電子音楽レーベルHz-recordsが、新シリーズ発信!フロア向けDJユーストラックをリリース‼︎

インターネットと東京を拠点とする電子音楽レーベルHz-recordsが、1月25日20時よりフロア向けなDJユーストラックをコンセプトにした新シリーズをリリース。

プリント
第一弾はHz-records主催のwk[es]オリジナルトラック2曲に加え豪華リミキサーによるリミックスを4曲収録。
リミキサーはmadeggの別名義プロジェクト”M/D/G”、レーベルOur Circula SoundやStroboscopic Artefactsからのリリースで知られる英国人アーティスト”Positive Centre”、moph recordsの”DJ蟻 [ari] a.k.a.SoniCouture”、ベルギーを拠点とする老舗ネットレーベルentityのオーナー”Erratic (a.k.a Atomhead)”の4組。

Hz-recordsのbandcampから2016年1月25日20時より配信開始。(Free/投げ銭式)

サウンドクラウドにて同EPより1曲公開中。

クレジット情報
Artist : wk[es]
Title : Hz-A001

remixer : DJ蟻 [ari] a.k.a.SoniCouture、Erratic、M/D/G、Positive Centre
Produced by Hz-records
Masterd by Pakchee (Hz-records)
Artwork by Tsubasa Ohtaki

関係リンク
www.hz-records.com

34423

34423電子音楽家

投稿者の過去記事

愛媛県出身、東京在住。電子音楽家。コラージュ音楽家。幼少より録音機器や楽器にふれ、独自の音創りをはじめる。容姿と相対する硬派なサウンドと鮮烈なヴィジュアルイメージで注目を集め、2013年待望の世界デビュー盤『Tough and Tender』(邂逅)をリリースし話題をさらった。
2015年に2nd アルバム『Masquerade』(邂逅)をリリース。
また、鈴木光司原作・福田陽平監督のホラー映画『アイズ』、田中佑和監督長編映画『青春群青色の夏』、ヤマシタマサ監督『東京ノワール』など多岐にわたる映画の劇伴や、広告音楽、サウンドロゴなどの作編曲も手掛けている。
2018年は、5月より3ヶ月間デジタル配信での連続リリースを行い、ラップトップの他、モジュラー、コンパクトエフェクターなどのアナログ機材を使用したライブパフォーマンスが話題。

特集記事

LIT

コラム記事







Staff Recommend

PAGE TOP