glim1

GLIM SPANKY  ミニアルバム『ワイルド・サイドを行け』 リードトラック「ワイルド・サイドを行け」 MUSIC VIDEO(Short ver.)が YouTubeにて本日より公開!

2015年「みうらじゅん賞」受賞のほか、大御所アーティストたちからレコメンドされるなど、各方面からの注目が集まっているGLIM SPANKY。そんなGLIM SPANKYがいよいよ再来週の27日に2016年第一弾となる、ミニアルバム『ワイルド・サイドを行け』をリリースする。このリード曲「ワイルド・サイドを行け」は “決められた道を行かず、思うがまま、仲間を集めてわが道を切り開け”というメッセージが込められた歌。

そんな「ワイルド・サイドを行け」のMUSIC VIDE(以下MV)が遂に完成、YouTubeにてShort Versionが公開された。このMVでは、楽曲テーマはもちろんのこと、いままでは見せていなかったポップさやシックスティーズ感、キッズ感を演出することによって新たなGLIM SPANKYの一面を見せています。監督は山口保幸氏。Vo.Gの松尾が以前より注目していた”ゆらゆら帝国”や”フリッパーズギター”のPVを手掛けているということで、今回のMV制作が依頼されました。

完成したMUSIC VIDEOを観てメンバー本人たちは以下のようにコメント
「根っこにあるものを受け継ぎながらもいままでにないポップさやシックスティーズ感、キッズ感のある楽しいPVになりました。撮影はめちゃくちゃ寒かったのですが、外で色の煙を使った撮影では、天候や風に左右されるため、ミスもできず緊張しました。メイクはPVのコンセプトにあわせて外国のティーンっぽくカラフルにしてもらってます。」(松尾レミ)
「いままでのPVと方向性が違うので新鮮に感じました。2016年の新しいGLIM SPANKYが見られると思います。」(亀本寛貴)

いつも良い意味で裏切っていくGLIM SPANKYの “国籍も時代も超えて、仲間と死ぬまで青春”というバンドのテーマをミュージックビデオを通じて感じてほしい。

「ワイルド・サイドを行け」ミュージックビデオ




iTunesプレオーダー

GLIM SPANKY
#ロックは生きている
ハッシュタグキャンペーン実施!
音楽検索アプリ“Shazam”とコラボも!

2016年のGLIM SPANKYが掲げる“ロックは生きている”というキャッチコピーにちなんで、「#ロックは生きている」というハッシュタグキャンペーンを実施!「#ロックは生きている」のハッシュタグをつけて、自分が思うロックだと思う楽曲名、アーティスト名などをTwitterやInstagramなどで投稿。投稿してくれた人の中から抽選で豪華賞品をプレゼント(4月ツーマンツアーご招待5組10名様、ノベルティTシャツ3名様、GLIM SPANKYロゴステッカー100名様)また、GLIM SPANKYのメンバーも音楽検索アプリShazamのオフィシャルアカウントを通じて期間中毎日「#ロックは生きている」にちなんだ楽曲をTwitter上で紹介するので注目だ。
ロックは生きている 特設サイト
投稿募集期間:1/15~2/15

Release Info:


CD
1.ワイルド・サイドを行け
2.NEXT ONE (ブラインドサッカー日本代表公式ソング)
3.BOYS&GIRLS (トランスフォーマーフェス テーマソング)
4.太陽を目指せ(テレビ東京系「ポンコツ&さまぁ〜ず」エンディングテーマ)
5.夜明けのフォーク

DVD
SUNRISE JOURNEY TOUR 2015 (2015.10.17 赤坂BLITZ)
1. サンライズジャーニー
2. 焦燥
3. MIDNIGHT CIRCUS
4. ダミーロックとブルース
5. 褒めろよ
6. WONDER ALONE
7. リアル鬼ごっこ
8. NEXT ONE
9. 大人になったら
10. さよなら僕の町

配信リリース:
1月13日(水) 楽曲「ワイルド・サイドを行け」先行配信&iTunesプレオーダー開始
1月27日(水) Mini Album『ワイルド・サイドを行け』バンドル配信

ライブ:
「“ワイルド・サイドを行け”ツアー」スケジュール
04月02日(土) 名古屋 SPADE BOX OPEN 17:30/START 18:00 3,500円(ドリンク別)
04月03日(日) 大阪 JANUS OPEN 17:30/START 18:00 3,500円(ドリンク別)
04月16日(土) 恵比寿 LIQUIDROOM OPEN 17:00/START 18:00 3,500円(ドリンク別)

関連リンク:
オフィシャルサイト

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事





Staff Recommend

PAGE TOP