cp1

チキパ4周年ライブで歴代衣装&新曲初披露!スペシャルゲストも!?

cp2
cp3
cp4
cp5
cp6
cp7

チキパことCheeky Paradeが2月19日に結成4周年をむかえ、翌20日(土)に新宿BLAZEにて4周年記念ライブを開催した。

当日は昼夜2回公演。

1部、2部と全く異なるセットリストと演出で、完全なる2本のライブを見せるという“ライブアイドル”チキパの底力をみせつける一日となった。

1部はなんと、デビュー前に着用していた衣装含めて歴代衣装をメンバー9人バラバラで纏い登場!インディーズ時代に使用していたSEが流れ、メンバーが登場すると客席にどよめきが起こった。

チキパ初のオリジナル楽曲「Cheeky dreamer」からライブはスタート。

「Tactics」「チィキィファイター」「放課後カタルシス」などデビュー前の楽曲が続いてゆく。結成当時の、今は無きライブハウス「汐留AX」での定期ライブを彷彿とさせるセットリストでまさしくタイムワープした気分に。

MCでは、メジャーデビューが決定した時の様子のムービーが流れる。

まさしく当日のライブ会場、新宿BLAZEでチキパのメジャーデビューは決定した。懐かしい思い出話に花を咲かせた後は、3rdシングル「無限大少女∀」の衣装に着替え、「BUNBUN NINE 9’」や「チェケラ」など、デビュー以降の楽曲中心に、“ライブ常連”なメジャー楽曲が続々投下されてゆく。

途中で最新衣装に着替え、「SKY GATE」「M.O.N.ST@R」「カラフルスターライト」など、4年目のチキパを象徴するナンバーをたたみ掛け、全17曲を披露。チキパの4年の軌跡を辿るライフパフォーマンスとなった。

2部はなんと、最新曲「SKY GATE」からスタート。

「キズナPUNKY ROCK!!」「カラフルスターライト」と、成長したチキパのパフォーマンスが映えるナンバーを立て続けに披露。

1部とは打って変わった雰囲気の中、現行最強のセットリストが繰り広げられてゆく。

アルバム楽曲ながら、根強い人気を誇る「Fly higher」が終了したところで、海外からのスペシャルゲスト(?)が登場。

昨年赤坂BLITZで行ったワンマンライブのオープニングに登場した「ガイナー」だ。

“エクササイズアーティスト”という謎の肩書きで、活動中の彼女。

アシスタントのロギーとワタナベとマネージャーを従え、4人で登場。初のオリジナル楽曲「GARLIC&ONION」で観客に強制エクササイズを強いるガイナー。チキパメンバーの誰かに似ている気もするが・・・1曲を踊り上げ、颯爽と去っていった。

その後は、ワンマンライブやツアーで披露されている、ダンスパートへ。

新音源の「DANCERS ANTHEM」は遊園地のパレードに参加しているかのような、ポップで心が躍るアンセムに仕上がっており、今のチキパだからこそ踊れるダンスパートとなっていた。

そして、なんとサプライズで新曲を披露!タイトルは「Hungry」。

ロックでアッパーな超絶盛り上がりソングで、初披露にもかかわらず会場のボルテージを上げ切る。

「Together」「チィキィファイター」「CANDY POP GALAXY BOMB!!」「M.O.N.ST@R」など、振り付け、楽曲含めて個性あふれるチキパらしいナンバーを繰り広げ、最後まで最高潮の熱量で全19曲を駆け抜けた。

丸4周年をかけて、培ってきたライブパフォーマンスの豊かなバラエティが溢れ出した1日となった。

MCでは、永井日菜が「デビューが決まったのが、この新宿BLAZEでした。4周年を同じ場所でむかえるということが悔しいです。芸能界は華やかなようで厳しい。でも夢を叶えるために、私達は頑張ります!絶対に皆さんに恩返しがしたいんです!」とハングリ―精神の塊のような言葉を残した。

チキパは6月末にメンバーの山本真凜・鈴木真梨耶がLAに留学することが決定している。

そんな未来を待ち受ける4周年ライブは、9人でのライブパフォーマンスをもっと観たい、そう思わせてくれる空間でもあった。

渡辺亜紗美は「2人が安心して、ただいまって帰って来れるように、私達でチキパというお家を守りたいです。そして、もっと大きなお家にしないといけない。」と語ると、

続けて、鈴木友梨耶が「2人がLAに行っている2年の間にアリーナツアーくらい出来るようになる!」と頼もしいコメント。

5月には東京・大阪でのワンマンライブも予定されているチキパ。

2016年、チキパにとって試練の1年となるだろう。

変化と成長を遂げていくチキパに期待の眼差しが注がれる。

関連リンク:
オフィシャルブログ
オフィシャルサイト
オフィシャルファンクラブ
Twitter:@CP_official_CP

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事





Staff Recommend

PAGE TOP