sayuri5

“酸欠少女”さユり。話題沸騰の“ノイタミナ”アニメ「僕だけがいない街」ED「それは小さな光のような」のMVと輪廻した、新曲「来世で会おう」の”再生”と”希望”のMVが遂に解禁!

sayuri1
sayuri2
sayuri3
sayuri4

1月14日のアニメ第2話放送で謎が多いED映像が初公開されて以来、その歌声と映像の「翳(かげ)と希望」の世界観が多くの反響を呼んでいる、フジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送中の大人気TVアニメ「僕だけがいない街」エンディングテーマを歌う、2.5次元パラレルシンガーソングライター“酸欠少女”さユり。

そのED曲「それは小さな光のような」のMV(short ver)が先週公開されるやいなや、「鳥肌がたった!」「世界観に引き込まれる!」など、その《”不完全な美”と“感情”》の音楽世界と映像美に多くの支持を得ている”酸欠少女”さユりの話題沸騰のMVと”輪廻”する、新曲「来世で会おう」のMV(short ver)が本日解禁された !

「来世で会おう」は作詞、作曲さユりの新次元オルタナロック。
「あの時こうしていれば」という後悔や、選ばなかった自分のへの後悔を超え、「すべて間違いじゃなかった」と”いまの自分”を肯定し、信じて進もうという想いを込めた、酸欠少女さユりの「航海(後悔)と決意」の歌。2ndシングル「それは小さな光のような」の2曲目に収録される。

「来世で会おう」は、デビューシングル「ミカヅキ」から繋がる「それでも」という想いを込めた酸欠少女のテーマとも言える曲であり、過去に挑む「それは小さな光のような」と対になった曲。

「それは小さな光のような」で過去に挑み、未来を変えようともがくことにより自身の中に宿った”希望の炎”を頼りに、いまの自分を信じることで「選ばなかった自分」へも贈る肯定のメッセージ。“再生”と”消失”を繰り返した先の、新たな”再生”と”希望”が込められた楽曲になっている。

その”再生”と”希望”の歌世界を、YKBXの新機軸の映像により描かれたのが今回のMV。
初回生産限定盤Bのジャケットに登場している”天使”サユリと、”死神”サユリの狭間でもがき、葛藤し、過去と未来をタイムリープする酸欠少女さユりが、”肯定”のその先へ向かう物語を描いた、さユりを取り巻く時間軸が焼き切れるように瞬間的にドライブしていく壮大で儚い現代絵巻。

天使と死神のサユリとは?そして「それは小さな光のような」MVで14歳のさゆりはどこへ向かったのか。「来世の鏡」越しの世界とは?
「来世で会おう」MVは、「それは小さな光のような」と輪廻した、さゆり新章の謎にせまるMVとなっている。

「来世で会おう」MV(フルレングスver)は、2016年2月24日発売の2ndシングル「それは小さな光のような」の初回生産限定盤 BのDVDに収録。

「それは小さな光のような」と「来世で会おう」の2曲が輪廻し、お互いが交錯しながら過去と未来をタイムリープする新機軸のMVをぜひ繰り返し見て、”酸欠少女”さユり新章の謎をサーチして欲しい!

「来世で会おう」MV




さユり 2016年2月24日リリース2ndシングル「それは小さな光のような」商品概要
初回生産限定盤 A CD+DVD 
CD
1. それは小さな光のような
2. 来世で会おう
3. 光と闇-弾き語りver.-
DVD
1. それは小さな光のようなMV(フルレングスver.)
封入特典:酸欠少女さユりキャラカード(6種の中から1種ランダム封入)
デジパック仕様
価格:¥1481+税
BVCL-696〜697

初回生産限定盤 B CD+DVD
CD
1. それは小さな光のような
2. 来世で会おう
3. スーサイドさかな-弾き語りver.-
DVD
1. 来世で会おうMV(フルレングスver.)
封入特典:酸欠少女さユりキャラカード(6種の中から1種ランダム封入)
デジパック仕様
価格:¥1481+税
BVCL-698〜699

期間生産限定盤 CD+DVD
CD
1. それは小さな光のような
2. 来世で会おう
3. ふうせん-弾き語りver.-
DVD
1. それは小さな光のような-「僕だけがいない街」ノンクレジットED映像
「僕だけがいない街」描き下ろしアニメジャケットデジパック仕様
初回仕様限定封入特典:「僕だけがいない街」キャラカード
(3種の中から1種ランダム封入)
「僕だけがいない街」描き下ろしアニメジャケットデジパック仕様
価格:¥1481+税
BVCL-701〜702

通常盤 CD
1. それは小さな光のような
2. 来世で会おう
初回仕様限定封入特典:YKBX描き下ろし酸欠少女さユりキャラカード(6種の中から1種ランダム封入)
価格:¥926+税
BVCL-700

