IMG_0169-shusei

[Interview] FUKI – 恋愛の新教祖”FUKI”の素顔に迫る

今回は、ビクターエンタテインメントの新レーベルAndRecからデビューした、FUKIにインタビューを行った。彼女は「恋愛の新教祖」とSNSを中心に話題になっている。
とてもリラックスしたムードで、自身の考えをしっかりと語る彼女は、メジャーデビューがゴールではなく、ちゃんと今後について様々な事を見据えているように感じた。
また、「恋愛」というものをテーマに活動を続けているFUKIのビジョンには、もっと大きな括りでの「愛」や「人間」といったものが存在していると思った。
このインタビューを通して、アーティストFUKIを少しでも理解してもらいたいと願う。

邑田航平(Optimanotes編集長)

FUKI-With U Sub Asha02-web
5月25日にリリースされる新曲「With U」についてお伺いさせてください。本作を聴いて、FUKIさん節のストレートな恋愛ソングに仕上がっていると思いました。ただ、今まで聴かせて頂いた楽曲は、「恋愛」にすごくフォーカスをされていたと思うのですが、今回の曲は、「恋愛」というよりも何かもっと大きい括りの「愛」みたいなものがテーマになっているような感触を受けました。どんな想いで歌詞を書かれていたのか、お伺いしてよろしいでしょうか?

FUKI:今言って頂いたとおりで、恋愛や恋人に向けてだけでなく、もっと大きな「愛」について歌える曲にしようってEIGOさんと話して作りました。最初は、「お父さんとお母さんに向けて歌詞を書いてみて欲しい」と指示を出されて…。私は普段、家ではぶすーっとして反抗期っぽい感じなんで…(笑) 本当にあんまり喋らないし、「ありがとう」や「ごめんね」もなかなか言えないので、その気持ちをストレートに書いて出来上がった曲です。

今までに書いてきたFUKIさんの恋愛ソングは沢山あると思いますが、実体験も含まれているという事で良いんでしょうか?

FUKI:ほぼ実体験でしか私は書けないので、実際にあった事を曲にしています。なので、いつもノートとペンは持って歩いていますね。

ありがとうございます。今までの作品は、女性が男性に色々なパターンで依存する様な形での恋愛を描く事が多かったように感じていましたが、今回の作品に関しては、「涙を笑顔に変えてみせるから」や、「守れるようになるから」という歌詞に、男性と同目線もしくは女性が男性を支えてあげるよっていう暖かい感じの楽曲だなと、曲調も含めて思いました。そこら辺は意識されたんでしょうか?

FUKI:そうですね。これから夏になるので、私も歌いたかった明るい曲を目指してEIGOさんと2人で作りました。それに、ずっと暗い楽曲のイメージも嫌ですね…(笑)

ありがとうございます。次に音楽的な影響に関してお伺いしたいんですけれども、音楽を始めるきっかけみたいなものがあれば教えてください。

FUKI:私、安室奈美恵さんが大好きで!!憧れでした!小さい頃もSUPER MONKEY’Sの真似をしたりして。いつの日か、私も歌いたいな踊りたいな、という想いが強くなって本格的に音楽活動を始めました。

ちなみに踊りは今もやってらっしゃるんですか?

FUKI:今は歌一本で、ダンスはもうやっていないですね…。

ありがとうございます。音楽を始めた頃に影響を受けて聴いていたアーティストさんっていうのは、安室奈美恵さんが一番ですか?

FUKI:そうですね。憧れのアーティストさんでしたので。

実際にプロを目指し始めてから影響受けたなとか、意識していたなというアーティストさんっていらっしゃいますか?

FUKI:ダンスを始めてから洋楽を聴くようになったのでメロディーを作るときは、よく参考にしていましたね。どのアーティストが、というよりは、洋楽を曲作りの参考に、沢山聴いて作っていました。後はハナレグミさんが好きなので、とても影響を受けました。彼にしか出せない音楽性みたいなものに感化され、私もいつかそうなりたいなと。

ありがとうございます。今現在気になっているアーティストさんや、影響受けているなと感じるアーティストさんはいらっしゃいますか?

FUKI:やっぱりハナレグミさんですかね…?秦基博さんも。意外と影響を受けているアーティストは男性が多いんですよね。

ありがとうございます。次に楽曲の制作に関してお伺いしていきたいんですけれども、FUKIさんが楽曲を制作する際に、まず一番大切にしている事はなんでしょうか?

FUKI:嘘はつかない。気取らないでそのまま言葉に“わー”って。素直にありのままの自分の気持ちをまずは書くようにしてます。

ありがとうございます。メロディーの方は何かありますか?

FUKI:寝て、次の日起きても覚えてるやつ。私はボイスメモで録るんですけど、作って一回とりあえず寝るんですよ。(笑)寝て起きて覚えてたらそのまま残して、覚えてなかったらこれダメだと思ってすぐ消しちゃいます。

ありがとうございます。でもいつか日の目を見るかもしれないじゃないですか(笑)

FUKI:そうですね、確かに…!でも捨てます(笑)

ありがとうございます。次にですね、どういった時に楽曲とか、歌詞が浮かぶ事が多いでしょうか?

FUKI:病んだ時ですかね。落ち込んだ時の方が私はすごい歌詞が出てくるので。落ち込んだ気持ちを歌にして吐き出すというか。それで気持ちの整理をつけている自分がいるみたいで、高校生の時から嫌な事があったらすぐに歌詞に書いて、スッキリしてます(笑)

明るい楽曲を書きたい時も病んだ中から出てくるんですか?

FUKI:そうですね。病んだ時に“こういう時に自分は何を聴きたいかな?”と考えます。そして、“今は励まされたいからその気持ちを書こう!”とか思って書いています。

ありがとうございます。あとですねTwitterで、新世代の恋愛の教祖様って呼ばれてると思うんですけども、そういうムーブメントみたいなものが若い女性たちの間で流行っている現状について何か思うところはありますか?

FUKI:まだまだ信じられないですけど、そう言って頂ける方々が増えて、もっと私の曲が広まってほしいのと、是非ライブに来てほしいです。

実際に生で歌を聴きに来て欲しい?

FUKI:聴きに来て欲しいですね。

ありがとうございます。では、一旦音楽から離れさせて頂いて、幼少期はどんな少女でしたか?

FUKI:幼少期は、男っぽい感じでやんちゃでした。ケガめっちゃするし!みたいな。とにかく男っぽかったと思います。

今現在は、丸一日お休みの日ってどんな事をして過ごす事が多いでしょうか?

FUKI:家でボーっとするか、爆音でビールを飲みながら一人で居るっていうのが今はすごい幸せで。この間ちょうど1日何もない日があったんですけど、海に行ってボーっと日焼けしてました。何も考えないでいいというか。

頭空っぽにしてとにかく休んでるという。

FUKI:リラックスします、一番。

ありがとうございます。次に、今一番FUKIさんの中で旬なものや事、場所とかでもいいんですけれども、何でしょうか?

FUKI:結構いっぱいあるんですけど、食べ物だったらさけるチーズ。カレーもいいなぁ。さけるチーズはずーっと長い間ハマってて、カレーは、この間大阪にライブへ行った時にハマりました。大阪はカレーが有名ですよね!?それから色んなところでカレーを食べ歩くようになりました。

お気に入りのお店とかありましたか?

FUKI:大阪は、アメ村にあるとこがすごく美味しかったです。1泊2日しかしていないのに3回食べた(笑)まだ東京の方ではあんまり行けてないです。

カレーって連続で結構食べれますよね。

FUKI:食べられる!これから色々掘っていこうかなと。開拓していきたいなと思っています、カレーを。

ありがとうございます。次の質問は初めてインタビューさせて頂く皆さんにお伺いしています。FUKIさんを構成する要素みたいなものの中で一番重要だなと思う「3つの要素」を教えて頂いてよろしいですか?その3つの中のどれか1つでも欠けたら私じゃないって思ってしまうようなもの。まず1つ目は?

FUKI:「お母さん」

それは何故?

FUKI:ずーっと、私が小さい頃から、シンガーソングライターになりたくて。節目で就職の時期なども何も言わず応援してくれて。周りが就職してるのに私はずーっと夢を追っててみたいな。いつでもお母さんはずっと何も言わずに応援してくれていたし、どんなに小さいライブでも、どんなに人がいなくても、絶対仕事を早退して見に来てくれてたので、お母さんは欠かせないという事で「お母さん」。 

2つ目は「EIGOさん」。本当に今があるのはEIGOさんのおかげだと思ってるし、出会っていなかったら今ここに居れないと思う。EIGOさんに出会う前から、私はEIGOさんの事を知っていて大好きだったので、巡り会えたのもすごく嬉しかったですね。今は、悩んだら一番に相談するのがEIGOさんなので。恋愛のことでめっちゃ大泣きで電話したこともあります。(笑)なので「EIGOさん」。

3つ目は……「お肉」かなー。やっぱ食べないと元気出ないので。ライブ前も絶対おにぎり食べるし、お腹すいてなくても食べないと歌えない。制作する前も絶対食べるし、普段からめっちゃ食べるし!(笑)なので「お肉」ですね。

ありがとうございます。次に、今後の展望や野望についてという事で、近い将来の目標とするものと、遠い未来の目標教えて頂いてよろしいでしょうか?

FUKI:近い目標は、サマソニとか大きいフェスに出てみたいです。会場がいっぱいあるような野外フェスに出てみたい。あとは、自分のツアーライブとかしたいですね。
遠い未来の目標は、とりあえずずっと歌い続けていたいです。聴いてくれる方がそこにいる限り、愛のある歌をずっと歌って居れたらなーと思ってます。

今度の9月にフルアルバムが出ると発表がありましたが、そしたらアルバムのツアーとかありますよね?

FUKI:あるといいですね!!

ありがとうございます。ライブについてお伺いしたいんですが、普段のライブでステージに上がる前に何か意識している事などはありますでしょうか?

FUKI:楽しくやろうって事だけをとにかく意識しています。

核心に迫る感じだと思うんですけど、FUKIさんにとって恋愛とはどういう存在でしょうか?

FUKI:私にとっては、安らげる場所です。もちろん恋をしている時は、その人のために可愛くなろうとかもあるんですけど…痩せようとかお洒落していこうとか。でも基本的に長く付き合う事が多いので家族みたいになっていきます。ありのままを愛して欲しいし、ありのままを愛したいので、リラックスできて、飾らないで居れる安らげる場所かなと。

ちなみに安らげる場所という所で、特に恋愛をしていない時、自分1人で過ごしてる時って素じゃないですか? そんな時の安らぎよりも、恋愛をしていて安らげる場所があるっていう状況の方が好きという事ですか?

FUKI:そうですね、それは好きです。

ありがとうございます。私は結構ぼっちの時間が好きなので(笑)

FUKI:私も1人行動が好きなのでわかります。そうなんですね。

恋愛していてもぼっちの時間がないとダメだったり。

FUKI:それはそうですね。私も恋愛していても1人の時間は絶対必要です。ちょっとなんか矛盾してるかな…?

今後、色々な活動していくにあたり、FUKIさんに影響受ける方がどんどん出てくると思います。それはFUKIさんが安室さんに影響を受けたように、歌ってるのを観て、楽曲を聴いて、歌いたいなという影響を受ける方が現れてくると思いますが、そういう方たちに対して何かアドバイスを頂けますでしょうか?

FUKI:真面目に続ける事です(笑)自分と向き合って。

それは楽曲制作にしても、歌の練習にしても、とにかく真面目に取り組み続ける事。という事ですかね?

FUKI:ダメでもネバーギブアップで続けていればなんとかなるし、どこかで何かあると思うので。もしダメでも絶対無駄にはならないと思っています。

ありがとうございます。また作品の方に戻るんですけれども、今作「With U」を聴いてくださる方々への楽曲についてのメッセージをお願いしてもよろしいでしょうか?

FUKI:この曲を聴きながらほっこりとした気分で帰って、普段言えない気持ちや、「いつもありがとう」とかを大切な人に伝えて欲しいですね。人生限られた時間しかない中で、想いを伝える事はとても大事だと思うので。言葉にして伝えようって気持ちになってくれたら嬉しいです。

ちなみに今後もっとこういう歌を歌いたいなみたいなものっていうのは頭の中にあったりするんでしょうか?

FUKI:私のオリジナル曲はノリノリのものがあんまりなく、しっとり聴く感じが多いので、もっとアゲアゲな曲も歌ってみたいです。

ありがとうございます。先日渋谷チェルシーホテルのワンマンライブを見させて頂いた時に、ライブ終演後に物販コーナーでファンの方と触れ合っていましたが、直接ファンの方たちの声を生でダイレクトに聞いて触れ合う時間については、どうお考えでしょうか?

FUKI:そうですね、相手のメッセージを伝えてくれるのですごく嬉しかったです。「キミがスキ」の発売日に「わたしたち付き合って、ここに2人で来ました、はじめまして!」みたいな人とかもいて、えー!?みたいな。その人たちの人生の中に私が重要人物として居るって事だから。そう思うとすごい嬉しくて。

その方たちがこの先どんどん上手くいって結婚とかしたら、それこそ結婚式で流れるかもしれないですね。出会いの曲として。

FUKI:とても嬉しい事ですよね。そうやって伝えられて、知ってもらっているのは。身近にファンの方と直接話せる機会はあまりないので、こういった実体験を聞けると、本当に嬉しいです。

逆にどんどんアーティストとして大きくなっていって、何千何万という規模のライブになっていくと、サイン会も含めてファンと直接接する事は難しくなってくると思うので、今がチャンスですかね?直接ファンの方と触れ合えるという意味では。

FUKI:私がビックになった時に、今来てくれているファンの皆さんが自慢できるようなアーティストになりたいです。

直接ツーショット写真撮ったんだぞみたいな。

FUKI:そうですね。

ありがとうございます。では、最後に読者の方へ向けてメッセージを頂ければと思います。

FUKI:ぜひぜひ私の曲を聴いて、ライブで生の歌声を聴きに来てください!さっぱりすぎ?(笑)

いや、大丈夫ですよ(笑)とにかくライブに来て頂きたいというところですね。ありがとうございます。それでは、今回は以上になります。本日はありがとうございました。

FUKI:ありがとうございました。


[リリース情報]
2016年5月25日(水)
New Single「With U」(Digital Only)
FUKI - With U

「With U」(Music Video)

[ダウンロードリンク]
レコチョク
iTunes Store
mora

各配信サイトにてキャンペーン実施中

レコチョク「With U」ダウンロード特典公開!

「With U」をダウンロード頂いたお客様の中から抽選で下記が当たるキャンペーン実施中!
A賞:FUKIワンマンライブご招待 ×3組6名様(6/27 FUKI Premium Live「With U」 at 渋谷WWW)
B賞:FUKI直筆サイン入り! 「With U」オリジナルクリアファイル×15名
詳細はこちら

————————————

対象配信サイトで「With U」をダウンロードして頂いたお客さまに抽選で、
FUKI直筆サイン入り!「With U」オリジナルクリアファイルプレゼント!

詳細はこちら

————————————

「With U」をLINE BGMに設定して、Twitteに投稿!
LINE MUSIC無料チケット&FUKIオリジナルグッズを当てよう!

詳細はこちら

ライブ情報

『FUKI Premium Live “With U”』
日程:2016年6月27日(月)
開場:18:30 / 開演:19:30
会場:渋谷WWW(http://www-shibuya.jp/)
料金:オールスタンディング¥4,200 (税込 / 1drink / FUKIオリジナルPremium GOODS付)
チケット購入:<お名前(ふりがな)、携帯電話番号、予約枚数>をご明記の上、
チケット予約専用メールアドレスfuki_ticket@artimage.co.jpまでお送り下さい。
ライブ詳細

————————————

『音霊 OTODAMA SEA STUDIO “みんな集まれ!2016”』
日程:2016年7月2日(土)
開場:13:00 / 開演:14:00
会場:音霊 OTODAMA SEA STUDIO(神奈川県 鎌倉市由比ガ浜海岸 http://www.otodama-beach.com/)
料金:スタンディング前売 4,200円 /当日 ¥4,700 (税込 / 入場時 別途ドリンク代 500円) ※4歳以上チケット必要
一般発売日 6月1日(水)19:00〜
楽天チケット
チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:561-157) 
ローソンチケット  0570-084-003 (Lコード:76357) 
イープラス
出演(五十音順):クレイ勇輝/シクラメン/TEE/TOC/FUKI/PrizmaX/ベリーグッドマン OA:FlowBack 芸人:とにかく明るい安村
お問い合わせ:OTODAMA 運営事務局:03-6871-7685(平日 10:00-19:00 ※開催期間中 11:00-18:00)
HP

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP