magic prince

[先行レビュー]MAG!C☆PRINCE 「Spin the Sky」レビュー

デビューシングルから約4か月、早くも
セカンドシングル『Spin the sky』が届いた。
カップリング曲には『愛しくて 切なくて 抱きしめたくて』
桜も満開を迎え、春のスタートに相応しい
彼ららしい爽快なナンバーに
力強いユニゾンコーラス。
新生活を迎える人達の背中を押すかのような上昇系サビ。
まさに、spin the sky。
気持ちよい風を浴びながら、ときどき挫けそうになっても希望にみちた毎日を過ごせるような、
リスナーへの応援ソングのようにも感じられる。

唄に力のある楽曲で、応援してもらうというよりは、一緒に、唄うことのができる=一緒に頑張ろう!というような、
彼らとリスナーの目線が同じところにあるのことを意識させ、とても好感がもてる。

そして、2曲目の『愛しくて 切なくて 抱きしめたくて』
この曲
色々な場面と表情を変化させるメロディ展開で、
何処となくノスタルジーを運んでくる。
世代を問わず幅広い層にも受けいれられるナンバーだ。

愛しい
切ない
抱きしめたい

すごく本気で、真剣な恋の歌なのだが、
唄う彼らがフレッシュということもあり、良い意味で誰かを好きになることに、一生懸命であることさえも不器用に感じてしまう。

誰かに伝えたい“大好き”というストレートな気持ちに加え、誰かを愛しくて、切なくて、抱きしめたいと思うの自分の気持ちに向き合うことにも一生懸命。

そんな恋の唄。

きっと誰しも共感できる部分があるのではないだろうか。

そして、今回もメンバーそれぞれのカラーで個人盤を展開。デビューシングルを手にしてからの今作。
更に彼らとファンとの強い絆を感じることができそうだ。


発売日: 2016年5月4日

2nd Single 「Spin the Sky」 [初回限定盤][+DVD]

Spin the Sky[西岡健吾盤]

Spin the Sky[永田薫盤]

Spin the Sky[大城光盤]

Spin the Sky[阿部周平盤]

Spin the Sky[平野泰新盤]

Spin the Sky[通常盤]

34423

34423電子音楽家

投稿者の過去記事

容姿と相対する硬派なサウンドと鮮烈なヴィジュアルイメージで注目を集め、2013年初の世界デビュー盤"Tough and Tender"(邂逅)をリリースし話題をさらった。その後も都内の大型フェスなど勢力的に活動を重ね、今年2月待望の2ndアルバム”Masquerade”(邂逅)をリリース。また、鈴木光司原作 福田陽平監督のホラー映画「アイズ」、田中佑和監督長編映画「青春群青色の夏」などをはじめ様々な映画の劇伴をつとめている。
ライターとしては、感覚的な独自の観点から“好きなもの”を柔らかく芯のある言葉で伝えている。
探究心と、直感による閃きを大事にワクワクを書き留めている。

特集記事

LIT

コラム記事





Staff Recommend

PAGE TOP