Perfume

Perfume新曲「FLASH」が「ちはやふる」の実写映画主題歌に!

2010年「このマンガがすごい!オンナ編」第1位を獲得、コミックス累計発行部数1400万部(既刊29巻)を超える大人気コミックス「ちはやふる」(末次由紀/講談社「BE・LOVE」連載)が遂に実写映画化!
しかも3月19日(土)公開≪上の句≫・4月29日(金・祝)公開≪下の句≫の二部作連続で公開!
そして、映画『ちはやふる』の主題歌は、なんとPerfumeの新曲に決定!

今年、結成15周年を迎え、ワールドツアーも成功に収めるなど、日本のみならず世界に活躍の幅を広げるPerfume。
アニバーサリーイヤーとも言うべき2014-15年の海外での活躍を追ったドキュメンタリー映画「WE ARE Perfume –WORLD TOUR 3rd DOCUMENT」も公開され、ますます注目を浴びる彼女たちが、数々の賞を受賞し、今最も旬な大人気少女コミックスが原作であり、2016年最も注目される映画『ちはやふる –上の句・下の句-』の主題歌を担当する事になった!!

「『ちはやふる』は、“競技かるた=百人一首”を題材とした作品であり、主題歌は、和歌に込められている煌びやかで、鮮やかな世界観や、登場人物達のキラキラした青春群像を表現したい」(北島直明プロデューサー)と、そんな世界観を表現できるアーティストとして、デビュー以来15年間培ってきたメンバーの絆、そして常に新しいスタイルに挑戦し続ける姿が【ちはやふる】の世界感と合致するPerfumeへのオファーをしたところに、元々Perfumeメンバーが原作「ちはやふる」の大ファンであることが判明!そして、原作者・末次先生もPerfumeのファンだという事がわかり、作品と主題歌が相思相愛、という運命的な豪華コラボが実現する事になった!!

本作の為に書き下ろされた主題歌のタイトルは「FLASH」。
Perfumeが実写の劇映画へ主題歌を提供するのは意外な事に初めてだ。『ちはやふる』の題材である日本の文化

“百人一首”
“競技かるた”

の和の世界をテンポの良い独特な音楽と、かるたを取る一瞬の様子を想像させる歌詞で表現している。また、歌詞の中には“ちはやぶる”というフレーズも何度も登場し、映画『ちはやふる』を2部作通して鮮やかに彩る事になる。

Perfumeコメント

 
「この度、映画ちはやふるの主題歌を務めさせていただくことになりました。原作から読んでいた作品で、大好きな俳優陣で映画化されることをニュースで見ていたので、主題歌のお話いただいたときはほんっとうに嬉しかったです!!前のめりで受けさせていただきます!と伝えたのですが、それだけではからだの中の熱い熱い興奮が収まりきらず、会議室でライブさながらの喜びのジャンプを披露してしまったくらい。笑
本当に嬉しい報告でした。
中田さんが書き下ろしてくださった楽曲は、本当にうたをよんでいるような歌詞と音楽で、サビではカルタの試合をしているような勢いと気迫が伝わってきました。うたっていてもなんだかドキドキして止まらなくて、私すずちゃんじゃないのにもう試合をしている気分で、その緊張から気付いたらものすごい強い握りこぶしを握ってうたっていました。笑
完成を観させていただいたのですが、映像もすごく綺麗で、すずちゃんも可愛くて、劇中の音にも細かくこだわってらっしゃったので、そんなプロフェッショナルな方達の中で主題歌として起用していただけたこと本当に嬉しいです。
是非たくさんの方に映画を観ていただきたいです。」
Perfume あ~ちゃん

「もともと原作の大ファンで一ファンとして読ませていただいていた作品の映画化でまさか自分たちの楽曲を使っていただけるとは夢にも思いませんでした!
息をすることを忘れるような張り詰めた空気とともにすごく温かい気持ちになるこの作品に携われて本当に光栄です。
映画とともに私たちの楽曲も楽しんでいただけたら嬉しいです。」
Perfumeかしゆか

「漫画でもアニメでも大好きで、かしゆかから長年借りパクしてた事もある「ちはやふる」(笑)。
映画版のキャストが公開になって、わ~、主演広瀬すずちゃんなんだ!絶対見に行こ!!!と普通に楽しみにしていたので、主題歌のお話を聞いて飛び上がりました(笑)
今回「FLASH」という曲をいただきました。
静かに燃やす情熱とその解放、をイメージして、
演者の皆様の表情や所作、作中の「千早振る」の解釈を頭に浮かべながら一生懸命歌いました。
とっても楽しいレコーディングでした!
歌詞も最高です。
映画と共に愛して頂けたら嬉しいです。
はあ~千早ちゃん達にも聞いてもらいたいな~^ ^」
Perfumeのっち

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

MIYAVI

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP