Red Bull Music Academy Tokyo卒業生のAlbino Soundによる初のデジタルEPがO.N.O(THA BLUE HERB)のレーベルより3/28にリリース!

Struct007_Fromtheunderwear_H1_web

Red Bull Music Academy Tokyoの卒業生であるAlbino Soundが、3/28に初のデジタルEP『From The Underwear』をリリースした。

こちらより購入。

Albino Soundは2014年に開催されたRed Bull Music Academy Tokyoにて、全世界6,000人より参加を許されたトラックメイカーであり、現在ではSCANDALのアリーナツアー用会場音楽や、THE DAY magazineが制作する短編ドキュメンタリーシリーズへのサウンドトラック提供を行っている。
初のデジタルEPとなる本作は4曲入りで、O.N.O (THA BLUE HERB)の主宰するレーベルSTRUCTからリリース。

現在、レーベルのSoundCloudでは収録曲から「From The Underwear」の音源を公開中。

Albino Sound「From The Underwear」

タイトル:From The Underwear
アーティスト:Albino Sound
品番:Struct-007
販売価格:500円
リリース日:2016年3月28日
トラックリスト:
01. From The Underwear
02. Playing Possum
03. God’s Stick
04. Not Wet

34423

34423電子音楽家

投稿者の過去記事

愛媛県出身、東京在住。電子音楽家。コラージュ音楽家。幼少より録音機器や楽器にふれ、独自の音創りをはじめる。容姿と相対する硬派なサウンドと鮮烈なヴィジュアルイメージで注目を集め、2013年待望の世界デビュー盤『Tough and Tender』(邂逅)をリリースし話題をさらった。
2015年に2nd アルバム『Masquerade』(邂逅)をリリース。
また、鈴木光司原作・福田陽平監督のホラー映画『アイズ』、田中佑和監督長編映画『青春群青色の夏』、ヤマシタマサ監督『東京ノワール』など多岐にわたる映画の劇伴や、広告音楽、サウンドロゴなどの作編曲も手掛けている。
2018年は、5月より3ヶ月間デジタル配信での連続リリースを行い、ラップトップの他、モジュラー、コンパクトエフェクターなどのアナログ機材を使用したライブパフォーマンスが話題。

特集記事

LIT

コラム記事







人気記事ランキング

Staff Recommend

PAGE TOP