uchuu1

uchuu, Digital Single 第 3 弾”SI(G)N SEKAI”のリリースが4/13に決定!!

uchuu2

昨年末にリリースした 1st Digital Single“overflow”、そして昨日リリースになった2nd Digital Single“Yellow”に続く、uchuu, Digital Single 第3弾“SI(G)N SEKAI”のリリースが4月13日に決定した。
“overflow”、“Yellow”と Digital Singleにて新機軸を提示してきたuchuu,が、今回リリースする楽曲“SI(G)N SEKAI”は、全編日本語詞で疾走感溢れるライブでの盛り上がり必至な楽曲。
楽曲タイトル“SI(G)N SEKAI”(シンセカイ)はヴォーカルK曰く、「示す世界の意」とのことで、uchuu,がこの先目指すまさに「新世界」への一歩を踏み出す楽曲である。
なお、今作SI(G)N SEKAI”は“overflow”、“Yellow”同様、レコーディングMIXをK(Vo/Gt)、Sujin(Ba)が手掛け、アートワークをK(Vo/Gt)が手掛けるなど、マルチな側面も見せる作品となっている。

リリース情報:
uchuu, 3rd Digital Single『SI(G)N SEKAI』
発売日:2016年4月13日(水)
iTunes他、各配信サイトにて発売!

発売中:
uchuu, 1st Digital Single『overflow』(2015年12月23日発売)
uchuu, 2nd Digital Single『Yellow』(2016年2月10日発売)
iTunes他、各配信サイトにて発売中!

profile:
大阪を拠点に活動するロックバンド uchuu,。
2013年12月、UKロックを基調にダンスミュージックのエッセンスを取り込んだ 1stミニアルバムをリリース。
翌年9月には2ndミニアルバム「HAPPY」をリリースし、タワレコメンに選出され、ROCKIN’ON JAPANにて次世代のロックバンド y として評価を受け、各所で話題になる。
2015年4月には3rdミニアルバム「HELLO,HELLO,HELLO,」をリリース。ダイナミズム&エモー ションを備えたロックミュージックをベースに、ダンスミュージックの本質を解き、身体揺さぶるグルーヴ感溢れるサウンドで注目を集める。
2015年12月14日には彼らの地元大阪にて自主企画イベント「uchuu, presents.『Weltraum;Gate-vol.1-』」を大成功させる。
2015年12月23日に1st Digital Single「overflow」をリリースし、2016年2月10日には2nd Digital Single「Yellow」のリリース。
そして3rd Digital Single「SI(G)N SEKAI」が2016年4月13日に決定した。

uchuu, 「overflow」Music Video




uchuu, 「HELLO」Music Video




uchuu, 「HAPPY」Music Video




Live Schedule:
Brian the Sun『マタタビ ツアー 2015-2016』会場:仙台 enn3rd
出演)Brian the Sun / LAMP IN TERREN / uchuu,

2016年2月27日(土)「DISK GARAGE MUSIC MONSTERS -2016 winter-」 会場:TSUTAYA O-Crest
※渋谷のサーキットイベントになります。

2016年3月8日(火)「ROCKTOWN Spring Collection 2016」 会場:あべのROCKTOWN
出演)最終少女ひかさ/uchuu, andmore

2016年3月12日(土)TENJINONTAQ2016 会場:福岡Queblick
※福岡市内ライブハウスのサーキットイベントになります。

2016年3月20日(日)HAPPYJACK2016-5thAnniversary- 会場:熊本B.9V2
※熊本のサーキットイベントになります。

2016年3月21日(月・祝)「SANUKI ROCK COLOSSEUM」
※高松のサーキットイベントになります。

2016年3月26日(土)「道玄坂異種格闘技祭”STAR-MAKER”」
※渋谷のサーキットイベントになります。

関連リンク:
uchuu, official web
uchuu, official twitter:@uchuu_sound

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事





Staff Recommend

PAGE TOP