attchimuite_main

男女トリプルヴォーカル4ピースバンドSwimy デビューシングル「あっちむいて」の新ヴィジュアルとシングルの詳細を発表!

2016年は1月6日放送からスタートとなるテレビ東京系アニメ『銀魂°』(毎週水曜夕方6時)。
そのエンディングテーマに抜擢され、3月2日にシングル「あっちむいて」でデビューする男女トリプルヴォーカル4ピースバンド、Swimy(スイミー)。
そのデビュー作の新ヴィジュアルが公開され、また気になるシングルのパッケージ仕様やカップリング楽曲が発表された。

現在「あっちむいて」を聴くことが出来るのは、アニメ「銀魂゜」のエンディングシーン。
一度聴いたら頭の中を駆け巡る中毒性メロディと3人のコーラスワーク、「目」「手」「あっちむいて」という反復ワードが印象的な楽曲だ。
そして奏でる音にしっかりと意思を持たせ、時代に切りこんでいくぞというSwimyの強い決意が込められた楽曲だ。

今回公開されたヴィジュアルは、男女4人のポップなテイストの中に、楽曲のキーワードとなる「目」「手」、そして「口」が印象的にコラージュされている。
写真から想像力が膨らんでくる人も多いのではないだろうか。

シングル「あっちむいて」には、カップリングとして「etc」(エトセトラ)と「relAte」(リレイト)が収録される。
3曲ともソングライトはメインヴォーカルのTakumiによるものだ。
「etc」は言葉遊びと3人のヴォーカル回しが印象的な楽曲で、音楽への決意を楽しげに表現している楽曲。
「relAte」は本作の締めくくりでありつつ、ここがSwimyとリスナーの関係の始まりだというメッセージを込めた、今後リリース予定の作品の序章とも言うべき、まさに次にリレイトする楽曲となっているらしい。
またCD初回生産分は、「銀魂」描き下ろしワイドキャップステッカー仕様となっているので、銀魂ファンは早い時期にぜひ初回生産盤を手に入れて欲しい。
そんな充実のデビュー作、先行配信も予定しているとのことで今後の展開も期待しよう。
また新曲はライヴでもいち早く演奏するとのことなので、ぜひライヴにも足を運んでみて欲しい。

商品概要:
デビューシングル 「あっちむいて」
2016年3月2日発売
テレビ東京系アニメ「銀魂゜」エンディングテーマ(2016年1月~)
c/w 「etc」「relAte」

初回生産分「銀魂」描き下ろしワイドキャップステッカー仕様
BVCL-703 1200円(税抜)/1296円(税込)

All songs written by Takumi
Produced & Arranged by Swimy, keiichi wakui

最新ライヴ情報:
2016年
1月10日(日) 渋谷 TSUTAYA O-Crest (18:00/18:30)
1月14日(木) 京都 MUSE (18:00/18:30)
1月15日(金) 神戸 VARIT. (18:00/18:30)
1月20日(水) 原宿 ASTRO HALL (18:00/18:30)

リリース情報:
Tower Records 限定発売アルバム『ラブルと宇宙』
(FSRC-0003)1700円(税抜)発売中

プロフィール:
Swimy
Vo&Ba 平成のまお
Vo&Gt Takumi
Vo&Dr みっけ
Gt&Cho タイキロイド

トリプルヴォーカルの反復する言葉とメロディ、ギターリフ・・・
ポップを壊し自由な発想で再構築した独自性の高い楽曲に、独特の世界観を持つ詩を織り交ぜ、
絵本のようなカラクリワールドに誘う。

男女混声トリプルヴォーカル4ピースバンド。2011年に滋賀県で結成し、関西を中心に活動を開始。
デモ音源が試聴サイトの週間ランキングTOP10入りを果たしたり、関西のテレビ局の番組テーマに選出されるなど、着々とその名を広め、タワーレコードより今年3月限定シングル「マスコットになりたくて」(完売)、6月には初の全国流通アルバム『ラブルと宇宙』を発売。数々のオーディションでファイナリストに選出され、各地のライヴサーキットに出演し俄然注目を集める中、いよいよ3月アリオラジャパンより「あっちむいて」でメジャーデビューする。

関連リンク:
Swimyオフィシャルサイト
Swimyオフィシャルtwitter
テレビ東京・あにてれ 銀魂サイト
アリオラジャパンFacebookページ
アリオラジャパンtwitterページ
アリオラジャパンLINE@ページ

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事





Staff Recommend

PAGE TOP