glim1

GLIM SPANKY、ミニアルバム『ワイルド・サイドを行け』 1/13(水)より「ワイルド・サイドを行け」 先行配信&iTunesプレオーダー開始!DL特典も!

Print

2015年は1stアルバム『SUNRISE JOURNEY』が各チャートを賑わし、全国ツアーも東京赤坂BLITZをはじめ各地ソールドアウトをみせるなど、日に日にその勢いを増しているGLIM SPANKY。昨年末も「RADIO CRAZY」や「COUNTDOWN JAPAN」の各ロックフェスの出演!そして、2016年第一弾リリースとなるミニアルバム『ワイルド・サイドを行け』のリードトラック「ワイルド・サイドを行け」がいよいよ明日1月13日(水)より先行配信&iTunesにてプレオーダーが開始!得意の爆発力のあるロックから、真骨頂ともいえる琴線を震わせる名ロックバラードまで、GLIM SPANKYが持つ多様なサウンドが詰まった世代を超えて共感させるミニアルバムとなっているので、是非チェックして欲しい1枚となった。
また、1/27(水)に配信されるミニアルバム『ワイルド・サイドを行け』をバンドルでダウンロードした方に、特典としてGLIM SPANKY『ワイルド・サイドを行け』ジャケットステッカープレゼントが決定!GLIM SPANKYの各ライブ会場物販スペースにてプレゼント配布されます。詳細の内容は後日オフィシャルサイトにてご案内します。

iTunesプレオーダー

GLIM SPANKY リードトラック「ワイルド・サイドを行け」先行配信&iTunesプレオーダー記念〜ロックは生きている〜ツイキャス開催決定!
明日1月13日(水)21:00〜、リードトラック「ワイルド・サイドを行け」の先行配信&iTunesプレオーダーを記念して、ツイキャス開催が急遽決定した。番組ではGLIM SPANKYが今作への意気込みや“ロックは生きている”にちなんだ想い、そして本人たちによる楽曲解説などの他、アコースティックライブも実施予定。
いよいよ発売が2週間後となり、ミニアルバムへの期待が膨らむさなか、ファンからのリクエストに応えてくれるかも。ファン必見の番組となりそうだ。お見逃し無く。

ツイキャス
日時:1月13日(水)21:00〜22:00(予定)
リンク

GLIM SPANKY ミニアルバム『ワイルド・サイドを行け』初回盤特典DVDよりダイジェスト版ライブ映像をYouTubeにて本日1/12(火)より公開!
このミニアルバムの初回限定盤に特典として収録される「SUNRISE JOURNEY TOUR 2015」ライブ映像の、ダイジェスト版を本日よりYouTubeにて公開!
全9箇所をまわった「SUNRISE JOURNEY TOUR 2015」からツアーファイナルの赤坂BLITZワンマンライブ映像のダイジェスト版となっている。オープニングの「サンライズジャーニー」はもちろんのこと、代表曲「焦燥」「褒めろよ」「リアル鬼ごっこ」「大人になったら」など計10曲が収録されたライブDVD。このダイジェスト版映像を観ているだけで、全編観たくなるような、会場で生のGLIM SPANKYを体感したくなるようなライブ感が伝わる映像に仕上がっており、ファン必見の映像となっている。

GLIM SPANKY「SUNRISE JOURNEY TOUR」ファイナルワンマンダイジェスト映像

Release Info:


CD
1.ワイルド・サイドを行け
2.NEXT ONE (ブラインドサッカー日本代表公式ソング)
3.BOYS&GIRLS (トランスフォーマーフェス テーマソング)
4.太陽を目指せ(テレビ東京系「ポンコツ&さまぁ〜ず」エンディングテーマ)
5.夜明けのフォーク

DVD
1. サンライズジャーニー
2. 焦燥
3. MIDNIGHT CIRCUS
4. ダミーロックとブルース
5. 褒めろよ
6. WONDER ALONE
7. リアル鬼ごっこ
8. NEXT ONE
9. 大人になったら
10. さよなら僕の町

配信リリース:
1/13(水) 楽曲「ワイルド・サイドを行け」先行配信&iTunesプレオーダー開始
1/27(水) Mini Album『ワイルド・サイドを行け』バンドル配信

ライブ情報:
「“ワイルド・サイドを行け”ツアー」スケジュール
04月02日(土) 名古屋 SPADE BOX OPEN 17:30/START 18:00 3,500円(ドリンク別)
04月03日(日) 大阪 JANUS OPEN 17:30/START 18:00 3,500円(ドリンク別)
04月16日(土) 恵比寿 LIQUIDROOM OPEN 17:00/START 18:00 3,500円(ドリンク別)

関連リンク:
オフィシャルサイト

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事





Staff Recommend

PAGE TOP