Superpoze

[Staff Recommend] superpoze – “opening”レビュー

フランスの若き電子音楽家、superpozeのデビューアルバム。
“opening”

SUPERPOZE_OPENING_artwork
フランスでは数々の大型フェス出演を重ね、パフォーマー、プロデューサーとしてかなり注目されているGabriel Legeleuxのソロ名義superpoze、おそらく、20代前半の若者です。”opening”というアルバムは自身のレーベルからのリリースでまだ日本のショップには並んでないようです。フランスの知人を介して知ったのですが、ダフトパンクからのエレクトロシーンで勝手な想像でフレンチハウスやポップ色が強いのかなと思っていたのですが、渋い!美しいレイヤー静かに層を増し、次第に引き込まれていくような楽曲やライブセット。メロディーが個々の音の粒を感じさせるところ、私は大好きでした。
年齢重ねたら一体全体どうなってしまうのだと想像しながら、フレンチエレクトロシーンを担う大物になるのでは。。。と思っている。

というか、最近の若きフレンチエレクトロだとMadeonとかそうなのかー。
94年生!!ダフトパンクデビューした年です。
なんだか時の流れを感じてしまうけれど、
フレンチエレクトロシーン要注目ですね。

そして今回の作品Superposeの”Opening”のマスタリングは
Alex Gopherです!!!
Dj、アーティスト、プロデューサーとして活躍されているフランスダンスミュージック界を支える逸材です。

せっかくフランスなので、ライブ会場として使われた美術館や
アートシーンのサイトリンクも貼ってみました。
私はまだ勉強中で、近々行きたいところな感じです。

フランスの大型音楽フェス「Trans Musicales 2015」に出演の際のライブ動画です。

パリの美術館でのライブ動画
Superpoze (full concert) – Live @ La Gaîté Lyrique (Full HD / Binaural audio)

“opening”Tracklist:
1. Opening
2. North
3. Time Travel
4. Overseas
5. Unlive
6. Ten Lakes
7. Movement
8. Home Is Where I Am

Mastered by Alex Gopher

Mixed at Studio Bleeps
Mastered at Translab

superpoze 情報:
Superpoze site
FACEBOOK
COMBIEN MILLE RECORDS

関連リンク:
CULUTUREBOX

La Gaîté lyrique

Palais de Tokyo

34423

34423電子音楽家

投稿者の過去記事

容姿と相対する硬派なサウンドと鮮烈なヴィジュアルイメージで注目を集め、2013年初の世界デビュー盤"Tough and Tender"(邂逅)をリリースし話題をさらった。その後も都内の大型フェスなど勢力的に活動を重ね、今年2月待望の2ndアルバム”Masquerade”(邂逅)をリリース。また、鈴木光司原作 福田陽平監督のホラー映画「アイズ」、田中佑和監督長編映画「青春群青色の夏」などをはじめ様々な映画の劇伴をつとめている。
ライターとしては、感覚的な独自の観点から“好きなもの”を柔らかく芯のある言葉で伝えている。
探究心と、直感による閃きを大事にワクワクを書き留めている。

特集記事

CIVILIAN

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP