marumoto1

丸本莉子 「あの歌声は誰?」と話題のCMソング、「フシギな夢」のミュージックビデオが公開!!

marumoto2

丸本莉子の2月24日に配信リリースされる新曲「フシギな夢」が、桐谷美玲さん・高杉真宙さんが出演するブルボン「ラシュクーレ」CMタイアップソングに決定し、話題を呼んでいる。
そのミュージックビデオは、タイトルである、「フシギな夢」の中を思わせるかのような、幻想的で優しい世界観を投影した映像に仕上がり、本日公開された。

丸本莉子・フシギな夢(Music Video)




撮影は数ヶ所で行われ、様々な場所で歌う丸本莉子が楽しめる。
中でも、氷点下の寒空の下でギターを持って歌い上げる、まるで空に浮いているようなシーンが見どころとなっている。

丸本莉子コメント
「このミュージックビデオは楽曲の世界観を更に広げてくれます!
今回も本当に素敵なミュージックビデオに仕上がりました!
すごく綺麗な映像で、まるでフシギな夢の中です☆
外での撮影は雪が降った次の日で雪に囲まれながらノースリーブ、、、とっても暑かったです。笑
幸せが伝染していくようなミュージックビデオになればなぁと思いを込めて歌っています!
ぜひご覧になってみてくださいっ!」

fushigi_JK_web
なお、3月16日(水)には、2ndミニアルバム「フシギな夢の中」のリリースも決定している。
アルバムには、発売後すぐにiTunesトップアルバムランキングで3位にランクインした「つなぐもの」や、2016奥四万十博テーマソングである「がんばる乙女~Happy smile again~」、今回ブルボン「ラシュクーレ」CMタイアップソングとなった「フシギな夢」を含む、全8曲が収録される。

リリース情報:
2016年2月24日(水)発売
4th配信シングル 「フシギな夢」
価格:¥250(税込)
※ブルボン「ラシュクーレ」CMタイアップソング

2016年3月16日(水)発売 (CD/配信)
2ndミニアルバム「フシギな夢の中」
CD価格:¥1,800(+税)

動画・既発作品:
丸本莉子 – つなぐもの(Music Video)




丸本莉子 – つなぐもの(Music Video – GYAO! – フルver.)

丸本莉子 – やさしいうた(Music Video)




丸本莉子 – ココロ予報(Music Video)




丸本莉子プロフィール:
“ココロの歌声”
新世代リアルボイス・シンガーソングライター “丸本莉子”

広島出身のシンガーソングライター。

音楽好きの両親の影響で物心つく頃から大の歌好き。高校2年頃からギターの弾き語りを始め、オリジナル曲も作るようになる。
高校卒業後は約2年にわたる介護の仕事と音楽活動の二足のわらじ期間を経て、プロを目指して上京。
インディーズ時代には全国300カ所以上を歌い歩き、地元・広島県安芸太田町から町のサポートソングを依頼されるなど、テレビ番組、CM、キャンペーンソングを数多く手掛けて注目を浴びる。

2015年6月、史上初のハイレゾ先行配信によるデビューシングル『ココロ予報』でメジャーデビュー。
ハイレゾ配信3サイトのデイリーチャートで1位を獲得し、3冠達成。その後、2ndシングル『やさしいうた』、1stミニアルバム『ココロ予報~雨のち晴れ~』をリリース。

3rd配信シングル『つなぐもの』-EPは、発売後すぐにiTunesトップアルバムランキング(12/16付)で3位にチャートイン。このほど4th配信シングルを発表し、ブルボン「ラシュクーレ」CMソングに抜擢される。3月16日には早くも2ndアルバムの発売も控えている。

いつも見知っている景色を、親しみやすいメロディーと言い得て妙な歌詞に置き換え、一度耳にしただけで印象に残る個性的な声で歌う丸本莉子。特にデビュー以来、“癒しの歌声”としてマスコミ等でも大きく取り上げられ話題となっているその声は、日本音響研究所の音声分析によっても、“弦楽器のビオラに似た周波数を持つ、聴く人に音の厚みや暖かみを感じさせる音声”と分析されている。

最近は「見たい聴きたい」という音楽的な興味好奇心が一気に広がり、ロックやポップはもちろん、カントリーや民族音楽まで思いつくままに吸収中。

関連リンク:
丸本莉子公式HP

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事





Staff Recommend

PAGE TOP