harukatomiyuki_LIFE_Apho2

ハルカトミユキ 毎月新曲配信最終曲発表!

harukatomiyuki_koimaho_JK
pic1

長かった2015年の毎月全12曲配信に続いて、2016年第1弾配信となる今作がいよいよ連続配信の最終曲となることがアナウンスされた。
毎月配信の終章、エピローグとなる、2016年第1弾楽曲は、ハルカトミユキの区切りに必ず登場する弾き語りナンバーだった。

Song#13「恋は魔法さ」リリース!
期間限定フルver.のLyric Videoは、Maison book girlメンバーが出演するショートムービー!

iTunes

Lyric Video




ハルカトミユキが、2015年元旦より掲げてきたマニフェスト「毎月新曲配信」に終止符を打った。
13ヶ月続けてきたラストを飾る新曲のタイトルは「恋は魔法さ」。
これまで、活動の節目に必ず発表されてきた弾き語りシリーズだ。

この悲しみは嘘なんかじゃないけど/償えるなんて 馬鹿げてるか?
ごみの中で光る ほしいのはただあの一瞬だけ/ほら、夜が明ける
苦し紛れでもいいさ/どこでだって生きてゆける

ハルカ曰く、
「全国を周ろうと、去年末から旅が始まった。2015年を振り返りながら、自分自身と向き合って、ミユキと向き合って、自分の街を離れて、 大切な人に思いを馳せて、歌が生まれた」
とのことで、ジャケットには、旅中に自分たちが撮りためた写真がちりばめられている。

また、毎作ハイクオリティで供給されてきたLyric Videoが好評だったが、 今作も注目だ。
3人の女性の日常を並行して描く、マルチストーリー方式のショートムービー。
ハルカの歌詞を元に、街で生きる女性の抱える「欠落感」「不在感」を静かに描き出している。
キャストには、人気急上昇中のアイドルグループ・Maison book girlのコショージメグミさんと矢川葵さんをフィーチャー。
普段は見られない表情や貴重な演技シーンも見所のひとつに。

歌詞を漫画の吹き出しとして映像に載せる手法をとっており、凝視してみると、キャストのそれぞれは、全く違うセリフを喋っている。
長編に発展しそうなクオリティの、ラストにふさわしい力作となった。

ハルカトミユキは、2月6日(土)の赤坂BLITZを皮切りに、東京・大阪・名古屋を巡るバンドでのワンマンライブが控えている。
47都道府県を回ることを約束している、LIVE TOUR 2016 ‘LIFE’の一環。
ひとつのマニフェストを完結させ、新たなステージに立つ彼女達の漲るパワーを肌で感じてほしい。

リリース情報:
2015-2016 Song #13
恋は魔法さ
iTunes

配信限定ライブアルバム:
ひとり×3000 LIVE at 日比谷野外大音楽堂20151003
★本編全14曲完全収録
iTunes
TRAILER




ツアー情報:
ハルカトミユキ LIVE TOUR 2016 ‘LIFE’
フルバンド編成のワンマンライブ!チケット発売中!!!
2月06日(土) 東京 赤坂BLITZ
2月20日(土) 大阪 umeda AKASO
2月21日(日) 名古屋 APOLLO BASE

公演詳細はこちら

関連リンク:
Official Site
Facebook
Twitter

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP