matsushita_solo_mini

モノブライトのギタリスト 松下省伍が本のコンシェルジュに!無類の本好き、松下が死ぬまで楽しめる本を毎月紹介!

mono_aphoto_s
logo_honcierge

ギターと酒と本を愛してやまない、モノブライトのギタリスト松下省伍[マツシタショウゴ]が、本好きの著名人達が愛読書を紹介するサイト“ホンシェルジュ”で、本のコンシェルジュ(通称・ホンシェルジュ)となり、毎月のテーマに沿った愛読書を自身の近況と共に紹介していく連載を本日からスタートさせることが明らかになった。
ホンシェルジュとは、本や情報が多すぎるゆえに、なにを読めばいいのかわからない!という現代に向けて「憧れる人」や「気になるテーマ」をもとに本と出会うことで、自分ひとりでは見つけられなかったような珠玉の本との出会いを作るウェブサイト。松下は、本を酒の肴にしてしまうほどの読書家。そのときのシチュエーションに合わせて一気に読了まで畳み掛け、たとえツアー先でも本の世界に没頭する。そんな松下が連載では、これまでの人生で読み親しんだ数々の本の中から死ぬまで楽しめるという一冊をテーマごとに厳選し、自信を持って紹介していく。記念すべき初回は「年齢によって味わいが異なる、熟成を楽しむ4冊」をテーマに執筆。最初に読んだ当時と、大人になってから改めて読んだときの違いを独特の感性で比べて行く。ギタリストならではの繊細で鋭いセンスが光る至極の本たちは必読である。

honcierge ホンシェルジュ情報
「年齢によって味わいが異なる、熟成を楽しむ4冊」
http://honcierge.jp/articles/shelf_story/220
オフィシャルサイト

松下省伍(モノブライト) PROFILE:
2006年に桃野陽介(Vo)を中心に、松下省伍(Gt)、出口博之(Ba)の北海道・札幌の専門学校時代の同級生で結成されたロックバンド・モノブライトのギタリスト。札幌市出身のA型。
バンドとしてはUKロックシーンを背景にした、感情と刹那がたたずむ音像をベースに、ひねくれポップロックへと変遷していく中での一翼を担い、アルバムでは作詞・作曲を担当することも。2014年3月にはZepp Tokyoでのワンマンライブも開催。翌年、2015年はソロとしてライブやスタジオワークのサポートなどを積極的に行いながら、同年10月にバンドとして再び新境地を目指す。

モノブライト配信リリース情報:
「冬、今日、タワー」[読み方:トウキョウタワー]
発売日:2015年12月11日(金)リリース
レーベル:kiraku records

「ビューティフルモーニング(Wake Up!)」
発売日:2016年2月12日(金)リリース
レーベル:kiraku records
※音楽配信サイト各社よりリリース予定

モノブライト ライブ情報:
Bright Ground Music ~B.G.M~ Tour
2016年06月09日(木)札幌 BESSIE HALL
2016年06月15日(水)梅田 CLUB QUATTRO
2016年06月17日(金)恵比寿 LIQUID ROOM

モノブライト関連リンク:
オフィシャルサイト
オフィシャルYouTube
オフィシャルTwitter:@monobright_mo
オフィシャルFacebook

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事





Staff Recommend

PAGE TOP