bokuriri

Apple Musicが選ぶ「NEW ARTIST スポットライト」に“ぼくのりりっくのぼうよみ”が選出!! 「VIVA LA ROCK 2016」出演も決定!

hollow

ビクターエンタテインメントの新レーベルCONNECTONEから1stアルバム『hollow world』でデビューした“ぼくのりりっくのぼうよみ”がApple Musicスタッフが選ぶ2016年の「NEW ARTIST スポットライト」に選出されたことが明らかになった。

「NEW ARTIST スポットライト」とは、世界中の才能溢れるニューカマーの中から厳選されたアーティストのみに与えられるチャンス。あらゆるジャンルの音楽に目を光らせる Apple Musicスタッフが、それぞれ音楽スタイルは異なるものの、今最も注目すべきアーティストを選出。
国内外での活躍が期待されるアーティストからコアな音楽ファンをも唸らせる新しい才能まで、ポテンシャルの極めて高いアーティストが勢揃い。

昨年12月にメジャーデビューしたばかりの新人でありながら、2016年5月にさいたまスーパーアリーナで開催されるロック・フェス「VIVA LA ROCK 2016」への出演が決定し、本日発売のMUSICA(2016年2月号 Vol.106)では異例の初登場・バックカバーで特集されるなどその勢いは加速するばかりの“ぼくのりりっくのぼうよみ” 。

その稀代の才能を、この機会にぜひApple Music、そしてiTunesでいち早くチェックして欲しい。
(Apple Music では3か月無料トライアルを受付中。)

※ Apple Music、iTunes は、米国およびその他の国で登録されている Apple Inc. の商標です。

リリース情報:


収録曲:
1.Black Bird
2.パッチワーク
3.A prisoner in the glasses
4.Collapse
5.CITI
6.sub/objective
7.Venus
8.Pierrot
9.Sunrise (re-build)
iTunes Store

ヴィレッジヴァンガード限定シングル「sub/objective」 
発売日:11月12日  
品番:NCS-10105  
価格:1,000円(税別)
収録曲:
1.sub/objective
2.パッチワーク
3.海月

ぼくのりりっくのぼうよみ – 「CITI」ミュージックビデオ




ぼくのりりっくのぼうよみ – 「sub/objective」ミュージックビデオ




ぼくのりりっくのぼうよみ – 1stアルバム『hollow world』全曲試聴トレーラー映像




ぼくのりりっくのぼうよみ – 1stアルバム『hollow world』ティザー映像




ライブ情報:
VIVA LA ROCK 2016
出演日:2016年5月28日(土) / 会場名:さいたまスーパーアリーナ
http://vivalarock.jp/2016/

PROFILE:
横浜在住の高校3 年生、17 歳。
早くより「ぼくのりりっくのぼうよみ」、「紫外線」の名前で動画サイト等に投稿を開始。
高校2 年生だった昨年、10 代向けでは日本最大級のオーディションである「閃光ライオット」に応募、ファイナリストに選ばれる。提携番組であるTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」で、その類まれなる才能を高く評価されたことで一躍脚光を浴びる。
これまで電波少女(DENPA GIRL) のハシシが主催するidler records から4 曲入りEP『Parrot’ s Paranoia』を発表しているが、今回が初めてのCD リリースとなる。他のトラックメーカーが作った音源にリリックとメロディを乗せていくラップのスタイルをベースとしつつ、その卓越した言語力に裏打ちされたリリック、唯一無二の素晴らしい歌声、高校生というのが信じられない程のラッパー/ヴォーカリストとしての表現力が武器。
日本の音楽シーンに一石を投じる強烈な才能の登場である。

関連リンク:
オフィシャルサイト
映画「hollow world」特設サイト

Twitter:
オフィシャルアカウント
ぼくのりりっくのぼうよみ本人アカウント

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP