kc018

国内外より高く評価されている音楽家Tomotsugu Nakamura待望の3rdアルバム「An Opened Book In The Dark」ついに10/12発表!!

kc018

2013年のデビュー以降、リスナーのみならず国内外のアーティストからも高い評価を得てきたサウンドアーティストTomotsugu Nakamura、前作から約2年ぶりとなる待望の3rdアルバム「An Opened Book In The Dark」を発表する!
原点回帰と進化を同時にテーマとして掲げた今作は、持ち味である多数の楽器音や自然音が 絡み合う暖かく清んだサウンドと、これまで追求してきたエレクトロニックな側面をミックスし、独自の世界観を確固たるものとした秀作。

レーベルサイトでは10/5先行販売の予約がスタートしている。
https://naturebliss.bandcamp.com/album/an-opened-book-in-the-dark

また3rd Album「An Opened Book In The Dark」より”ripples”が公開されている。

「暗闇で開いた本」はさまざまなものの暗喩です。読むこ とのできない本はどのようにも想像できる物語。リスナー の思い描く物語のサウンドトラックになればと思っていま す。音作りの原点回帰をしつつ進化を遂げたいという思い から生まれました。
― Tomotsugu Nakamura

images
Tomotsugu Nakamura (トモツグ・ナカムラ)https://tomotsugu.tumblr.com/
多彩な媒体のアートディクション経験を経て 2006 年頃より音楽制作を始める。自ら演奏した楽器やフィー ルドレコーディングを同時にプロセッシングする手法を中心に形成された独自のサウンドは、ROOM40 の Lawrence English や Nils Frahm をはじめ様々なアーティストから支持を受けている。対外的なデビュ ーライブとして、Ametsub なども出演する Bvbud の初来日公演に出演し、以降ギャラリースペースなどを 中心に、Stephan Mathieu + Taylor Deupree + Federico Durand Japan tour にも参加するな ど精力的にライブを行う。2013 年にデビューアルバムを、翌年には 2nd アルバムを邂逅からリリース。ソロ での活動の他、これまでにAudiobulb、White Paddy Moutainなどから国内外のアーティストとのコラボレーションアルバムもリリースしている。

彼の作品は息をのむようなディテール、魅力的な旅路へ連れていくような入 り組んだオーディオのパターンを連想させる。美しく、繊細で、それは沈想 の、反照と再生の音楽へと昇華させている。 ― David Newman (Autistici)

発売日: 2016/10/12 (水)
品番:kc018
アーティスト: Tomotsugu Nakamura
タイトル:
An Opened Book In The Dark
仕様:CD
価格:¥2,000 (税抜)
レーベル:邂逅

34423

34423電子音楽家

投稿者の過去記事

容姿と相対する硬派なサウンドと鮮烈なヴィジュアルイメージで注目を集め、2013年初の世界デビュー盤"Tough and Tender"(邂逅)をリリースし話題をさらった。その後も都内の大型フェスなど勢力的に活動を重ね、今年2月待望の2ndアルバム”Masquerade”(邂逅)をリリース。また、鈴木光司原作 福田陽平監督のホラー映画「アイズ」、田中佑和監督長編映画「青春群青色の夏」などをはじめ様々な映画の劇伴をつとめている。
ライターとしては、感覚的な独自の観点から“好きなもの”を柔らかく芯のある言葉で伝えている。
探究心と、直感による閃きを大事にワクワクを書き留めている。

特集記事

LIT

コラム記事





Staff Recommend

PAGE TOP