2

[Live Report] SHE’S – 2016年7月20日 【The Everglow 〜Chapter.1】

今日はSHE’SのMajor Debut Single「Morning Glow」のRELEASE TOURだ。対バン相手はcinema staff。チケットは当然のようにSOLD OUT、会場はギュウギュウ詰めの観客で溢れていた。

3
20160720-193902-IMG_0439
開演時間直前、すでに会場は物凄い熱気で溢れていた。そして、会場が暗転すると会場は大きな拍手で包まれた。
拍手の中、cinema staffのメンバーがステージに表れる。そしてライブがスタート。矢継ぎ早に2曲テンションの高い楽曲を演奏し、会場を盛り上げる。その後も緩急付けたセットリストで、会場をcinema staff色に染め、SHE’S登場前にしっかりと会場を温めてライブを終えた。

そして、いよいよSHE’Sの出番だ。
再度会場が暗転。SEの中メンバーが現れると会場からは待ってましたとばかりに、大きな拍手と歓声。
会場全体が、これから始まるライブへの期待感で埋まる。

20160720-203040-_MG_9125

そして、SEが止まり1曲目。
いきなり「Morning Glow」!!最初から全力か!本当にグッドメロディ!
続いて2曲目。イントロのピアノが綺麗で引き込まれる。1曲の中に静と動がしっかりと盛り込まれていて、感動すら呼ぶ。サビのコーラスも美しい。会場からは手拍子。2曲目にして、すでに会場の一体感が凄い。
3曲目、ボーカル井上の「もっともっと!もっともっと遠くまで行こう!」という掛け声と共にスタート。途中観客だけでシンガロングが起こる。鳥肌!ここまで3曲だけでも、SHE’Sがどれだけグッドメロディを書けるバンドかが分かる。
きっと、初めて観る人でもすぐにその楽曲に、その世界観に引き込まれるに違いない。

MCにて、今日来てくれた観客へ感謝を述べた。

20160720-202643-_MG_8789

続いて4曲目。幻想的なイントロから、ドラムの4つ打ちが入ってくると、途端にノリが良くなる。世界的なバンドColdplayを彷彿とさせるような世界観だと思う。
相変わらずメロディが素晴らしくサビを口ずさみたくなる。

20160720-202702-IMG_0711

5曲目、井上がピアノからアコギに変えて演奏。ギター服部のオブリが素晴らしい。少しカントリーっぽさを感じさせる哀愁漂う楽曲。
途中観客とのコール&レスポンスからギターソロ。ストラトのフロントっぽい音色が印象的で最高のギターソロ。

20160720-204703-IMG_1183
20160720-203914-_MG_9273

アコギから再度ピアノに戻り演奏開始。ベース広瀬とドラム木村のドッシリとしたリズムが印象的で爽やかな楽曲。途中ベースソロからギターソロの流れが良かった。

その後、MCにてボーカル井上からこの一週間であった出来事が語られた。カンボジアの子供についての話がなされたが、ここでは省こうと思う。とても深い話だった。
そして、演奏されたのは「幸せ」。
人の幸せは人が決めるものではない。そんな井上の気持ちが篭ったバラード。歌詞の素晴らしさ、ピアノの美しさ、楽器隊の敢えて抑えめで抑揚のある演奏。
本当に名バラードだと思う。
思わず涙腺が緩む。伸びやかな井上の歌声が胸に響く。

そして、間を開けずに8曲目。またしても感動的な楽曲。この流れはずるい。泣かされる。4身1体とでもいうべき、一体感のあるバンドの演奏が僕の琴線にこれでもかと触れてくる。
本当に良いバンドだ。

20160720-202241-_MG_8545

MCでメジャーデビューシングル「Morning Glow」について話し、「最後の曲に全て詰まってる気がします。」と語り演奏されたのはシングル「Morning Glow」の3曲目ラストを飾る「Time To Dive」。力強い井上の歌とピアノから始まるこの楽曲は、とても疾走感がある。「全てはここから変えてしまえるんだ。未完成でも高らかに歓声を」というメッセージが会場に響き渡る。

そして、本編が終了。同時に観客から大きな大きなアンコールが響いた。

アンコールに応え、「こっからや!最初からやるでー!やらんてっ!」と井上が1人でノリツッコミをしながら再度メンバーが登場。
そして、10月にセカンドシングル「Tonight」を発売する事がアナウンスされた!今から発売が楽しみだ!

1

そして、この日ラストの演奏が始まった。

「独りじゃないって 思えた時
いつだって君の声が 傍にいてくれたから
Curtain call will never end」

「ストーリーはずっと続いてくよ」

という歌詞が胸に突き刺さる。

井上が演奏中「音楽は俺たちの傍にある」と言ったのが印象的だった。
そして、マイクなしでラストのコーラスを歌い演奏が終わった。

この日のライブを観て、SHE’Sは本当に本当に素晴らしいバンドだと思った。もっともっと大きなステージで観たい。もっともっと大きなシンガロングが聴きたい。
SHE’Sはそんなスタジアム級のステージが似合うバンドだと思った。

今、これだけのグッドメロディを書けるバンドはほとんどいないと思う。彼らの今後の活躍を期待して、これからもずっと観ていきたいなと思った。

————————————
2016年7月20日 shibuya CLUB QUATTRO
SHE’S – The Everglow 〜Chapter.1

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

MIYAVI

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP