????????????????????????????????????

秦 基博 初の連ドラ主題歌「スミレ」が有線J-POPリクエストランキングで1位を獲得!

hm3

秦 基博が2月24日にリリースしたニューシングル「スミレ」が、2月24日付けの有線J-POPリクエストランキング(2月12日~2月18日集計)にて1位を獲得したことがわかった。

「スミレ」は、秦にとって記念すべき20枚目のシングルであり、また自身初の連ドラ主題歌として、桐谷美玲主演のテレビ朝日系 金曜ナイトドラマ『スミカスミレ 45歳若返った女』に書き下ろした、新境地とも言えるアップテンポなラブソング。
2月5日のドラマ初回放送時より「早くフルで聴きたい!」というリクエストが殺到、また、2月12日に公開された秦が初めてダンスに挑戦したMUSIC VIDEOや、同日、桐谷美玲と共に出演したテレビ朝日『MUSIC STATION』でのパフォーマンスにも大きな反響が集まり、見事、リクエストランキングで1位に昇りつめた。

「スミレ」は、CDのジャケットで、秦が推定年齢75歳のおじいさん姿に特殊メイクで変身していることも話題になっており、東京都内18か所で2月いっぱいまで展開されている大型看板には、ファンが写真を撮りに全ヶ所を巡礼する現象も起きるなど、秦と初めてタッグを組んだTHROUGH.によるユーモアあるヴィジュアルワークにも注目が集まっている。
また、シングルながら、「スミレ」の他に、シューベルト作曲の「野ばら」のカバー、そして秦にとって昨年唯一のワンマンライブとなったあおもり三内丸山遺跡でのライブ音源4曲を収録するなど、全7曲入りというスペシャルシングルとなっており、スリーブケース仕様となっている初回生産限定盤には、昨年大ヒットを記録した最新アルバム『青の光景』収録の人気曲「Sally」をイメージしてファンから応募された写真を基に制作した「Sally-みんなでつくるMUSIC VIDEO-」収録のDVDが付属するなど、充実した内容となっている。

さらに、初回生産限定盤、通常盤(初回仕様)共に、秦 基博のプレミアムイベント、スペシャルグッズなどが抽選で当たる応募ハガキが封入。
応募の締め切りは、2月29日の消印有効とのことなので、是非、早めにチェックして欲しい。

3月5日からは、およそ2年ぶりの全国ツアー『HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 2016 -青の光景-』がスタートする秦 基博。
先日開催された300名完全招待制のプレミアムライブ『SPACE SHOWER TV “LIVE with YOU”』 では、自ら「スミレ」のダンス振付をレクチャーし会場を盛り上げていたように、全国ツアー会場もきっと「スミレ」のダンスで会場が一体になって盛り上がるに違いない。
現在、GYAO!では、期間限定で秦のダンスシーンも愉しい「スミレ」のMUSIC VIDEOをフルサイズで公開中なので、是非、コチラをチェックしよう。

今年の春は、桜ソングにさきがけて「スミレ」が音楽シーンを賑わしそうだ。

タイアップ情報:
テレビ朝日系 金曜ナイトドラマ『スミカスミレ 45歳若返った女』主題歌
2016年2月5日スタート(毎週金曜日23:15~ 一部地域を除く)
出演:桐谷美玲、及川光博、町田啓太、小日向文世、松坂慶子
原作:「スミカスミレ」高梨みつば(集英社「Cocohana」連載)

hm2
リリース情報:
秦 基博
20th single「スミレ」
2016年2月24日(水)リリース
テレビ朝日系 金曜ナイトドラマ『スミカスミレ 45歳若返った女』主題歌

初回生産限定盤(CD+DVD、スリーブケース仕様) AUCL 201~202 ¥1,700(税抜)¥1,836(税込)
DVD収録内容:「Sally -みんなでつくるMUSIC VIDEO-」

通常盤(CD) AUCL 203 ¥1,204(税抜)¥1,300(税込)
(収録曲は共通)
1.スミレ
2.野ばら
-2015.9.5 世界遺産劇場
~縄文あおもり三内丸山遺跡~ Special Live-
3.季節が笑う(Live at 三内丸山遺跡)
4.ダイアローグ・モノローグ(Live at 三内丸山遺跡)
5.トレモロ降る夜(Live at 三内丸山遺跡)
6.Q & A(Live at 三内丸山遺跡)
7.スミレ(backing track)
※初回生産限定盤、通常盤(初回仕様)共に、秦 基博プレミアムイベント、スペシャルグッズが当たる抽選応募ハガキ封入。(2月29日(月)消印有効)

5th Album『青の光景』
2015年12月16日(水)リリース
初回生産限定盤 (CD+DVD)  AUCL 192~193  ¥4,167+税
特典DVD総尺66分収録!
デジパック+三方背BOX+32Pスぺシャルブックレット

通常盤 (CD)  AUCL 194  ¥3,000+税
CD( 初回生産限定盤・通常盤共通)
01.嘘
02.デイドリーマー (大東建託『みんなの想い編』CMソング)
03.ひまわりの約束 (映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌)
04.ROUTES (NHK Eテレ『人生デザインU-29』テーマソング)
05.美しい穢れ
06.Q & A (映画『天空の蜂』主題歌)
07.ディープブルー
08.ダイアローグ・モノローグ
09.あそぶおとな
10.Fast Life
11.聖なる夜の贈り物 (ハウス『北海道シチュー』CMソング)
12.水彩の月 (映画『あん』主題歌)
13.Sally (GLOBAL WORK CMソング)

DVD( 初回生産限定盤のみ) 
「Behind of “青の光景”〜interview, recording & live〜」
「Q & A 」「ひまわりの約束 」(世界遺産劇場 —縄文あおもり三内丸山遺跡—)
「言ノ葉 –Makoto Shinkai / Director’s Cut—」ミュージック・ビデオ

アルバム制作時のドキュメント映像に加え、秦 基博が語る『青の光景』制作ヒストリーや参加ミュージシャン(あらきゆうこ・皆川真人・鈴木正人)との対談ほか、今年9月青森県三内丸山遺跡にて行われた2015年唯一のワンマンライブのドキュメント&ライブ映像、さらには新海誠監督制作「言ノ葉」のミュージックビデオなど、見ごたえ満載、総尺66分の特典映像!

LIVE情報:
「HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 2016 -青の光景-」
03月05日(土) 福岡サンパレス
03月11日(金) 岡山シンフォニーホール
03月12日(土) 広島文化学園HBGホール
03月19日(土) 秋田県民会館
03月30日(水) ロームシアター京都 メインホール
04月03日(日) ニトリ文化ホール
04月10日(日) アルファあなぶきホール・大ホール
04月17日(日) 名古屋国際会議場センチュリーホール
04月24日(日) 新潟県民会館
04月28日(木) 神奈川県民ホール
05月03日(火・祝) 仙台サンプラザホール
05月11日(水) 大宮ソニックシティ 大ホール
05月18日(水) オリックス劇場
05月19日(木) オリックス劇場
05月26日(木) 本多の森ホール
06月03日(金) 東京国際フォーラム ホールA
06月04日(土) 東京国際フォーラム ホールA
※会場・一般発売日など詳細は秦 基博オフィシャルHPをご確認ください。

秦 基博 プロフィール:
2006年11月にシングル「シンクロ」でメジャーデビュー。強さを秘めた柔らかな歌声と叙情的な詞世界、そして耳に残るポップなメロディで大きな注目を浴びる。
「鱗(うろこ)」や「アイ」のロングヒットで幅広い層から支持を集める一方、日本武道館での全編弾き語りライブ(2011年)、独創的な映像演出を取り入れた『Visionary live-historia』(2013年)を成功させるなど、ライブ・アーティストとしての評価も高い。
2013年にアルバム『Signed POP』収録の「Girl」がUSEN HITランキングで年間1位を獲得。
2014年に映画『STAND BY ME ドラえもん』の主題歌として書き下ろした「ひまわりの約束」が各種年間チャートを席巻し100万ダウンロードを突破するなどロングヒットを記録し、弾き語りによる初のベストアルバム『evergreen』が第56回日本レコード大賞企画賞を受賞。
2015年6月にリリースされたシングル「水彩の月」は第68回カンヌ国際映画祭正式出品映画『あん』の主題歌として、9月にリリースされたシングル「Q & A」は映画『天空の蜂』主題歌としても話題を呼んだ。
12月16日(水)に約3年ぶり待望の5thオリジナルアルバム『青の光景』をリリース。

関連リンク:
秦 基博オフィシャルPCサイト
秦 基博オフィシャル・モバイルサイト「MOBILEGREENMIND」
秦 基博オフィシャルfacebook
秦 基博オフィシャルtwitter
秦 基博オフィシャルLINE ID:@hatamotohiro

YouTube「AUGUSTA CHANNEL」
アリオラジャパンFacebookページ
アリオラジャパンtwitterページ
アリオラジャパンLINE@ページ

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事





Staff Recommend

PAGE TOP