tk1

TK from 凛として時雨、「Secret Sensation」特設サイト、TK×又吉直樹対談公開!新曲「like there is tomorrow」の断片映像も公開!

tk1

凛として時雨の中枢人物であるTK(Vo&Gt)のソロプロジェクトである、“TK from 凛として時雨”。
3月2日にリリースとなるニューミニアルバム「Secret Sensation」の特設サイトにて、TKと又吉直樹氏との対談が公開となった。
かねてから又吉氏が凛として時雨のファンであることをきっかけに今回の対談が実現。凛として時雨のメンバーの345が雑誌では対談を行っていたが、今回二人が顔を会わせるのは初。
音楽、お笑い、小説などお互いのクリエイティブについての話など多岐にわたり、他では見ることのできない貴重な対談となっている。
また、このミニアルバムのTrack 4に収録される「like there is tomorrow」の”fragment(断片)”映像も公開された。
いよいよ来週3月2日にパッケージがリリースとなるが、それに先駆けiTunes Storeでは表題曲「Secret Sensation」が先行配信中。
このリリースを受けた全国ワンマンツアー”Secret Sensation”も決定しており、3月20日の仙台Rensaを皮切りに、5都市で開催。チケットは発売中。

TK from 凛として時雨 『like there is tomorrow(fragment)』




特設サイト

TK from 凛として時雨「Secret Sensation」Music Video
iTunes Store

tk2
リリース情報:
TK from 凛として時雨 2nd Mini Album「Secret Sensation」
2016年3月2日 Release
初回生産限定盤(CD+DVD) AICL-3051〜2 / 2,000円+税 ※三方背スリーブ仕様
通常盤(CD) AICL-3053 / 1,500円+税

[CD]
1. Secret Sensation
2. subliminal
3. ear+f
4. like there is tomorrow
5. white silence (at Billboard Live OSAKA 2015.7.20)

[DVD]
1. Secret Sensation (Music Video)
2. like there is tomorrow (Music Video)

ライブ情報:
TK from 凛として時雨 TOUR 2016 “Secret Sensation”
3月20日(日) 宮城 仙台Rensa OPEN 17:30/START 18:00
ノースロードミュージック(022-256-1000)

4月2日(土) 大阪 なんばHatch OPEN 17:15/START 18:00
清水音泉 (06-6357-3666)

4月3日(日) 愛知 ダイアモンドホール OPEN 17:00/START 18:00
JAIL HOUSE (052-936-6041)

4月9日(土) 福岡 DRUM LOGOS OPEN 17:15/START 18:00
キョードー西日本(092-714-0159)

4月16日(土) 東京 TOKYO DOME CITY HALL OPEN 17:00/START 18:00
HOT STUFF PROMOTION (03-5720-9999)

学割立見:¥3,780-(税込・D代別) ※受付終了
※OFFICIAL HP先行のみのお取扱いとなります。数量限定。
※1995年4月2日以降誕生日の方対象のチケットです。 (なんばHatchは1F立見、TOKYO DOME CITY HALLは1Fアリーナ立見となります)
※ご入場順はランダムとなります。
※ご入場の際、身分証明書を確認させていただく事もございます。
※学生証・保険証・パスポート等、年齢の分かるものをご用意して、ご来場ください。誤って購入された方への払戻はお受け致しません。十分にご注意ください。

立見:¥4,860-(税込・D代別)
※整理番号順入場

着席指定席:¥5,400-(税込・D代別)
※なんばHatchとTOKYO DOME CITY HALL(バルコニー着席指定席)のみのお取り扱いとなります。※公演中は着席にてご覧頂きます。(立見観覧不可)

バルコニー指定席:¥4,860-(税込・D代別)
※TOKYO DOME CITY HALLのみのお取り扱いとなります。

一般発売日:発売中

関連リンク:
TK from 凛として時雨 オフィシャルホームページ
凛として時雨 YouTube Official Channel
TK from 凛として時雨 オフィシャルfacebook

Photo by 河本悠貴

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP