プレスキット0108

映画「世界から猫が消えたなら」主題歌に規格外の才能を持つ16歳・HARUHIが抜擢。 2016年5月デビュー決定。

DSC_0320.JPG

佐藤健と宮﨑あおいの初共演で実写映画化される話題作『世界から猫が消えたなら』。
原作:川村元気、監督:永井聡、脚本:岡田惠和、音楽:小林武史、出演:佐藤健 宮﨑あおい
と錚々たるスタッフ・キャストが発表されているこの映画の特報を見た人から、「主題歌を歌っているのは誰?」との書き込みが殺到していたが、主題歌は現在16歳の新人・HARUHIが担当しており、主題歌「ひずみ」で5月にデビューすることが20日に発表された。

HARUHIは1999年ロサンゼルス生まれの現在16歳。
13歳から楽曲制作をスタートし、その歌唱表現力や楽曲制作力に注目が集まり、映画「世界から猫が消えたなら」主題歌に抜擢。
主題歌「ひずみ」で5月にデビューが決定した。

16歳の新たなる才能の登場に際し、映画『世界から猫が消えたなら』原作者の川村氏、監督の永井氏からも絶賛のコメントが到着している。

本日よりHARUHIオフィシャルサイト、Twitter、Facebookが開設。
今後様々な情報がUPされていくということなので、規格外の新世代アーティストの今後をぜひチェックしてみよう。

<原作:川村元気氏 コメント>
三年前、僕はイヤホンを指で押さえながら震えていた。はじめてHARUHIの歌を聞いたときのことだ。すぐにこの声に映像をつけて、大きなスクリーンで観たいという衝動にかられた。子どものような無垢な声で、大人を超える深い表現をする。女性の繊細さがありつつ、男性の力強さがある。規格外のスケールを持つ新人があらわれたことに心の底から感動していた。あの衝撃から三年、今まさに夢が叶ったことを本当に嬉しく思っている。
川村元気 (映画プロデューサー・小説家) 

<監督:永井聡氏 コメント>
物語を伝えるかのように歌い、一瞬にして曲の世界観に引き込むHARUHIの声。
微笑んでいる少女のような、泣いている少年のような、不思議な感覚にさせてくれる。
僕は1小節聴いて、彼女の起用を決めた。
映画のエンドクレジットは、ただのスタッフ紹介では無く本当のラストシーンだと思っている。
HARUHIの「ひずみ」は悲しい物語に希望と安らぎを与えてくれた。
永井聡 (CMディレクター・映画監督)

映画「世界から猫が消えたなら」
5月14日(土)より全国東宝系にて公開

ストーリー:

 僕は生きるために消すことを決めた

 30歳郵便配達員
 余命あとわずか

 そんな僕の前に
 僕と同じ姿をした悪魔が現れ
 大切なものと引き換えに
 1日の命を与えるという

 何かを得るためには
 何かを失わなくてはならない

 電話 映画 時計…そして猫

 失われていく世界のなかで
 僕はかつての恋人に再会する
 かつて愛し 別れた時を思い出していく

 親友そして疎遠になってしまった父の
 想いに触れていく

 果たして僕が見つけたのは
 亡き母が残した手紙だった

 そして人生にとって最後の日
 僕はある決断をする

原作・川村元気、累計100万部突破の感涙ベストセラー“せか猫”がついに映画化。

公開: 5月14日(土)
原作:川村元気「世界から猫が消えたなら」
監督:永井聡
脚本:岡田惠和
音楽:小林武史
出演:佐藤健 宮﨑あおい
濱田岳 奥野瑛太 石井杏奈 奥田瑛二 原田美枝子
配給:東宝
(C)2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会

公式サイト
公式YouTube

HARUHIプロフィール:
1999年2月25日 ロサンゼルス生まれ。現在16歳。
12歳の時、学校のミュージカルの主役に抜擢され、数ヶ月間の練習と本番を経て歌手への志を持つ。
13歳から楽曲制作を開始。ルーツ・ミュージックからオルタナティブ・ロックまで、膨大な幅の音楽を吸収し、即興性を含む柔軟で鋭敏な歌唱表現力や楽曲制作力は、関係スタッフに、次世代の真の女性アーティストの誕生を予感させる。
その後、ライブやレコーディングで、ミュージシャン達とのコラボレーションを通して柔軟さを身につけ、楽曲によって英語と日本語のバランスを取りながら、「HARUHI」としてのスタイルを創りだし、新しいJ-ROCKの誕生をも確信させるに至る。
映画「世界から猫が消えたなら」の主題歌に「ひずみ」が決定し、2016年5月デビュー。

関連リンク:
Official HP
Official Twitter
Official Facebook

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP