fpm1

手がけた楽曲は100曲以上!FPMデビュー20周年お仕事集BEST詳細発表!洋楽・邦楽の豪華アーティストを一挙収録!

fpm2
fpm3

日本のみならず、アジアなどワールドワイドに活動する、DJ/プロデューサー田中知之のソロ・プロジェクト「FPM(Fantastic Plastic Machine)」が昨年2015年9月30日でデビュー20周年を迎えた。

20周年記念日の2015年9月30日に発売されたBESTアルバムも好調、2015年12月、2016年1月、2月と3ヶ月連続で7inchレコードもリリースし、3月16日にはお仕事集BEST『Motions』を発売。そのお仕事集BESTの詳細が発表された。
「必殺仕事人 FPMによる究極のリミックス&プロデュースワーク集。」と銘打たれた『Motions』は、3枚組でそれぞれDISC毎のテーマを元に田中知之自身が厳選選曲した未発表曲含む全37曲を収録。
価格は3枚組で税抜き4,000円という破格の20周年記念特別プライス!

デザインはこれまでFPMの名作ジャケットを手がけてきたgroovisionsが担当。
そしてBEST盤『Moments』と同様、初回盤はまたもやFPMではおなじみ限定カラーケース&横長3CDクリアボックスに入った特別仕様!

デビューから20年の間に手掛けた楽曲は100曲を超え、REMIX、プロデュース仕事の中から厳選した37曲の気になる収録アーティストは、ユニコーン、RIP SLYME、サカナクション、くるり、東京スカパラダイスオーケストラ、松田聖子、浜崎あゆみ、SHEENA & THE ROKKETS、布袋寅泰、更にはFATBOY SLIM、DIANA ROSS & THE SUPREMES、Earth, Wind & Fireまでも収録した、レーベルの枠を越えた必殺仕事人FPMによるキラーチューン満載の選曲!

FPM監修のもと全楽曲リマスタリングを実施し音質も向上した『Motions』、9月に発売のBEST盤『Moments』、3ヶ月連続リリースした7inchレコードなど、パッケージにはどれもアート作品とも言えるこだわりが見て取れる。デジタル配信が主流となっている今、「音楽を所有する歓び」を再認識させられるのではないだろうか。

お仕事集BEST盤『Motions』詳細
Motions [モーションズ] Best Killer Remixes & Produce works by FPM
必殺仕事人FPMによる究極のリミックス&プロデュースワーク集。怒涛のCD3枚組、全37曲。
2016年3月16日発売 3枚組CD全37曲
AVCD-93363~5 ¥4,000+税
初回盤のみカラーケース&3枚組 横長クリアケース仕様

収録曲
-White- Best 14 Contemporary Love Songs, Remixed & Produced by FPM (AVCD-93363)
01. 働く男 (FPM EVERLUST Mix) / ユニコーン
02. Crazy for you / Chara
03. あなたに逢いたくて (FPM Mix For Lovers) / 松田聖子
04. Virgin Road (FPM EVERLUST Mix) / 浜崎あゆみ
05. Daddy’s delight (FPM Talker Vocal Mix) / KENJI JAMMER
06. Playmate ’74 (FPM’s Samba Whistle Mix) / Riviera
07. Innocent Love (FPM 4/4 Dub Mix) / 小泉今日子
08. Change (FPM Legendary House Mix) / MONKEY MAJIK
09. よる☆かぜ ~FPM Disco Tropicana~ / ケツメイシ
10. Luna Zuihitsu (feat. FPM) / トベタ・バジュン
11. fragile (FPM Bitter Sweet Samba Mix) / Every Little Thing
12. l’ombre et la lumiere (FPM Palme d’Or Mix) / Coralie Clement
13. シュガー・シュガー / 片岡知子&Terry Adams
14. マタ逢ウ日マデ / RIP SLYME

-Orange- Best 11 Ultimate Dance Tracks, Remixed & Produced by FPM (AVCD-93364)
01. The Journey (FPM Red Special Mix) / FATBOY SLIM
02. Ain’t No Mountain High Enough (FPM’s “The Dancefloor’s Tension Is High Enough” Mix) / DIANA ROSS & THE SUPREMES
03. BAD FEELING (FPM EVERLUST Remix) / 布袋寅泰
04. SUGARCANDYSUPERNOVA (FPM Guitar Heroes Mix) / THE YOUNG PUNX!
05. Lemon Tea (FPM Bootleg Mix) / SHEENA & THE ROKKETS
06. He’s Frank (Slight Return) feat. Iggy Pop (FPM Live In Tokyo 1978 Mix) / The BPA
07. Hale no sola sita ~LA YELLOW SAMBA~ (FPM Punky Samba Mix) / PE’Z
08. ルパン三世のテーマ ’78 (FPM EVERLUST Mix)
09. Master Inch Mile Haunch (FPM’s BOL Remix) / Howie B ☆未発表曲
10. Baby’s On Fire (FPM ‘The Art Of Voice’ Mix) / Benjamin Diamond
11. RAINBOW (FPM’s Over The Rainbow Remix) / i-dep ☆未発表曲

-Yellow- Best 12 Radical Dance Tracks, Remixed & Produced by FPM (AVCD-93365)
01. September (FPM Beautiful Latin Mix) / Earth, Wind & Fire
02. 三日月サンセット (FPM EVERLUST Mix) / サカナクション
03. ワールズエンド・スーパーノヴァ (FPM EVERLUST Mix) / くるり
04. 美しく燃える森 (FPM Latin Fire Remix) / 東京スカパラダイスオーケストラ
05. GRAND MASTER FRESH Pt.2 feat. Fantastic Plastic Machine / YOU THE ROCK★
06. 渚にまつわるエトセトラ (TAKE ME TO THE DISCO) / PUFFY
07. DO U LIKE IT? (by Fantastic Plastic Machine) / Crystal Kay loves m-flo
08. One Step Beyond / SPEED KING
09. MASURAO (FPM Murder Mix) / DJ OZMA
10. LIKE A VIRGIN / 2NE1
11. 1,2,3 (FPM HyperSociety Mix) / 中村一義
12. Can’t Shake This Feeling (FPM EVERLUST Mix) / GRUM

好評発売中
『Moments [モーメンツ] Best 45 fabulous tracks by FPM』
2015年9月30日発売 20周年BEST盤 3枚組CD全45曲
AVCD-93272~4 ¥4,000+税

3ヶ月連続7inchレコード詳細
初回限定プレスにつき、店頭、オンライン在庫のみとなります。
HMVほか全国のレコードショップにて取り扱い中。品切れ店も続出、HMV ONLINEなど、在庫残りわずかとなります。

第1弾2015年12月発売『I Was In Love feat. Takeshi Hosomi (The HIATUS / MONOEYES)/ Wish You Were Here』
HMV ONLINE購入ページ

第2弾2016年1月発売『Tokyo / Sex (Single Edit)』
HMV ONLINE購入ページ

第3弾2016年2月発売Beautiful Days feat. Yoshie Nakano (EGO-WRAPPIN’) / City Lights (東京スカパラダイスオーケストラRemix)』
HMV ONLINE購入ページ

FPM関連サイト:
YouTubeチャンネル「FPM20th」
Official HP
Facebook
Instagram
Twitter (Tomoyuki Tanaka)
Twitter (Staff)

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事





Staff Recommend

PAGE TOP