2

[Live Report] Assassination – 2016年9月10日 at 新宿JAM

3

この日は先日Optimanotesで中島宏士との対談記事を掲載したふうらいぼ氏(市場智樹)のバンドAssassinationのライブを観に行った。
まだライブ活動が2回目だったという事もあり、率直な感想を述べるならば、未完ながら恐ろしい可能性を秘めたバンド。と言ったところだろうか。まだバンドとしてのまとまりがない部分ももちろんあるのだが、元の楽曲の良さ、Gt&Vo市場の声の良さ、そしてたまにゾクっとさせるバンドアンサンブルが随所に見え隠れし、「このバンドは化ける!」と思わせるには十分な演奏だったと思う。

現在3ピースバンドとして活動しているAssassinationだが、SEの中ステージに1人ずつメンバーが現れ深々とお辞儀をしてそれぞれの配置についた。最後市場が登場し、ギターを持った瞬間から、ステージの空気が変わったように思う。
そして1曲目、ふうらいぼ名義にてニコニコ動画にボカロ楽曲としても公開している「JACK KNIFE」からスタート。鋭利なギターのカッティングのイントロが印象的な楽曲だ。当たり前だが、ニコニコ動画に上がっているバージョンとは全く違う。生の市場の声、影山の力強くも繊細なドラミング、堀の唸るベース、とにかく肉体的な演奏に変わっている。
ギターソロ後、演奏がギターとベースだけになった上に乗る市場のVoが素晴らしかった。

2曲目、間髪開けずに「in secret」、凛として時雨あたりを彷彿とさせるアルペジオから始まるこの楽曲も、ドラムインと同時に一気に攻撃的に弾ける。Vo前ドラムの4つ打ちが印象的だ。この楽曲はとにかく歌詞とメロディが素晴らしい。すっかり歌に引き込まれてしまった。間奏のギターフレーズが最高だ。全体的に言える事なのだが、バンドのキメパートがカッコ良い。静と動を何度も行き来するが、忙しなさをなぜか感じさせない不思議な楽曲だと思う。

5
続けて「cynicism journey」、この楽曲もファンクを思わせるギターのカッティングから始まる。3ピースという事ももちろんあると思うのだが、市場のカッティングギターはライブを通して印象的だった。サビで全楽器が総攻撃を仕掛けてくるような楽曲。影山のドラムが特に印象的だ。

ここで、MCが入りバンド紹介があった。2回目のライブなのでバンド名含め丁寧なMCだったと思う。市場の人間性が良く出ているな。と思った。

MC明け、1曲目「パラノイア」文句無しにカッコ良い楽曲。ニコニコ動画で楽曲を聴いた事ある方なら分かるだろうが、兎に角楽曲の良さが凄い。イントロのギターから鳥肌モノに良い。この楽曲も歌詞がとても印象的な楽曲だ。この日演奏された楽曲の中で一番良かったと思う。バンドアレンジも含め、一番聴きごたえがあった。どこか切なさを纏ったメロディラインと歌詞、そして最高にカッコ良いイントロ。文句無し。

1
5曲目「Intense Barrage」この楽曲も、市場のカッティングから始まる楽曲。イントロで堀のベースが唸りを上げ鳴り響いていた。堀のベースはどの楽曲でも全体的にルートをただ追うようなアレンジではなく、兎に角動く動く。3ピースという特性もあるのだが、ベースがかなりオブリのようなフレーズを差し込んでくる印象があった。BPMの早いこの楽曲は一言で言うならば「攻め」の楽曲だと思った。
終始全力で攻めてくる。というイメージの楽曲。

4
そして、この日のラスト、ニコニコ動画にふうらいぼ氏が上げた最新楽曲「the land of demise」。ニコニコ動画上のコメントでも、絶賛されているロック調の楽曲だ。この楽曲は、イントロのカッティングからクリーントーンでのギターフレーズ、そしてそこに絡んでくるベースが素晴らしい。そして、そこに乗るメロディが素晴らしい。難しいギターフレーズを弾きながら歌う市場に関心した。そして、他の楽曲とは違い楽曲が進むにつれ、より聴かせるアレンジが施されている。そのギャップがまた良い。
サビで一気に開ける演奏とメロディが心地良い。そして、アウトロ。イントロのクリーントーンの印象的なギターフレーズが歪んで演奏され、ラストクリーントーンに戻るあたり、憎い音作りだな。と感じた。

Assassinationは、まだ始まったばかりのバンドだ。勿論未完成な部分も沢山あった。ただ、そこも含めこれからどれだけカッコ良くなっていくのだろうか。という期待感を感じずにはいられない演奏だった。また、これからが楽しみなバンドが増えたな。と思う。
きっと、少しずつ形を変えAssassinationの個性がどんどん出ていくのではないだろうか。

ニコニコ動画でふうらいぼ氏の楽曲を聴いているファンの方々や、新しいカッコ良いバンドを聴きたい人は是非ふうらいぼ氏のTwitterをフォローして、ライブ情報を心待ちにしてもらいたいと思う。

ライブを観た帰り道、何故かとても爽快な気分になった。きっと、将来性をとても感じる良いバンドのライブを観たからだろう。
Assassination、これからが大注目なバンドだと思う。

【セットリスト】
1, JACK KNIFE
2, in secret
3, cynicism journey
4, パラノイア
5, Intense Barrage
6, the land of demise

【ふうらいぼ氏(市場智樹)Twitter】
@foolaiboo

【ふうらいぼ氏(市場智樹)ニコニコ動画】

————————————
2016年9月10日 新宿JAM
Assassination – Live at 新宿JAM

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP