begin1

「BEGINと桐谷健太」テレビ朝日『MUSIC STATION』出演に関して

kiriya
uminokoe

・大きな話題となっているauのCMがきっかけで、1月22日(金)にテレビ朝日「MUSIC STAITON」にBEGINと桐谷健太の共演パフォーマンスによる「海の声」テレビ初出演が決定した。

・au三太郎のCMは昨年1月より松田翔太、桐谷健太、濱田岳らが、桃太郎、浦島太郎、金太郎の「三太郎」として登場し大きな話題となり、2015年度CM好感度で首位になった。

・浦ちゃんこと、桐谷健太が歌唱する企画でCM制作者側が楽曲のイメージにBEGINがあり楽曲提供の依頼があった。
 
・作曲はギターの島袋優が手掛け(作曲のみ)  「海の声」の原曲が完成した。

・CMの「海の声」レコーディングの際、桐谷本人が実際に三線を弾いた。

・2015年10月28日にリリースしたBEGINのニューアルバム「Sugar Cane Cable Network」に島袋優がボーカルでBEGINバージョンが収録されている。

・「海の声」篇映像は公開以降、YouTubeの再生回数が現在まで1,400万回を突破するなどいまだに大きな注目と話題を集めている。

・昨年11月21日に石垣島の野外イベント「TsunDAMIアイランド野外フェス2015」にBEGINが出演決定。
その後、桐谷の出演も決定しBEGINとの初のライブ共演が実現した。
 
・「TsunDAMIアイランド野外フェス2015」とは2014年よりスタートした、南ぬ島石垣空港開港の1周年を記念して開催された野外イベント。

TsunDAMi(つんだみ)とは、沖縄伝統楽器である“三線(さんしん)”を調律する際に用いられる八重山地方の言葉。
名前の通り3本の弦のそれぞれの音を注意深く感じ取り調和させ、一つの“ハーモニー”を創り出すと言う意味。
島の恵みと島の知恵を紡いでいく人のココロを「TsunDAMI−つんだみ」という言葉で表現し、音楽の力を介してココロのTUNING「リゾート感」を提供することがコンセプト。
 
12月2日 浦島太郎 (桐谷健太)Ver.の「海の声」デジタル・シングル配信スタート。当日に桐谷健太ソロでのTV出演もあり配信初日に各サイトでデイリーチャート1位を獲得。その後もiTunes / レコチョクをはじめ12の主要音楽配信サイトでウィークリーチャート1位を記録。
現在40万DLを突破の勢いで今もチャート上位をキープしている。

・「海の声」 フルver. / 浦島太郎(桐谷健太)映像はYouTubeにて1,400万以上の再生回数を記録。

・桐谷健太「海の声」ダウンロード数:40万DL突破
・BEGIN「海の声」ダウンロード数:10万DL突破

桐谷健太コメント
昨年、大好きな石垣島で、素晴らしいアーティストであるBEGINさんと、ライブで共演させていただきました。
今回、『海の声』を初めてTVで一緒に歌わせてもらえることをすごく楽しみにしています。
この歌が持つ、あたたかい光が1人でも多くの人に届いてくれることを願っています。

BEGINコメント
いつもはギターを弾いている僕がメインで歌っていいのかなと最初は不安に思っていましたが、デビュー25周年の記念の年に生まれた歌がこんなに話題にな
り素直に嬉しいです。
ブラジルに行った時にもお客さんからリクエストがあってびっくりしました。
石垣島でお会いした桐谷健太さんはナイスガイなとっても熱い人ですぐに音楽仲間になりました。
「BEGINと桐谷健太」でのバンドの音を感じてください。
テレビの向こうのお茶の間のみなさん(竜宮城の乙姫様)に届くように心をこめて歌います。

関連リンク:
「海の声」 / 浦島太郎 (桐谷健太) 配信中!
iTunesダウンロード
レコチョクダウンロード
歌ネット 歌詞

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP