IMG_0917

古川本舗 – Live CD 「.CALLC.」レビュー

20150920_furukawahinpo_0117

CALLC2015年12月2日にLive DVD「.CALLV.」と同時発売された、まさに映像と一対になっている2015年12月4日のラストライブ「.RESPONSE.」で、7年間の活動を終了した古川本舗ラストとなるLive CD。
このCDには2015年9月20日に新宿FACEで行われた「.CALL.」の模様が収められている。なお、「スーパー・ノヴァ」「KAMAKURA」「春の」「Alice」「emma brown」「ベイクドパンケイクス」の6曲はCDのみに収められている。

最初にこのCDを再生して驚いた事は、どの楽曲もこのライブの為に再アレンジされている事だ。もちろん、アコースティックライブという事もあるので、CDのオリジナル音源と異なる事は重々承知の上で再生をした。
しかし、どの曲も手触り、というか感触みたいなものが違うのだ。勿論良い意味でだ。7年間活動してきた古川本舗の本質を極限までストイックに切り出したような、楽曲そのものがもつ素晴らしさ、美しさ、単純に楽曲・歌詞の良さが前面に出ている。
本日2015年12月7日現在、古川本舗はすでに活動を終了させている。

ただ一言で表すならば、「やっぱり凄いな、、、古川本舗は、、、。」といったところだろう。

この感覚は、きっと聴いた人にしか分からないものだと思うので、是非とも全音楽ファンに聴いていただきたいところだ。
音楽の自由さ、言葉の美しさ、ライブでしか味わえない空気感、そんなものがこれでもかと詰まっている。
このCDを聴いた人は、きっとライブに足を運びたくなるに違いない。だが、残念ながら古川本舗はすでに活動を終了してしまっている。

でも、僕らにはこのCDがある。
古川本舗によるラストCDがライブCDなのは、このCDを再生すればいつでも古川本舗に会えるんだよ。と古川氏が言っているかのように、思わず勘ぐってしまう。
そのくらい生々しいのだ。そして美しいのだ。

僕は、この先もきっとこのCDを定期的にデッキにセットして再生をするのだろう。もう会えない、古川本舗に思いを寄せながら。

Photographer:ヤマモトタクミ


ご紹介したCDはこちら

.CALLC.
古川本舗
SPACE SHOWER MUSIC
売上げランキング: 699
Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事





Staff Recommend

PAGE TOP