mari_pokinen_photo1

[Staff Recommend]Mari Pokinen – 22

pana015_artwork

少し前の2013年に国内盤として初めて日本で発売されたアルバム。北欧近くに位置する神秘の国エストニアでうまれたシンガーソングライターMari Pokinen (マリ・ポキネン)の”22″。
アルバムタイトルのとおり、彼女が22歳のときに作ったアルバム。なんとも瑞々しいギターの音色と純粋でまっすぐな歌声。
エストニア語で歌われるメロディは、どことなく慈悲深い。
日本の22歳からはなかなか想像できないメロディと雰囲気。

さて、余談だが、22歳の頃のことを覚えているだろうか。。。
わたしも、今はほとんど歌わなくなってしまった声で表現するということをやっていた時期だった。
天の邪鬼な性格ゆえ、恋愛を歌でってことはもちろんなかったので、音と言葉遊びの延長みたいで楽しんでいた。
小さい頃に自分の一部としてやってきたことを、まだこれをやりたいこととして形にしてもいいのかと悩んでいた頃だった。

物心ついたときから歌をうたい、音楽を作ってきた彼女。
22歳でこの彼女のような世界ができあがっていたら、また違ったカタチで今を過ごしていたかもしれない。

Mari Pokinen – Paradiis

Mari Pokinen – Õnn ja arm (Laul tüdrukust)

2011年からはエストニアの首都タリンの劇場で俳優として働いているそうで、彼女自身が表現者であることがうかがえる。
まだ20代。わたしのいつか会いたいひと。

Mastered by Robert Godzinsky

34423

34423電子音楽家

投稿者の過去記事

容姿と相対する硬派なサウンドと鮮烈なヴィジュアルイメージで注目を集め、2013年初の世界デビュー盤"Tough and Tender"(邂逅)をリリースし話題をさらった。その後も都内の大型フェスなど勢力的に活動を重ね、今年2月待望の2ndアルバム”Masquerade”(邂逅)をリリース。また、鈴木光司原作 福田陽平監督のホラー映画「アイズ」、田中佑和監督長編映画「青春群青色の夏」などをはじめ様々な映画の劇伴をつとめている。
ライターとしては、感覚的な独自の観点から“好きなもの”を柔らかく芯のある言葉で伝えている。
探究心と、直感による閃きを大事にワクワクを書き留めている。

特集記事

MIYAVI

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP