sp1

ソナポケ6th ALBUM「ソナポケイズム⑥ ~愛をこめて贈る歌」リリース記念インストアイベントをららぽーと豊洲で開催!

sp2
sp3
sp4
sp5
sp6

前作のアルバム「ソナポケイズム⑤ ~笑顔の理由~」のリリースが2015年2月25日。前作からちょうど365日目となる2016年2月24日、ソナーポケットが通算6枚目となるNEWアルバム『ソナポケイズム⑥ ~愛をこめて贈る歌~』のリリース日を迎え、ららぽーと豊洲シーサイドメインステージにてリリース記念インストアライブを開催した。イベント開始時刻の8時間以上前から会場には熱心なファンが集まりだし、イベント開始の18:30には2,000人を超えるファンが豊洲に集合した。2月末の寒さを感じさせない熱気と大歓声に出迎えられたメンバーは、一曲目に、人気モデルの藤田ニコルがMV初主演して話題を呼んだ「Good bye 大切な人。」を披露。そして二曲目は、TVアニメ「虹色デイズ」のテーマソングになっている「ベストフレンド」。集まった多くのファンへ、今となりにいる仲間や友達を大切にして欲しいというソナポケからの熱いメッセージが贈られた。最後に披露したのはアルバムの副題にもなっている「愛をこめて贈る歌」。先日公開されたMVの中で、昨年秋に結婚を発表したお笑いトリオのジャングルポケット(通称:ジャンポケ)のリーダー・太田博久と女性ファッション誌「S Cawaii!」の専属モデルとして活躍する近藤千尋の夫妻が初共演している楽曲だ。ko-daiが二人を引き合わせた恋のキューピット役であった事実も公表され、“真実のラブソング”として大きな話題を呼んでいるこの曲。“ラブソングマスター”と呼ばれることの多いソナポケならではの“ストレートなラブソング”に、会場全体が温かい雰囲気に包まれた。
尚、アルバムの【初回限定盤】に付属されているDVDには、本日披露した楽曲を含めた5曲のMVと、昨年9月に行われた全国ツアー「ソナポケイズム Vol.5」渋谷公会堂公演の模様がほぼ全編収録されており、【通常盤】にはボーナストラックを含む14曲が収録されている。
4月2日からは、名古屋ガイシホールを皮切りに、アリーナ公演を含む全国ツアー「ソナポケイズムJAPAN TOUR ~7th Anniversary Special~」が控えている。先日、5月22日(日)にさいたまスーパーアリーナでの追加公演が発表された。この発表された公演は、『ソナポケイズム THE“REQUEST”LIVE』と題し、ライブで披露する楽曲を広く一般からリクエストで募り、「1夜限りのセットリスト」を創り出す、ファン参加型のライブ公演となっている。ソナポケにとっても初の挑戦であり、ファンとの距離をいつも大切にし、常に期待や希望に寄り添う彼らの姿勢が表れている。リクエストの受け付けは随時オフィシャルHPでアナウンスされていくとのことで、欠かさずにチェックしていこう。

愛をこめて贈る歌MV




SP笑顔の理由_cd+dvd_初回
SP_cd_通常1209
リリース情報:
NEW ALBUM『ソナポケイズム⑥ ~愛をこめて贈る歌~』
2016年2月24日(水)リリース!!!
【初回限定盤】TKCA-74339(CD+DVD)¥3,333+税

01.愛をこめて贈る歌
02.ベストフレンド
03.HERO
04.走れ!
05.願い星
06.Song for you ~明日へ架ける光~
07.WAKUWAKU
08.二人冬物語
09.SPECIAL DAYS
10.Good bye 大切な人。
11.Dream Island
12.ホイッスル!!!
13.守りたいよ。


01.Song for you ~明日へ架ける光~(Music Video)
02.HERO(Music Video)
03.Good bye 大切な人。(Music Video)
04.ベストフレンド(Music Video)
05.愛をこめて贈る歌(Music Video)
06.「ソナポケイズム Vol.5」追加公演@東京・渋谷公会堂 2015.09.01

【通常盤】TKCA-74343(CDのみ)¥2,870+税

01.愛をこめて贈る歌
02.ベストフレンド
03.HERO
04.走れ!
05.願い星
06.Song for you ~明日へ架ける光~
07.WAKUWAKU
08.二人冬物語
09.SPECIAL DAYS
10.Good bye 大切な人。
11.Dream Island
12.ホイッスル!!!
13.守りたいよ。
14.ファイト ※通常盤のみのボーナストラック

22nd Single『ベストフレンド』
絶賛発売中!
【初回限定盤】TKCA-74330(CD+DVD)¥1,296+税

01.ベストフレンド
02.愛をこめて贈る歌
03.ベストフレンド(instrumental)
04.愛をこめて贈る歌(instrumental)


01.『ベストフレンド』MV 
02.『ベストフレンド』MVメイキング&オフショット

【通常盤A ~虹色デイズ盤~】TKCA-74334(CDのみ)¥1,204+税 
01.ベストフレンド
02.愛をこめて贈る歌
03.ベストフレンド~アニメCVドラマヴァージョン~
04.ベストフレンド(instrumental)
05.愛をこめて贈る歌(instrumental)

【通常盤B】TKCA-74335(CDのみ)¥1,000+税 
01.ベストフレンド
02.愛をこめて贈る歌
03.ベストフレンド(instrumental)
04.愛をこめて贈る歌(instrumental)

【通常盤C】TKCA-74336(CDのみ)¥1,000+税
1.ベストフレンド
2.最高のintro(2006)-Remastered-
3.ベストフレンド(instrumental)
4.最高のintro(2006)-Remastered-(instrumental)

※「初回限定盤」「通常盤A ~虹色デイズ盤~」「通常盤B」「通常盤C」は全てジャケットが異なります。
※「通常盤A ~虹色デイズ盤~」はアニメ描き下ろしジャケット仕様になります。

配信限定Single『二人冬物語』
絶賛配信中!
日本テレビ系「PON!」12月度エンディングテーマ
ハウステンボス「光と炎の王国」CMソング

ソナーポケット購入者豪華応募特典
【特典①】応募者全員プレゼント!!!シングル「ベストフレンド」全形態(4種類)購入者対象特典実施!
メンバーが直筆でサイン&あなたのお名前を書いたポストカードを応募者全員にプレゼント!!!
【特典②】シングル「ベストフレンド」とアルバム「ソナポケイズム⑥ ~愛をこめて贈る歌~」
シングル&アルバム2作品連動購入者、応募特典!
1月20日発売のシングル&2月24日発売のアルバム初回限定盤の連動特典
A賞・・・「ソナポケイズムJAPAN TOUR ~7th Anniversary Special」の
ミート&グリートに各会場7組14名ご招待
B賞・・・最新オフショットの直筆サイン入りポラロイド写真20名様
1月20日発売のシングル& 2/24発売のアルバム通常盤の連動特典
A賞・・・「ソナポケイズムJAPAN TOUR ~7th Anniversary Special」のリハーサルに各会場7組14名ご招待
B賞・・・直筆サイン入りB2ポスター(最新版)30名様
【特典③】応募者全員プレゼント!!!アルバム「ソナポケイズム⑥ ~愛をこめて贈る歌」全形態(2種類)購入者対象特典!
メンバーのサイン&コメントが入ったソロポストカード3枚セット
(※サインとコメントはプリントされたものになります。)

ツアー情報:
「ソナポケイズムJAPAN TOUR ~7th Anniversary Special~」
04月02日(土) 愛知:日本ガイシホール
04月09日(土) 大阪:大阪城ホール
04月16日(土) 新潟:新潟テルサ
04月17日(日) 新潟:新潟テルサ
04月23日(土) 広島:広島文化学園HBGホール
04月24日(日) 広島:広島文化学園HBGホール
04月28日(木) 宮城:仙台サンプラザホール
05月01日(日) 札幌:ニトリ文化ホール
05月07日(土) 福岡:福岡国際センター
05月13日(金) 香川:サンポートホール高松
05月14日(土) 香川:サンポートホール高松
05月21日(土) 埼玉:さいたまスーパーアリーナ
05月22日(日) 埼玉:さいたまスーパーアリーナ(追加公演)
※5月22日の公演は『ソナポケイズム THE“REQUEST”LIVE』と題し、リクエストで集めた楽曲を基に「1夜限りのセットリスト」を作成し創り出す、ファン参加型のライブになります。

チケット代:
[アリーナチケット代]¥6,800(税込)※指定席(愛知名古屋/大阪/福岡/埼玉さいたま)※立見は会場により販売
[ホールチケット代]¥5,800(税込)※指定席(新潟/広島/宮城仙台/北海道札幌/香川高松)※立見は会場により販売

チケット一般発売日:2月27日(土)

入場年齢制限:3歳未満入場不可、3歳以上チケット必要。
(年齢や座席の要不要を問わず、1名につき1枚のチケットが必要となります。)

インストアイベント情報:
<新潟会場>
日時:2016年2月27日(土)14:00スタート
場所:新潟:リバーサイド千秋 1Fリバーサイドコート

<愛知会場>
日時:2016年2月28日(日)14:00スタート
場所:愛知:アスナル金山 あすなる広場

Photo by 小財梨佐

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事





Staff Recommend

PAGE TOP