ササノマリイA写

ササノマリイ新曲 TVアニメ「夏目友人帳 伍」 OPテーマに決定

夏目友人帳伍キービジュアル_完成 (1)小サイズ-1

ササノマリイ新曲「タカラバコ」が 10月から放送されるTVアニメ「夏目友人帳 伍」 OPテーマとなることが発表された。
9月7日に発売するEP「M(OTHER)」をリリースするササノマリイ、自身の楽曲がアニメのテーマソングになることは初となる。
この楽曲のリリースに関しては後日発表される予定となる。

9月7日にリリースするEP「M(OTHER)」には、ササノマリイがリクペクトする不朽の名作、テレビゲーム MOTHERをオマージュした表題曲「M(OTHER)」に加え、ササノマリイが”ぼくのりりっくのぼうよみ”に提供した「CITI」のトラックを 自ら新たな歌詞とメロディーを制作し再構築した楽曲「Re:verb」など5曲が収録されている。

<ササノマリイ コメント>
アニメ「夏目友人帳」五期、待ってました。ありがとうございます。夏目友人帳のアニメは一期から見させて頂いてる大好きな大切な作品で、オープニングテーマを担当させて頂けたこと、信じられないほど嬉しいです。
僕なりのこの作品への思いを曲にしてみました。
作品を邪魔しないように、夏目友人帳が好きな人に届けることができたら、しあわせです。
なにとぞ。

【夏目友人帳】
本作は、月刊LaLa(毎月24日発売/発行:白泉社)で好評連載中の『夏目友人帳』(著者:緑川ゆき/発行:白泉社)を原作とする、アニメ「夏目友人帳」シリーズ。2008年7月に第一期となる「夏目友人帳」が放送され、以降四期に渡り放送し、回を重ねるごとに幅広い層のファンを獲得してきました。2016年10月、約4年ぶりのTVシリーズ第五期「夏目友人帳 伍」が放送開始、テレビ東京他にて、2016年10月4日(火)に放送スタートとなります。

■テレビ東京・・・10月4日(火)深夜1時35分~
■テレビ大阪・・・10月4日(火)深夜1時35分~
■テレビ愛知・・・10月4日(火)深夜3時05分~
■テレビせとうち・10月4日(火)深夜1時40分~
■テレビ北海道・・10月4日(火)深夜1時35分~
■TVQ九州放送・・ 10月4日(火)深夜2時35分~

「M(OTHER)」 MV

MOTHERジャケ写
<リリース情報>
ササノマリイ
2016.9.7 Release 「M(OTHER)」 ¥1,500 (tax out)
1.M(OTHER)
2.Re:verb
3.COFFEE
4.I MISS YOU
5.戯言スピーカー (in synonym)

購入リンク:
amazon
タワーレコード
iTunes store

<ライブ情報>
9/12(月)
「Now New Waves」
会場:Shibuya duo MUSIC EXCHANGE 
(東京都渋谷区道玄坂2-14-8 O-EASTビル1F)
http://www.duomusicexchange.com/
開場/開演:open 18:30 / start 19:00
料金:adv.¥2500/door.¥3000(ともに+1D)

<出演>
・ササノマリイ
・大比良 瑞希
・ロザリーナ
and more…

<profile>
エレクトロニカを基調としてロック、ポップス、クラブサウンドなどを独自に昇華したサウンドと、温かいメロディーの中に辛辣な言葉を載せたリリックで数々の楽曲を発表。「ねこぼーろ」名義でネット上に発表した楽曲「戯言スピーカー」は、女性ラッパー DAOKO や高校生ラッパーとして話題の ぼくのりりっくのぼうよみなどにカバーされネットを中心に支持を集める。2014 年にリリースした 1st EP「シノニムとヒポクリト」 では、収録曲「戯言スピーカー」のミュージックビデオが 100 個のマッチ箱を使ったストップモーションによるアニメーションと、本人もロトスコープにより出演し話題となりロングセールスに。2015 年には、2nd EP 「おばけとおもちゃ箱」をリリース。
紙人形やソーマトロープを駆使したアナログな中の抜群の表現力を持った 「共感覚おばけ」のミュージックビデオは動画サイト vimeo の staff picks、アヌシー国際アニメーション映画祭 2016 委託作品部門 ( フランス )、Anifilm(チェコ)、GoldenKuker-Sofia( ブルガリア ) など数々の映像、アニメーション festival にて入賞している。

関連リンク:
official web
facebook
twitter

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事





Staff Recommend

PAGE TOP