sayuri3

[特集] さユり – “酸欠少女”さユりは現代に現れた救世主なのか

sayuri2

mrs3[Interview] “酸欠少女”さユり – 戦う2.5次元パラレルシンガーソングライターの今と過去に迫る

今回は、現在放送中のアニメ「僕だけがいない街」のエンディングテーマ「それは小さな光のような」で話題の、酸欠少女さユりへのロングインタビューをお届けしたいと思う。

このインタビューでは、楽曲の事はもちろん、私生活にも踏み込み、アーティスト・芸術家としてのさユりの他、等身大の19才の少女さユりにも迫りたいと思って敢行した。→続きを読む





mrs1[先行レビュー]さユり – 2ndシングル「それは小さな光のような」

終始流れるヒリヒリとした空気感のようなものの中、まるで胸を鷲掴みにされるかのように突き刺さってくるさユりの歌声と歌詞。2ndシングルにして大名曲の誕生である。

思えば、楽曲に流れるヒリヒリとした空気感は前作「ミカヅキ」にもあった。今作「それは小さな光のような」ではその空気感がさらに加速しているように思う。 →続きを読む





sayuri3[Live Report] さユり – 2016年2月24日 夜明けのパラレル実験室 〜僕街編〜

開場時間前、開場を待つ観客の長蛇の列がすでに出来ていた。それだけで、今のさユりに対する人々の関心が伺えるようだった。

開場の時間になり、スタッフが番号順に観客を誘導する。中にはデビュー前のさユりと同じポンチョを着ているコアなファンもいたりして、本当にファンから熱心に愛されてるなぁ。と感じた。 →続きを読む





Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP