aa2

ドラマ「ナオミとカナコ」主題歌!3/9発売EXILE ATSUSHI+AI「No more」MV解禁

Print

3月9日に発売されるEXILE ATSUSHI+AIのニューシングル「No more」のミュージックビデオが公開された。
今作ミュージックビデオは、暗闇の中に居ても、光を見つけて欲しいという二人の強い想いが込められた楽曲の持つイメージを、ライティングを駆使して“闇と光”をテーマに表現した。

二人が光に包まれて歌うメインのシーンは“希望”を表現し、『希望を持ち、一歩踏み出す大切さ』を歌った歌詞を力強い映像で見事に演出されている。
あえてネガティヴな面やそこから脱出しようともがく姿も描くことで、人々に希望を与えるような作品を目指したという思惑通り、非常に強いメッセージ性を持ったミュージックビデオが完成した。

今楽曲は2016年1月よりスタートしているフジテレビ系“木10”枠ドラマ「ナオミとカナコ」の主題歌としても起用。
誰にでも起こりうる日常を舞台に、前代未聞の犯罪を遂行するヒロイン、広末涼子と内田由紀が感じる苦悩、暗闇の中から希望を見出そうと必死に生きるというドラマのストーリーとも、この楽曲は見事にはまっている。

今作ミュージックビデオについてATSUSHIは、
「暗闇の中でも一筋の光を見つける」という楽曲の持つメッセージ性を表現すべく、“闇と光”というコンセプトのミュージックビデオになっています。真っ暗で深い闇のなか、光はもう射し込まないような気がしても、必ず光は射し込んでくる。どんなときでも明けない夜はない。希望の光は灯るし、だから、とにかくあきらめない強い気持ちを持ってほしい……。そんなメッセージ性のあるミュージックビデオになっています」とコメント。

AIは、
「観どころ満載というか、観どころしかないです。こういう本格的なセットでの撮影が私自身久しぶりでもあったし、あっちゃんとは初めてだったので、すごく感慨深かったです。ライティングにも驚くほどこだわっていて、いろいろな種類のライトを使って“希望への道筋”を表現しています。鏡を使ったシーンもあるし、布でもがくシーンもあったりと、まるでアートのようなミュージックビデオです。」と、今作への想いを語っている。

出産後初のミュージックビデオ撮影となったAI。母親となり、女性としてさらなる輝きを増したAIの表情にも注目してほしい。

さらに、今回のコラボ・シングル「No more」(3月9日発売)には、カップリングとして様々な形の愛を歌った3曲のアコースティック・バージョンが初収録される。

ピアノアレンジで原曲からさらにドラマティックに仕上がったATSUSHIとAIのコラボ作品第2弾楽曲「Be Brave」を始め、AIのソロ曲であり、ダンストラックである原曲をシンプルなアコースティックギターアレンジにした「VOICE」。そして、ATSUSHIが東北少年院への訪問をきっかけに詞を書きおろしたソロ曲「HIKARI」の計3曲だ。いずれもATSUSHIとAI、二人の深い愛が表現された作品と言える。

ATSUSHIとAIが贈る至極の応援ソング「No more」を聴いて、今日の苦しみや悩みを忘れ、明日への活力にしたい。

商品概要:
アーティスト:EXILE ATSUSHI+AI
発売日:2016年3月9日
タイトル:「No more」(ノーモア)

商品形態:
(CD+DVD)¥1,800(税別) / RZCD-86059/B
(CD)¥1,000(税別)/ RZCD-86060

収録内容:

1. No more / EXILE ATSUSHI + AI
2. Be Brave -Acoustic Ver.- / EXILE ATSUSHI + AI
3. VOICE -Acoustic Ver. – / AI
4. HIKARI -Acoustic Ver.- / EXILE ATSUSHI
5. No more (Instrumental) / EXILE ATSUSHI + AI
6. Be Brave -Acoustic Ver.- (Instrumental) / EXILE ATSUSHI + AI
7. VOICE -Acoustic Ver. – (Instrumental) / AI
8. HIKARI -Acoustic Ver.- (Instrumental) / EXILE ATSUSHI


No more (Music Video)

関連リンク:
EXILE Official Site
AI Official Site

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事





Staff Recommend

PAGE TOP