Åö_R5_5942

[Live Report] GLIM SPANKY – 2016年7月9日 Velvet Theater 2016

この日のGLIM SPANKYのライブは、Velvet Theaterと名付けられた、幻想的な楽曲を中心に構成するコンセプトワンマンライブのvol.2だ。
ただでさえ、その唯一無二・絶対個性とでも言うべき楽曲でファンを魅了しているGLIM SPANKYが幻想的なコンセプトワンマンを行う。という事で、ライブが始まる前から期待が増すばかりだ。
当然ながらチケットはSold Out。ギュウギュウの観客が今か今かとライブの始まりを待っている。松尾と亀本の登場を待っている。

_3C_0567

ステージ奥の壁には「VELVET THEATER」と電飾が光っていて、会場の飾り付けや東京キネマ倶楽部の雰囲気も相まって、ライブ開始前からすでに幻想的な雰囲気が漂っている。

そして、会場が暗転すると割れんばかりの観客の歓声が上がる。いつものようにSteeleye SpanのGower WassailがSEとして流れる中、バックバンドのメンバーがステージへ登場。最後に松尾と亀本が登場すると、更に歓声が大きくなる。今日のステージもキーボードを入れた5人編成だ。

Åö_R5_6217

松尾へのスポットライトのみで、1曲目「ヴェルヴェットシアター」が弾き語りでスタート。途中から楽器隊が入ってくる。亀本の艶やかなギターが最高だ。ギターソロ前、一瞬BPMが上がりギターソロを印象的に響かせる。今日も亀本のゴールドトップのレスポールは最高の音を鳴らしている。

2曲目、正に幻想的という言葉が相応しい、松尾の語りから始まる新曲を披露。1曲の中で静と動が行き来する。素晴らしい楽曲だった!

Åö_R5_5675

ここで、松尾から「こんばんは、GLIM SPANKYです。」と一言。観客から歓声!そして、「MIDNIGHT CIRCUS」相変わらずイントロの亀本のギターが冴え渡る。
間奏前の歌詞「鳴り出すギター」から、亀本のギターソロへ。いつ聴いてもこの流れは痺れる。観客からも歓声が上がる!

続いて「焦燥」。松尾のリッケンの音も、今日も素晴らしい。弾き語りから、亀本の印象的なイントロ、そしてBPMが上がるサビ。最高に盛り上がる!
そして、ここまでで感じたのは、今日のステージはとても照明が凝っていて、本当に幻想的だという事。
真っ赤な照明の下で亀本がギターソロを弾く。いつもより本当に艶やかだ。彼はギターヒーローとしての素質をずっと備えていると思っているが、ライブを見る度、どんどんカッコ良くなってゆく。
続いての「踊りに行こうぜ」のイントロは勿論、バッキングでさえ輝いている。亀本は、間違いなく今この時代、純粋にギターヒーローと呼べるギタリストの1人だ!

_C5A4805

そして、ここまでで松尾の声の調子がとても良いと思った。いつもよりハスキーに会場中に響き渡る彼女の声は本当に力強くて鳥肌が立つ。
今日のライブ、凄い瞬間に出会っている気がした。

6曲目「grand port」。ポップな曲調の中に、しっかりとGLIM SPANKYの個性が埋め込まれている。松尾のボーカルと亀本のオブリが交差する。化学反応!
1度聴いたら忘れないサビ。カッコ良過ぎるだろ!!

ここで松尾がアコギに持ち替え、「NIGHT LAN DOT」。メロディと哲学的な歌詞が最高。楽曲に寄り添うような亀本のギターも素晴らしい。

Åö_R5_6352

続いてライブの定番「夜明けのフォーク」。いつ聴いても良い!そして「サンライズジャーニー」最高の流れ。
余談だが、松尾とリッケンは本当に似合っていると思う。ギターってやつは持つ人を選ぶと勝手に思っているのだが、松尾とリッケンは本当に相棒感が出ていて、見ていてニヤけてしまう。
勿論、亀本とゴールドトップのレスポールの組合せもだ。

_AA_0832

「サンライズジャーニー」が終わると同時にドラムソロが入り、亀本がレスポールからSGへギターを変更。SGの音も最高!真っ赤な照明の中「Gypsy」。
途中、ベースとギターの掛け合いがありカッコ良かった。ラスト、松尾と亀本が向き合いながらギターを弾く姿がとても印象的だった。

お次は、亀本のディレイとリバーブの効いたイントロのリフが印象的な「いざメキシコへ」。いやしかし、次から次へとカッコ良い楽曲を演奏してゆくものだ。GLIM SPANKYの成長は本当に計り知れない。
日本を代表するロックバンドへの道がちゃんと見えている気がする。

ここで、松尾から今日のVelvet Theaterの説明がなされる。今日はGLIM SPANKYのGLIM側、幻想的をテーマにライブをやっている。と。だから、新曲を沢山やっていこうと思う。と。
そして、スペシャルゲストにチェリストが呼ばれ「闇に目を凝らせば」。松尾のアカペラからチェロが入ってきた瞬間に鳥肌!そして、ドラム、他の楽器隊も入ってくると、感動的な演奏になった。
チェロが入る事で、さらに音圧が増し、サビでは思わず涙腺が緩む。良い曲。

MCにて、松尾自身が中学の時にバンドに憧れ、バンドを組む事になり、父親から「バンドやるならWoodStockのDVDを観ろ」と言われて観ていた事を話し、そんなWoodStockの風景を、アメリカの希望や夢に打ち破れて何か改革をしようと思っている若者たちの事を歌にしたという「ミュージック・フリーク」を演奏。まさにGLIM。幻想的そのもの。1960年代~2016年を繋ぐような楽曲。コード進行やアレンジも秀逸!最高だ!
楽曲の中で、キーボード→亀本とソロを披露。独特のコード感に溶け込むキーボードソロとギターソロ、両方とも素晴らしかった。

続いて、カントリーやロカビリーの影響を感じる、亀本のスライドギターとドラムのリズムが印象的な「WONDER ALONE」彼らの音楽の幅は本当に広い。
それを全てGLIM SPANKY節に消化してしまうのだから凄い。ただの焼き増しなんかは一つもない。
全てGLIM SPANKYというジャンルだと思う。

R5_6025

待ってました!「リアル鬼ごっこ」。イントロから客席からは手拍子。観客の熱も最高潮だ!間奏の度に歓声が上がる!亀本のギターソロの裏で「ウォイ!ウォイ!」と声が上がる!

ここでMCを挟み、松尾から「こんなコンセプトライブが出来て幸せです。」と素直な気持ちが飛び出した。
そして、「NIGHT LAN DOT」が出来た経緯や、今までに受けてきた音楽以外の様々な影響について語った。

そして、いつ聴いても大名曲だと思う「大人になったら」で本編終了。この曲は本当にいつどんな時に聴いても鳥肌が立つし涙腺が緩む。
松尾のボーカルも亀本のギターも他の演奏も全て心を鷲掴みにする。どうしたら、こんなに良い曲が書けるのかと思う。

メンバーがステージから去ると、すぐに観客からアンコールが始まる。当然だ!もっと観ていたい。もっと聴いていたい。それ程素晴らしいライブだった。

アンコールに応え、メンバーが再度ステージに登場すると、観客からはまたしても割れんばかりの歓声と拍手!

そして、アンコール1曲目は、7月20日に発売される2nd Album収録の「怒りをくれよ」。ご存知の通り、映画ONE PIECE FILM GOLDの主題歌だ!
この楽曲は、ONE PIECEの作者・尾田栄一郎氏からのリクエストで書き下ろしたという事だ。これは、本当に凄い事だと思う!

当たり前だが、初めてフルで聴いたがヤバイ!ヤバイ!めちゃくちゃカッコ良い!何この曲!
今後のGLIM SPANKYの代表曲の1曲になるんではないか。音源の発売が待ち遠しい!!

アンコール2曲目にして、本日最後の楽曲「ロルカ」。こちらもライブの定番曲だ。本当に今日のライブは最初から最後まで一瞬も気を抜けない程楽しかった。

Åö_3C_0473

発売前の2nd Albumからの新曲オンパレードという珍しいセットリストだったこの日、きっとファンも存分に楽しんだ事と思う。
更に、2nd Albumにも収録されない未発表曲も多数演奏され、本当にプレミアムなライブだった!

初めて聴く曲ばかりでも、楽曲の素晴らしさ、キャッチーさで、自然と楽しめてしまうのもGLIM SPANKYの素晴らしいところだし、凄いところだと思う。

7月20日に発売される2nd Album「Next One」がますます楽しみになった。間違いなく素晴らしい内容のアルバムだと確信するのに十分なライブの内容だった。

早くアルバムを聴きたいな。そして、聴き込んでまたライブが観たいな。そんな事をずっと思っていた。

彼らの快進撃は、まだまだ始まったばかりだ。
次のワンマンは新木場Studio Coast。これからどんどんキャパの大きな会場に移っていくのだろう。これからのGLIM SPANKYの動向も本当に目が離せない。と感じながら帰路についた。

————————————
2016年7月9日 東京キネマ倶楽部
GLIM SPANKY – Velvet Theater 2016

Photo credit by KAMIIISAKA HAJIME

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP