anly1

沖縄・伊江島出身のシンガーソングライターAnly、待望の2ndシングルは3月23日放送の木村佳乃主演スペシャルドラマ「ぼくのいのち」主題歌!

anly2
anly3

2015年11月、デビューシングル「太陽に笑え」がドラマ「サイレーン」主題歌に抜擢されスマッシュヒットを記録し一躍注目を浴びた沖縄・伊江島出身のシンガーソングライターAnly。
19歳を迎えて最初に放つ新曲「笑顔」が、3月23日(水)よる9時〜10時54分に放送される読売テレビ・日本テレビ系スペシャルドラマ「ぼくのいのち」(主演:木村佳乃 出演:北村一輝 横山 歩 ほか)の主題歌に起用されることがわかった。

2時間のスペシャルドラマとして放送される「ぼくのいのち」は、木村佳乃が演ずる主人公の4歳になる息子が、100万人に1人ともいわれる難病を発症、生存率0パーセントと言われながらも共に病気に挑んだ家族の実話をドラマ化した話題の作品。

主題歌を打診されたAnlyは「笑顔を絶やさずにいる強さと家族が支える力」をテーマに、ドラマの台本を読み込んだ上で前向きな応援歌を書き下ろした。
サウンドプロデュースはデビュー曲「太陽に笑え」同様、根岸孝旨。命の鼓動の様なドラミングや切ないアコースティックギターのリフ等歌詞のテーマ同様ドラマティックな仕上がりになっている。
Anlyはこの曲を収録したセカンドシングルをドラマ放送日となる3月23日に発売、カップリングには黒板アートを使用した大塚製薬カロリーメイトのTVCMでAnlyがカバーし話題となった岡村孝子の名曲「夢をあきらめないで」もボーナストラックとして収録される。
フルオーケストラと合唱隊とともにスタジオで一発録りを試みた楽曲は出逢いと別れの季節を彩るにピッタリだ。初回盤にはこのレコーディングのメイキング映像も収録されている。

Anly本人コメント 
「この曲は今回ドラマ「ぼくのいのち」の主題歌として書き下ろした曲です。主人公の4歳の男の子が小さい身体で病と戦う姿、そしていつも笑顔を絶やさずにいるこころの強さを感じました。
彼にその力を与えてくれていたのは、いつも側にいてくれる家族の存在だったんだろうなと思います。「笑顔」を制作中に故郷の伊江島に帰る機会があって、15年間過ごしていた島の風景や、海の匂い、帰ったら『おかえり』と迎えてくれる人たちのあたたかさをあらためて感じて、日常でなんとなく過ごす一日、あたりまえだと思って見過ごしてた幸せが私の周りにはたくさんあったんだなと気づきました。
そのときに見た夕日や海、自転車で遊びに行く近所の子供達を見て歌詞やサウンドが浮かんできました。この曲を聞いた人が、家族や恋人、友達とすごす何気ない時間の愛しさに気づいて笑顔になってもらえたら嬉しいです。」

タイアップ情報:
読売テレビ・日本テレビ系スペシャルドラマ「ぼくのいのち」
3月23日(水)よる9時〜10時54分放送
出演:
木村佳乃 北村一輝 横山 歩 
木南晴夏 北川弘美 大山蓮斗 / 竜 雷太(特別出演) / 升 毅 伊吹吾郎 高畑淳子 / 佐々木蔵之介
「ぼくのいのち」Official site
Anly official site

商品情報:
Anly 2ndシングル『笑顔/いいの』2016年3月23日発売 
品番: SRCL 9001-9002(DVD付初回限定盤) SRCL 9003(通常盤)
発売:ソニー・ミュージックレコーズ

【CD】
M1:笑顔 (words&music:Anly arrange:根岸孝旨) 
※読売テレビ・日本テレビ系スペシャルドラマ「ぼくのいのち」主題歌
M2:いいの (words&music:Anly arrange:根岸孝旨)
M3:Teacher (words&music:Anly arrange:河野圭)
M4:夢をあきらめないで (words&music:岡村孝子)  ※大塚製薬「カロリーメイト」TVCM曲
M5:笑顔 -instrumental-
M6:いいの -instrumental-

【DVD】 初回生産限定盤のみ
M1:Don’t give it up! Music Video
M2:Anly Debut Live「太陽に笑え」@Shibuya eggman
M3:カロリーメイトCMレコーディング風景

Anly LIVE情報:
2月23日(月)渋谷エッグマン「Bookmark vol.47 〜eggman 35th AnniversarySpecial〜」 出演

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事





Staff Recommend

PAGE TOP