fuki

[先行Review] FUKI – ホンモノの恋、はじめませんか?

FUKI-honmono Asha-web

今日、ご紹介するのはOptimanotesでもインタビューなどを行ってきているFUKIのアルバム先行シングル「ホンモノの恋、はじめませんか?」だ。
インタビューを行った際は、前作の配信限定シングル「With U」発売のタイミングだった。

そもそも、FUKIがデビューしたのは、2015年10月に遡る。シングル「キミじゃなきゃ」でデビュー、12月には同じくシングル「キミがスキ -Winter Ver.-」を発表。その徹底した女子→男子への恋心を綴った歌詞が女子中高生のSNSで一気に話題となった。そして、気付けば「病みソンの女王」「恋の新教祖」といったキャッチフレーズで語られる程、FUKIは若い子を中心に恋愛のアイコンと化した。

FUKI – キミじゃなきゃ (Music Video)

FUKI – キミがスキ -Winter Ver.- (Lyric Video)

男性が歌詞を読んだら、少し重たいと正直思ってしまう程の女子の恋心を真っ直ぐに表現したこのシングル2作は、ある意味衝撃だった。ただ、若い女性から圧倒的な支持を得た事によって、FUKIの存在は完全に肯定されたと言っても過言ではないと思う。

FUKI-honmono Sub Asha 02-web

そして、年が明け2016年2月に初めてのパッケージ販売にて「キミへ ~LOVE SONG COLLECTION~」を発表。前述の2曲に加え、新たに「キミへ」「LOVE SONG」「カタオモイ」などが収録され「恋」をコンセプトに制作された。まさに、FUKIの恋に纏わるメッセージが詰め込まれた1枚に仕上がっていた。ちょうどこの頃、ライブレポートも掲載しているのだが、本当に恋愛一色に染まったライブだった。ある意味、ここまで徹底した姿勢の歌手は最近いなかったのではないか。そんな事を当時思った記憶がある。

FUKI – キミへ (Music Video)

FUKI – Concept Album「キミへ ~LOVE SONG COLLECTION~」(全曲ダイジェスト映像)

そして、ここから3か月後の5月にシングル「With U」を発表する。当時行ったインタビューからも分かるように、ここで彼女に変化が訪れる。勿論、恋愛がテーマになっている事には変わりない。そこは一切ブレない。ただ、今までのこれでもかと貫いてきた「キミ」というメッセージから、もっと大きな「愛」というものがテーマに変わってきていた。
彼女自身もその事を語っているので、是非インタビューも合わせて読んでいただきたい。

インタビューはコチラから。

「キミ」という対象者に向けて歌詞を書き続けたFUKIは、ここでもっともっと大きな「愛」「LOVE」について深く考える事になる。
そして、出た答えが「With U」という楽曲だ。この楽曲は本当に誰にでも当てはまるような、大きく包み込む愛がテーマになっている名曲だと思う。

FUKI – With U (Music Video)

FUKI-honmono Sub Asha 01-web-1

そして、そこから2か月強、待ちに待ったFUKIの新曲が届けられる。タイトルは「ホンモノの恋、はじめませんか?」。このタイトルを見ただけでも、FUKIが常に変化を遂げながら成長しているのが分かると思う。
再生と同時に「ホンモノの恋、はじめませんか?」という言葉から始まるこの楽曲は、大人になり毎日を忙しく過ごし、なかなか恋愛に目が向かず、臆病になってしまい、恋愛から遠ざかってしまっている女子に向けた応援歌のような楽曲だ。
誰でも、きっと共感する部分がある。そんなとてもリアルなFUKIの歌詞が印象的で、発売前にしてすでにInstagramやFacebookなどで話題になっている。女子目線で書かれてはいるのだが、きっと男性でも共感する部分があるはずだ。実際、僕も共感する歌詞に心を打たれた。
FUKIは、この1年で目まぐるしい程の勢いで成長を遂げている。初めは実体験による1人称の恋愛ソングを書いていた彼女が、今はもっと沢山の人に向けてメッセージを発している。この変化はとても大きく凄い事だと思う。

今恋愛をしている人も、まさに恋愛から遠ざかって臆病になってしまっている人も、みんなに聴いてもらいたい。そんな楽曲だ。
曲調は、夏にぴったりの爽やかな演奏とメロディに仕上がっており、しんみりする事も、暗くなる事もない。明るく応援してもらえる。後押ししてもらえる。そんな楽曲だと思う。

更に、この楽曲のMVには様々な「恋の格言」が隠されているので、是非観てもらいたいと思う。
きっと、この夏どんなシーンにも似合うような、みんなにとって素敵な思い出になる楽曲だと思う。配信開始は8月3日、もうすぐだ。

是非、配信日を楽しみにしてもらいたい。

FUKI – ホンモノの恋、はじめませんか?(Music Video -digest-)

そして、遂に9月21日(水)に発売されるFUK 1st Album「LOVE DIARY」も今から楽しみに待ってもらいたいと思う。そういう僕自身も発売が今から待ち遠しい1人だ。笑

FUKI-honmono-JAKE-web
ニューリリース情報:
2016年8月3日(水)
アルバム先行Single「ホンモノの恋、はじめませんか?」(Digital Only)※配信リンクは8/3より有効になります。

レコチョク
iTunes Store
mora

2016年9月21日(水)
1st Full Album「LOVE DIARY」
初回限定盤(CD13曲+DVD) VIZL-1047 /3,500円(税込)  3,241円(税抜) 
通常盤(CD13曲) VICL-64587 / 2,800円(税込) 2,593円(税抜)

恋がしたくなる歌声“FUKI”による、待望のフルアルバムが発売決定!!
「365日がラブソング」をテーマに、「LOVE」だけを詰めた期待の内容!!

<収録曲>
○ホンモノの恋、はじめませんか?
○With U
○キミじゃなきゃ
○キミがスキ
○キミへ
他、全12曲予定

<初回限定盤特典DVD収録内容>
○ホンモノの恋、はじめませんか?
○With U
○キミじゃなきゃ
○キミへ
MUSIC VIDEO

ライブ情報:
トレッサ横浜にて、FUKI 1st Full Album「LOVE DIARY」リリースイベント「ミニライブ&サイン会」を開催!!
日程:2016年8月6日(土)
時間:13:00~ / 15:30~ (2回公演)
会場:トレッサ横浜 北棟2F リヨン広場
※FUKI Concept Album「キミへ ~LOVE SONG COLLECTION~」をご購入頂いたお客様は、ミニライブ終了後、ジャケットサイン会&2ショット撮影会にご参加頂けます。
※さらに、9/21(水)発売の1st Full Album「LOVE DIARY」をご予約頂いたお客様は、オリジナルトートバッグサイン会&2ショット撮影会にご参加頂けます。

ZIP-FM主催!夏のスペシャルイベント『ZIP-FM SEASIDE STATION』に出演決定&公開生放送!!
日程:2016年8月8日(月)
公開生放送:14:00~17:00(※FUKI出演時間 16:15頃)
会場:常滑 りんくうビーチ 特設ステージ (名古屋常滑市)
HP


SMILE HEART BEAT from ZIP-FM SEASIDE STATION(14:00-17:00)
MUSIC NAVIGATOR / MISATO
LIVE GUESTS:FUKI / Leola

SPICY CHOCOLATE主催『渋谷レゲエ祭〜レゲエ歌謡祭2016〜』に出演決定!!
日程:2016年9月17日(土)
開場:14:30 / 開演:15:30
会場:新木場STUDIO COAST
チケット

FUKIプロフィール:
東京都出身。
幼少の頃からダンススクールに通う日々を過ごす。そこから次第にボーカリストへの想いを強く募らせ、10代半ばよりライブハウスやイベントなどで歌い始める。
2012年、シェネルや平井大などを手掛ける音楽プロデューサーのEIGOに見出され、本格的な楽曲制作を開始する。
2015年10月23日『キミじゃなきゃ』でメジャーデビュー。瞬く間にホームタウンである渋谷を中心に、歌詞をポエムのようにつぶやく「FUKI現象」が起こり、“恋がしたくなる歌声”としてSNSを中心に一躍話題になる。
2016年2月10日に、ラブソングだけを収録したConcept Album『キミへ ~LOVE SONG COLLECTION~』をリリース。iTunes Storeにて、J-POPチャート2位を獲得。
天性のラブソングヴォイスと絶対的なメロディー&リリックセンスを兼ね備えた、今一番注目すべきシンガーソングライターである。

関連リンク:
公式HP
公式Twitter
公式Instagram
公式LINE BLOG

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事





Staff Recommend

PAGE TOP