web2

moumoonがバスツアーを開催!

web1

2月7日に、moumoonがファンクラブ会員限定で、バスツアー「Picnic Vol.3」を開催した。

今回は、応募者多数の中から抽選で当選した約120名が参加。

当日、JR新宿駅に集合した参加者はバスで東京から約2時間、群馬県にある「さる小」に向けて出発。

バス車内では、メンバーが出題する「月面クイズ」が映像で流れ、ここでしか見ることのできないクイズ映像にファンは釘づけとなっていた。

群馬県にある「月夜野びーどろパーク」に到着後、moumoonが登場!「サンドブラスト」作りをする参加者に挨拶をしながらテーブルをまわった。

昼食はなんと、給食!メニューは牛乳・揚げパン(きなこ)・ミネストローネ風スープ・ソフト麺といった懐かしの定番メニュー。

久しぶりに食べる給食にメンバーは「なつかしい!」と大喜びだった。

3つの教室に分かれて、星や月、ファンクラブロゴが印刷された台紙の上にカラフルなマスキングテープをはりつけ、幅2メートル以上ある巨大アートを完成させた。

アート制作中はメンバーとの3ショットで記念撮影や教室をまわり、会員といっしょにアート作りに参加した。

そして、完成した作品の前でライブが行われた。

「I say You say I Love You」からスタートしたライブは、「近い距離なのでダイレクトな音でライブをしたかった。」というMASAKI。MCでは「あったかくて、なつかしくて、給食をたべて懐かしい気分になった。」とYUKAは学生時代を振り返っていた。

参加者にステージから話しかけるなど、アットホームな雰囲気で全7曲を演奏。

ライブ終了後は出発前のそれぞれのバスを訪れ「気をつけて帰ってください!」と話し、バスを見送り、イベントを締めくくった。

このイベントの様子はmoumoonのオフィシャルファンクラブサイト「月面基地」のスタッフブログ、会報誌で公開予定。

moumoon プロフィール:
ボーカル・作詞のYUKAとギター・作曲を担当するMASAKIによるユニット。
moumoonとは、フランス語の『mou(やわらかい)』と、英語『moon(月)』をかけあわせて作った、‘やわらかい月’という意味の造語。
ほぼ全ての楽曲のサウンドクリエィティブ、アレンジメントを2人で手がけるセルフプロデュースアーティスト。
近年は海外でのライブも積極的に展開、世界に通用する日本発のアーティストとして、海外でも独自のポジショニングを築く稀有な存在になりつつある。

関連リンク:
moumoonオフィシャルサイト
moumoonオフィシャルファンクラブ

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事





Staff Recommend

PAGE TOP