Mrs1

[Live Report] Mrs. GREEN APPLE presents「Mrs. ONEMAN TOUR~東と名と阪~」ファイナル

Mrs2

当初、夜は雨が降るとの予報だった2015年クリスマスイブ、この日Mrs. GREEN APPLEのワンマンツアー・ファイナルが東京 ebisu LIQUIDROOMで行われた。結局雨は降らず良い天気でライブを迎えられた。

この最高のライブの場に居合わせる事が出来た事を僕は幸運に思う。

ライブスタート直前の19時前、会場はMrs. GREEN APPLEのTシャツを身に纏い、首からタオルを下げ盛り上がる気満々のファンで溢れかえっていた。
当然のようにチケットはSOLD OUTしており、会場は、もうこれ以上の人が入れない程満員で、ライブ開始前からすでに観客のボルテージは上がっていた。

しかし、そんなボルテージも会場が暗転した瞬間にゲージを振り切れる。
僕はMrs. GREEN APPLEの人気振りに凄まじく驚かされた。メジャーデビューしてまだ間もないバンドである。リリースしたCDもインディー含めてもそんなには多くない。
でも、ファンは皆知っているのだ。Mrs. GREEN APPLEがこれからの日本の音楽シーンを引っ張っていく存在になるほどの才能だと。
かく言う僕もそう思っている。

初めて彼らの音楽に触れた瞬間に、これは日本の音楽の中核を担う存在になる。と確信していた。
だからこそ、この日のワンマンライブは本当に楽しみだったし、見事に良い意味で予想を裏切られた。CDの音源は、最新シングルの「Speaking」まで何度も何度も聴いていた。しかし、ライブはやはり別物だ。そんな音源をはるかに超える熱気、演奏の生々しさ、歌の表現力、ファンとの密な関係性、様々な要素が絡み合い、音源のクオリティをはるかに超えてくる。
これだからライブはやめられない。やはり、本人達の演奏を目の前で観て聴いて、初めてそのアーティストの事が少し分かるような気分になる。

さて、話が少し逸れたがライブである。
ステージにメンバーが現れ、一列に並び深くお辞儀をすると、もう会場は揺れるほどの熱気である。そして、手拍子を煽りながら、そのままの流れで1曲目「ナニヲナニヲ」鳥肌。すげー、すげー、かっこよすぎる。そして、「我逢人」この曲ですでに観客の合唱が!続けて「リスキーゲーム」では観客がタオルをサビで振りライブを盛り上げ、間奏のピアノはクリスマス風にアレンジされていた。バンドも本気だ。アッパーな楽曲で一気に会場をMrs. GREEN APPLEの世界に変える。

MCを少し挟み、1stメジャーシングル「Speaking」バンドが手を抜く気が全くない!こんなライブ最高に決まってるじゃないか!
観客も発売されたばかりのこの曲で、すでにシンガロングしている。

そして、発売予定の1stフルアルバム「TWELVE」より「藍(あお)」ピアノがとても印象的で、今までのMrs. GREEN APPLEよりも更にリズムが強靭になった印象の新曲。この1曲だけでもアルバムが素晴らしいものになる事が予想出来た。

ここでVo./Gt.大森がハンドマイクになり、「アンゼンパイ」、再度ギターを持ち「L.P」、そしてちょっとここでアッパーな曲から離れしっとりと「恋と吟(うた)」を歌い上げる。Vo. /Gt.大森の歌唱力・表現力は本当に素晴らしい。そして、本当にほぼ全曲にシンガロングで応える観客も最高だ。バンドがとにかく楽しそうに演奏するのも、そう言ったファンとの関係性があるからだろう。なんて事を考えた。

一度メンバーがステージからいなくなり、ステージには大森だけが現れアコギ弾き語りで「Speaking」収録の「えほん」を演奏。観客はアコギの優しい音と大森の優しい歌声に引き込まれているようだった。
そして、普段あまりライブではやらない「Variety」収録の「ゼンマイ」を「クリスマスイブだからスペシャルな編成で。」と、メンバーを入れてアコースティックで披露した。
もうここまででどっぷり彼らのライブに引き込まれていた観客や僕に更にサプライズ!
アルバムにも未収録の楽曲「ノニサクウタ」が披露された。アップテンポでポップでキャッチーな曲だ。

更に、Vo./Gt.大森からクリスマスプレゼントとして、もう1曲どこでも演奏した事のないという新曲「うブ」をバンドで披露。MCで最高に盛り上がれると言った通り、リフが印象的なダンスナンバーだった!この曲大好き!早く音源を!
しかし、本当にどこまでもファンサービスの良いバンドだなぁ。なんて思った。

そして、間を空けずにボルテージを上げたまま、アルバム「TWELVE」に収録予定のアップテンポなナンバー「愛情と矛先」、観客の熱気も最高潮に達し始めた感じがした。続けてお馴染みのナンバー「VIP」でフロアがダンスホールのようになった!バンドのテンションを落とさない演奏に観客が呼応する姿が美しい。ライブはこうでなくちゃ。

MCで「Mrs. GREEN APPLEは本当に有名になりたいんですよ。」と真摯な眼差しで言う大森は純粋にカッコよかった。本人は「ダサい」と言っていたが、そんな事は全くない。「応援してください。お願いします。」と大真面目に言える。そんな大森だからこそ、ファンがみんな付いていくのだと思う。そして、「道徳と皿」で本編が終了。
もう、本当に熱くて最高だった。

通常のアンコールの中、誰ともなく「StaRt」を歌い始める観客に、他の観客も乗ってゆき、鳴り止まないアンコールは「StaRt」のワンフレーズに変わった。こんな経験は初めてだ!
しばらくして、メンバーがステージへ再度登場し、大森の「その曲やるか!」という掛け声と共にアンコールで観客によって歌われた「StaRt」を演奏。個人的な話だが、この曲大好きです。何度聴いてもカッコいい!!

アンコールは、この日この1曲で終了だった。でも、鳴り止まない1度目よりも大きい再度のアンコール!
そして、アンコール2の為にメンバーがステージへ戻る。

この日本当に最後の曲になったアンコール2で披露されたのは、アルバム「TWELVE」に収録される「パブリック」。
ワンマンライブの最後の最後の曲に、まだ発売されていない音源の楽曲を持ってくるあたり、攻めてるなぁ。って感じた。

しかも、初めて聴く曲なのに自然と乗れる相変わらずキャッチーなメロディと演奏。
これ、アルバム1月13日発売だけど、2016年のベストアルバム候補になるんではなかろうか?
そんな事を感じさせる楽曲だった。

終始とにかく感じたのは、Vo./Gt.大森のステージでの圧倒的な存在感とカリスマ性、そしてその影に全く埋まらない個性と魅力に溢れた他のメンバー達。ムードメーカーで常にステージを盛り上げるKey.藤澤、独特の暴走キャラでMCを盛り上げるBa.髙野、少し天然の入った良いキャラのGt.若井、紅一点コーラスも素晴らしく、同期している打ち込みのドラムと完璧に一つになる正確で力強いドラミングをするDr.山中。
きっと、Mrs. GREEN APPLEはこの5人じゃないとダメだったんだな。と思う。
本当に良いバンドだ。バランスがとにかく良いなぁ、と感じた。

Mrs3
Mrs4

しかし、こんなに純粋に楽しんだライブは久しぶりであった。
Optimanotesでは、これからもMrs. GREEN APPLEを全力で応援して追っていきたいと思う!
近い将来ドームや幕張も埋められるバンドに成長するように。

本当にこれからが楽しみなバンドだ。

セットリスト:
01. ナニヲナニヲ
02. 我逢人
03. リスキーゲーム
〜MC〜
04. Speaking
05. 藍 (あお)
06. アンゼンパイ
07. L.P
08. 恋と吟 (うた)
〜MC〜
09. えほん (大森ソロ・アコースティック)
10. ゼンマイ
11. ノニサクウタ (アルバム未収録)
〜MC〜
12. うブ (アルバム未収録)
13. 愛情と矛先
14. VIP
15. 道徳と皿

[Encore1]
〜MC〜
E1. StaRt

[Encore2]
〜MC〜
E2. パブリック

————–
Mrs. GREEN APPLE presents「Mrs. ONEMAN TOUR~東と名と阪~」ファイナル
東京 ebisu LIQUIDROOM
2015年12月24日


Photo by 後藤壮太郎

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

CIVILIAN

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP