otaki1

大滝詠一、奇跡!待望のニューアルバム!?大滝詠一のアナザー・サイド・ベスト盤、懐かしくて新しいモンスターアルバム登場!

otaki_81

大滝詠一、奇跡のニューアルバムが発売決定した。
今回の奇跡とも言える32年ぶりのニューアルバムには、松田聖子に提供した「風立ちぬ」や小林旭に提供した「熱き心に」、薬師丸ひろ子への「探偵物語」等、他者への提供曲、プロデュース作品を大滝自身が歌唱したバージョンを収録。
誰しもが一度は聴いてみたかったこれらのバージョンは、スタッフにより近年発見され、今回リリースされるアルバムで初公開となる。

今回のアルバムに収録される提供曲は、No1ヒットを記録したり、カバーが多かったり、ロングセラーを記録したりしている名曲揃い。
すべて合わせると売上枚数が500万枚(シングル、アルバム含む)を超えることになるが、記録以上に記憶に残っている曲ばかりである。
その楽曲の生みの親でもあり楽曲の隅々まで知り尽くした大滝自身の歌唱は、その真髄を感じ取ることができる。

80年代のメインストリームを席巻した<ナイアガラ=大滝>サウンド。
その作品の数々は、30年以上たった今でも決して色褪せることなく、時を超えて歌い継がれている。
それは、自身の作品だけでなく、他のアーティストに提供した楽曲でも同じことが言える。
芳醇なメロディーに、緻密に計算され尽くしたアレンジと贅を凝らしたそのサウンドは、全てにおいて一級品であり、その完成度は他の追随を許さない。

本邦初公開の名曲の数々、必聴である。

収録予定曲 ※(チャートはオリコン調べ)
1.熱き心に  
85.11発売の小林旭の代表作。週間最高位12位ながらもロングセラーを続ける。
2.うれしい予感
TVアニメ「ちびまる子ちゃん」の主題歌でおなじみ渡辺満里奈のシングル。95.2発売。
3.快盗ルビイ
 88.10 発売、小泉今日子の映画主題歌。週間最高位2位の大ヒットシングル。
4.星空のサーカス
 83.9 発売、ラッツ&スター「Tシャツに口紅」c/w曲。
5.Tシャツに口紅
 83.9 発売、ラッツ&スターのシングル。週間最高位18位。
6.すこしだけやさしく
 83.5発売、薬師丸ひろ子シングル「探偵物語」と両A面。週間最高位1位。
7.探偵物語
 83.5発売、薬師丸ひろ子のシングル。週間最高位1位、7週連続首位、年間順位4位
 の大ヒット曲。累積枚数84.1万枚の売上げ。
8.夏のリビエラ
 82.11発売、森 進一「冬のリヴィエラ」の英語バージョン。「冬のリヴィエラ」は週間最高
 10位。4週連続10位を記録するロングセラー曲。
9.風立ちぬ
 81.10発売、 松田聖子の7枚目シングル曲。週間最高位1位。50万枚を超える大ヒット曲。
 同名アルバム(A面大瀧プロデュース)もヒット。
10.夢で逢えたら(ストリングス・バージョン) 
 カバーが多いことでも有名(JASRAC登録だけでも70曲程度のカバーが存在する)。
 一番のヒットは96.4発売のラッツ&スターのシングルで週間最高位8位、44万枚の大ヒット。
 今回収録のバージョンは、ストリングスと大滝の歌唱だけでミックスされたもの。

リリース情報:
大滝詠一『DEBUT AGAIN』
2016年3月21日(月・祝)発売
初回生産限定盤(三方背仕様)2枚組 SRCL-8714〜15 ¥3,000円+税
通常盤 SRCL-8716 ¥2,500円+税

収録予定曲:
DISC1
1.熱き心に
2.うれしい予感
3.快盗ルビイ
4.星空のサーカス
5.Tシャツに口紅
6.すこしだけやさしく
7.探偵物語
8.夏のリビエラ
9.風立ちぬ
10.夢で逢えたら(ストリングス・ミックス)

DISC 2(初回限定ボーナスディスク)
内容未定

尚上記オリジナル曲を収録した「大瀧詠一 SONGBOOK1」(SRCL5011)及び「SONGBOOK2」好評発売中

イベント情報:
瑞穂町郷土資料館けやき館にて特別展「GO!GO!NIAGARA大瀧詠一の世界」開催中。(2016年1月24日まで。入場無料)
大瀧詠一の軌跡を関連資料の展示によって紹介。12月19日からは故人の手型も追加展示される。(写真添付参照)

※DEBUTとは
78年発売の大滝詠一アルバムタイトルより。“初登場”の意味でもある。

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP