image

[Staff Recommend]guru host – Meteor Gallery

image

私のずっと持ち続けている夢は、80歳まで音楽を続けることで、
近年、本当に叶えられるかもという気がしている。やりたいことが増えていく。

その理由の1つとして、この時代、音楽製作のツールやアイテムが増えたってこともあるけれど、やってみたい!がやれる!に直結して
音楽を創るということが聴くということよりも楽しくなっている気がするから。
大人になってからでも音楽を始めて、続けられる。そんな気がしている。
 
専ら、私は昔から聴くより創る派だったのだけど。
 
前置きが長くなってしまったけれど、
今回オススメしたいのは
guru host(グルホスト)インプロ(即興で音楽を創りライブをする)界隈では個々でも活躍されているキーボーディスト坂口光央とパーカッショニスト ドラマーの一楽誉志幸のビートユニット。
そして、この2人のアルバム、実は4/27発売で
幸運にも、2人の音楽をいち早く聞かせてもらった。
 
私自身、インプロができる人達やその場の空気で選曲していくDJの人達のことを新しい音楽をその瞬間、感覚に語りかけてくれる点で、本当に尊敬している。
きっとその場でしか出会えないのだから。
 
また、踊れる、部屋でも聴けるそのバランス感覚に脱帽してしまう。
 
guru hostのアルバムは、その2人だけの
空気感で録音された即興音楽が、
見事に、踊れる、部屋でも聴けるバランス感覚を持っていて、
その場の色を聴く人の心情により変えてくれる音だと思った。
 
ドキドキするし、耳を奪われる瞬間も何度もあるのに、
次に聴いたときは、自分の生活のバックグランドミュージックになっていたりする。
 
2人のように、演奏能力と、引き出しの多さ、反応の早さを持ち合わせてたらなぁなんてほんの少しだけ思ったけれど、
私も、キーボードの前に座ってポロポロ弾き始めたときが、結局のところいつでも楽しいなと思う。
 
2人のライブを見る機会もあって、
とても楽しそうだった。
 
そう、音楽って楽しいんだった。 
 
そんな2人のリリースライブが4/16西麻布スーパーデラックスで開催される。
沢山の音に対する新しい気づきをくれるだろう出演者たち。
NETWORKS , Dustin Wong。
 
そこでしか聴けない音が沢山あるライブ。
ぜひ足を運んでみてはどうだろうか。
 
 【guru host 1st Album “Meteor Gallery” Release Party】

2016年4月16日(土)西麻布Super Deluxe
会場限定にて、”Meteor Gallery”の先行販売あり!

開場 18:00 / 開演 19:00

料金 予約2500円 / 当日3000円 (ドリンク別)

Live:
guru host
NETWORKS
Dustin Wong

DJ:
こんの (くふき)
もとまさ (くふき)

Wonderyou web site
http://www.naturebliss.jp/wndu/party.html

チケットご予約はこちらから
https://www.super-deluxe.com/room/4078/

【CD情報】
Artist: guru host
Title: Meteor Gallery
CAT no. WNDU014
Label: Wonderyou
Release Date: 2016年4月27日
Price: 2,190yen

mastering by Chihei Hatakeyama

 
 【Meteor Gallery試聴&ご予約】
https://naturebliss.bandcamp.com/album/meteor-gallery-wndu014

image
アーティストプロフィール:
坂口 光央(シンセキーボード)と一樂 誉志幸(ドラム)のビートユニット。卓越した演奏技術と感性を存分に活かし、曲毎に違うテーマ(rhythm,drone,Minimal,微音,色,音量など)や音の変化,音のズレ,隙間を用いて作曲を行う。ライブ演奏では即興要素も多く、ミュージシャンやアーティストからの評価も高い。

34423

34423電子音楽家

投稿者の過去記事

容姿と相対する硬派なサウンドと鮮烈なヴィジュアルイメージで注目を集め、2013年初の世界デビュー盤"Tough and Tender"(邂逅)をリリースし話題をさらった。その後も都内の大型フェスなど勢力的に活動を重ね、今年2月待望の2ndアルバム”Masquerade”(邂逅)をリリース。また、鈴木光司原作 福田陽平監督のホラー映画「アイズ」、田中佑和監督長編映画「青春群青色の夏」などをはじめ様々な映画の劇伴をつとめている。
ライターとしては、感覚的な独自の観点から“好きなもの”を柔らかく芯のある言葉で伝えている。
探究心と、直感による閃きを大事にワクワクを書き留めている。

特集記事

LIT

コラム記事





Staff Recommend

PAGE TOP