glim1

GLIM SPANKY – 「ワイルド・サイドを行け」レビュー:今世紀最重要バンド、次の一手!

Print

おいおい、カッコイイなんてもんじゃないぞ。

GLIM SPANKYにとって激動だった2015年を終え、2016年最初のリリースになる今作、昨年出た1stアルバム「SUNRISE JOURNEY」は本当に凄いアルバムだった。
僕はこれでもかとヘビーローテーションで聴いていた。なんてかっこいいバンドが日本から出てきたんだろう。と。

でも、今作を聴いて驚いた。まだ1stアルバムからそんなに時間が経っていないにも関わらず恐ろしいほどの進化のスピードだ。
まるで生き急ぐかのように成長してゆく。基本ラインは変わっていないのだが、様々な新しい試みが聴け、2016年のGLIM SPANKYを見せつけられているようだ。

1曲目「ワイルド・サイドを行け」、Mini Albumのタイトルにもなっているこの楽曲。相変わらずGLIM SPANKYと亀田誠治といしわたり淳治の相性が良い。
とにかく度肝を抜くような迫力のサウンド。そして、タイトル負けしない楽曲のクオリティ・カッコイイ演奏。松尾のボーカルも前作より更にキレキレである。GLIM SPANKYに欠かせない亀本のアレンジも素晴らしすぎる!
そして、みんな待っているであろうギターソロではシタール風のギターが入っていたり、強めのリバースが入っていたりと、今までのアプローチとは少し変わっている。これがまた鳥肌ものだ!
より60,70年代の空気を纏い、それでいてどこをどう切り取っても2016年型最新のロックナンバーだ。これ名曲!!!

2曲目「NEXT ONE」、ブラインドサッカー日本代表 公式応援ソングになっているこの曲。イントロのドラムから痺れる。
高らかに歌われるGLIM SPANKYの野望ソングでも言おうか。次の一歩への宣言ソングである。「道無き道を行けば 必ず望む世界へ」うん、行ける!GLIMならば望む世界へ行けるはずだ!
途中ドラムとコーラス・ボーカルだけになるところから、ギター・ベースが入ってくるあたり、アレンジとしては昔からある手法にも関わらず新しく聞こえる。
これだよ、これ。GLIM SPANKYの凄いところ。亀本のアレンジの凄いところ。王道ロックのマナーみたいなものは踏襲しているのに、何故か現代の音になる。全く古臭さなんてものはそこに存在しない!
素晴らしいの一言!

3曲目「BOYS&GIRLS」、イントロのギターリフからニヤける。いいね、いいね。ギター小僧が絶対弾きたくなる。と言いつつ僕も早速耳コピして弾いてしまった。笑
今までのGLIMにはなかったシャッフルビートの1曲。それだけで印象が新しい。個人的にはBlurとかちょっとイメージした。
松尾のボーカルもこのアルバムで一番伸びやかに聴こえる。

4曲目「太陽を目指せ」、GLIMと言えば。な楽曲だと思う。歌詞の世界観がとてもGLIMらしい。松尾も亀本ものびのびとしている感じを受けた。
ロングトーンでメロディを奏でる亀本のギターソロが素敵だ。ギターソロ後半、ちょうどいい加減にディレイとリバーブの効いた音色が最高。
個人的には、GLIMのこういった歌詞の楽曲は七転び八起きソング。と勝手に思っている。笑
彼らの芯にある部分で、とても大事なものなんだろうな。と思う。

最後5曲目「夜明けのフォーク」、たぶんGLIM初のストリングスの入った曲じゃないかな?
GLIM流バラードの真骨頂がストリングスが入る事で、更にドラマチックに変身している。かっこいいな。90年代のロックを彷彿とさせつつ、やはり2016年最新型の音なんだよな。本当に謎だ。
出てくる歌詞も「LP」「フォーク」のように60,70年代を彷彿とさせるのに、全く古くない。むしろ新しいのだ。

全体的に言える事だと思うのだけれど、歌詞を聴いていたり、このスピード感でのサウンド・楽曲の進化を見ていると、GLIM SPANKYというバンドは恐ろしいスピードで進む旅人なんだと思う。
とにかく、先へ先へ、何度倒れても、何度退屈な夜を過ごしても、必ず昇る陽に向けてどんどん突き進んでゆく、2016年のロックの開拓者なんだと思う。

まだ2016年始まったばかり、きっと2015年以上に今年はGLIM SPANKYの年になる。
全ロックファン必聴のMini Albumである事は疑いようのない事実だと思う。まだ未聴の方は、是非手に取ってもらいたい!

GLIM SPANKYならば、歴史に名残るスターと同様に世界と戦えるはずだ。このMini Albumがその戦いの第一歩になる事を切に願う!!


Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP