sub_s_DanDanDan

横浜出身音楽ユニット コアラモード.があなたの学校に歌いに行きますキャンペーンを開始!!

横浜出身・在住 男女音楽ユニット・コアラモード.が、新たに完成した卒業ソング「ありがとう、そしてさよなら」を学校(専門学校)まで歌いに行くよキャンーペーン(神奈川県限定)を実施することをニコニコ生放送内にて発表した。

コアラモード.が、毎週木曜日21:30~よりレギュラーで実施しているニコニコ生放送。
2016年第1回目の放送となる1月7日放送では、現在 愛知学院大学「安心Net出願」TVCMソングとして放送中の「拝啓、5年後の私」や新曲「ありがとう、そしてさよなら」
※どちらも発売未定を初生演奏するなど新年1回目の放送らしくスペシャル内容となり、合わせて 卒業ソング完成記念企画と題して「ありがとう、そしてさよなら」を神奈川県限定ではあるが、学校(専門学校)まで歌いに行く企画を発表した。

新曲「ありがとう、そしてさよなら」は、3年分の想いを卒業式当日に伝えに行く主人公の気持ちを綴った誰もが共感できる歌詞に、心の奥に届く力強くも温かい歌声が混ざり合ったミディアムナンバー。

新たに完成した同曲を、卒業生に届けたい!という想いからこの企画の実現に至った。
日々のストリートライブで鍛えたフットワークの軽さで卒業式のみならず、教室や部室など校内であればどこにでも歌いに行く。
今回はコアラモード.の地元である神奈川県という括りはあるが、該当する学生(専門学生)はこの機会に是非応募してみては?
応募フォーム

リリース情報:


収録曲:
M1.Dan Dan Dan 
M2.碧空の下 ~flower of youth~
M3.君がいる空
M4.We Are Coalamode.2!! ~公生 & かをりver.~

メジャーデビューシングル「七色シンフォニー」発売中
フジテレビ“ノイタミナ”アニメ「四月は君の嘘」第2クール オープニング・テーマ


収録曲:
M1.七色シンフォニー
M2.あのさ、あのね 
M3.We Are Coalamode.!!

期間生産限定盤(CD+DVD)
価格:1,620円(税込)/1,500円(税抜)
品番:BVCL-630~631
収録予定曲:
M1.七色シンフォニー 
M2.あのさ、あのね 
M3.We Are Coalamode.!! 
M4.七色シンフォニー -TV Size-

インディーズシングル「メモリーズ」新星堂 限定販売中
価格:1,000円(税込)/926円(税抜)
品番:UXCL0066
収録曲:
M1.メモリーズ(tvk(テレビ神奈川)「saku saku」12月度エンディング・テーマ/tvk(テレビ神奈川)「ハマナビ」エンディング・テーマ)
M2.流れ星
M3.リアル
M4.未来(仙台セントラル総合開発株式会社“クレアホームズ”TVCM)

ライブ出演情報:
2016年2月7日(日)@原宿アストロホール 三ツ星☆フェスタ vol.2〜一度で二度聴くサラバっしょ〜
OPEN / 17:00START/ 17:30
チケット料金:¥3,500(前売り) ¥4,000(当日)+1ドリンク

プロフィール:
『横浜発!カラフルメロディーとピュアボイスが奏でるサウンド・ア・ラ・モード.』
2013年に結成。
ボーカルあんにゅとサウンドクリエイター小幡康裕(おばた やすひろ)
からなる横浜出身の男女二人組ユニット。
横浜みなとみらいを拠点としたストリートライブ、都内ライブハウスや毎週木曜日のニコニコ生放送、YouTubeでの活動を通して、徐々に知名度をあげ
2014年11月インディーズシングル「メモリーズ」(新星堂 限定)をリリース。
2015年2月18日発売メジャーデビューシングル「七色シンフォニー」がフジテレビ“ノイタミナ”アニメ「四月は君の嘘」の第2クール オープニング・テーマに起用される。今回イチオシのサマーソングの2ndシングル「Dan Dan Dan」発売中。

関連リンク:
コアラモード.オフィシャルサイト
コアラモード.Facebook
コアラモード.YouTube channel
アリオラジャパンFacebookページ
アリオラジャパンTwitterページ
アリオラジャパンLINE@ページ

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事





Staff Recommend

PAGE TOP