通じてクリエイティブなトライを続けるその動きからますます目が離せない。2015年5月13日にデビュー20周年を迎えた。

関連リンク:  
平井堅 Official Website
平井堅 20th Anniversary Special Website

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事





Staff Recommend

PAGE TOP