さユりワンマンライブ「ミカヅキの航海」公演概要
日程:2016年4月23日(土)
開場:16:30
開演:17:00
開場:渋谷WWW
料金:前売り ¥3,000
座席形態:オールスタンディング
整理番号:あり
ドリンク:ドリンク代別

一般発売:2016年3月19日(土) 10:00
問い合わせ:クリエイティブマン 03-3499-6669
備考:未就学児入場不可

さユり アニメ「僕だけがいない街」 コメント
アニメ「僕だけがいない街」のエンディング・テーマを歌わせていただけることが、本当に嬉しいです。
原作を読んだ時、一瞬で心が惹きつけられました。
そして自分と重なる部分がありました。それは「あの時こうしていれば」という過去への未練です。
後悔しながらも自分を変えようと、大事なものを守ろうと藻掻く主人公に胸を打たれ、おこがましくも私の為にある漫画ではないのかと思う程でした。
悟が「リバイバル(再上映)」で未来へ踏み出すように、私が前に進む為の手段は歌うことです。
私の声とこの歌が、「僕街」アニメをより皆さんの中へ、奥へと届かせるものであることを祈って。
さユり

さユり(さゆり) プロフィール:
酸欠少女 さユりは、”酸欠”した世界に対し独自の解釈で『光』や『翳(かげ)』を、アコギをかき鳴らしながら歌う、19歳の2.5次元パラレルシンガーソングライター。
さユりは3人に分裂し生息しており、それぞれの活動領域は2次元・3次元とパラレルで神出鬼没である。 さユりの世界は、数々のプロジェクトを手がける国内外で活躍中のビジュアルアーティスト YKBXとのコラボレーションにより新次元で壮大に構築されていく。また2.5Dにてトーク&ライブを開催(http://2-5-d.jp/sayuri/)する等、各種イベントともパラレルに 連動。フジテレビ“ノイタミナ”アニメ「乱歩奇譚 Game of Laplace」エンディング・テーマ「ミカヅキ」で8月26日メジャーデビュー!!その荒削りな美しさが作品世界と激しくリンクし、アニメファンからも絶大な指示を受け、 iTunes総合チャート最高5位、ロックチャート20週連続1位、オリコンシングルデイリーランキング最高12位とデビュー作からヒット。「ミカヅキ」MVはYouTubeの再生回数が150万回再生を超え、渋谷TSUTAYA前でストリートライブをすれば500人以上の人が集まり騒然となるなど、その歌世界に共鳴するさユりマニアが続出中!今後の活動に目が離せない新次元アーティスト!

さユり 公式サイト

YKBX プロフィール:
ディレクター・アートディレクター・アーティスト。 各種映像作品のディレクションや制作に加え、イラストレーションやグラフィックデザインな ど活動は多岐にわたる。トータルアートディレクションを目指した 作品を数々リリースし、国内外の映画祭やイベントでも高く評価されている。初音ミク・ボーカロイドオペラ「THE END」 では、全てのビジュアルディレクション・ 演出・映像ディレクターを務める。
主な近作に
初音ミク Vocaloid Opera “THE END” ビジュアルディレクション・ 演出・映像ディレクター。
安室奈美恵 X GUCCI X VOGUE ホログラムMV”Barellina” ディレクション。
COOL JAPAN FUND / JAPAN CREATIVE PLATFORM(経済産業省クール・ジャパン・ファンドオフィス常設)。
ソチオリンピック公式放送オープニング ディレクション。
現国立競技場クローズイベントJAPAN NIGHT 映像演出ディレクション、
GHOST IN THE SHELL ARISE オープニングディレクション。
SMAP / Real time Face Mapping Show ディレクション。
TBWA Group Global Event Main Visual
世界初Oculus Liftを駆使した倖田來未 “Dance In The Rain” VR Music Videoディレクション。
などがある。

YKBX 公式サイト

TVアニメ「僕だけがいない街」作品概要
TVアニメ『僕だけがいない街』作品基本情報
毎週木曜24:55から フジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送中

【スタッフ】
原作:三部けい(ヤングエース連載) 監督:伊藤智彦
シリーズ構成:岸本卓 キャラクターデザイン:佐々木啓悟
色彩設計:佐々木梓 美術監督:佐藤 勝
美術設定:長谷川弘行 撮影監督:青嶋俊明
CG監督:那須信司 編集:西山茂
音楽:梶浦由記 音響監督:岩浪美和
アニメーション制作:A-1 Pictures
公式サイト
公式Twitter:@bokumachi_anime

関連リンク:
アリオラジャパンFacebookページ
アリオラジャパンtwitterページ
アリオラジャパンLINE@ページ

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事





Staff Recommend

PAGE TOP