illion_WPCL_12431

野田洋次郎(RADWIMPS)のソロプロジェクト、illionの最新ライブ映像が3週連続で公開!

%e6%98%a0%e5%83%8f%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3_2
%e6%98%a0%e5%83%8f%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3_1
%e6%98%a0%e5%83%8f%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3_3

超満員となった初のJAPAN TOURより、東京公演の希少なパフォーマンス映像をお届け!

野田洋次郎(RADWIMPS)のソロプロジェクト、illion(イリオン)の最新ライブ映像が3週連続公開!今年7月に行われた、illion初のJAPAN TOURより満員御礼となった東京公演の希少なパフォーマンスが映像美とともに甦る!
先立って公開された「Hilight feat.5lack(Short Ver.)」に続き、本日第二弾として、前作『UBU』より「PLANETARIAN」を公開!

YouTubeリンク

また、第三弾として、来週23日(金)正午に、10/12発売のニューアルバム『P.Y.L』収録の新曲「85」が同じくillionのオフィシャルYouTubeチャンネルにて公開される。「85」は音源自体も初公開となるので、是非ご覧ください。

illion オフィシャルYouTubeチャンネル

%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3
さらに、10/12発売のニューアルバム『P.Y.L』のCDショップ先着購入者特典「アートポスター」のデザインも本日発表された。初回限定盤に付属するアートブックを手掛けたJaeHoon Choiの書き下ろしによる貴重なデザインとなっている。TOWER RECORDS、TSUTAYA RECORDS、ローソンHMV、上記以外のCDショップにて、それぞれ4種類のオリジナルカラーで制作されている。
ニューアルバム『P.Y.L』のiTunesプレオーダーならびに、先日公開された新曲「Hilight feat.5lack (Extended Version)」も好評配信中!こちらも是非チェックしよう!

◎アルバム『P.Y.L』
iTunes(プレオーダー)

シングル「Hilight feat.5lack (Extended Version)」
レコチョク

※iTunes Store は米国及びその他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iTunes Storeでは、一曲単位で購入した楽曲が含まれるアルバムを、差額分で購入できる「コンプリート・マイ・アルバム」サービスを利用できます。購入済みの曲が含まれるアルバムをダウンロードする時に、先に入手(購入)していた楽曲分を安く購入ことができますが、配信シングル「Hilight feat.5lack (Extended Version)」は、アルバム収録曲「Hilight feat.5lack」とは内容が異なる楽曲の為(これら2曲はヴァージョンが異なる楽曲であるため)、「コンプリート・マイ・アルバム」の適用対象外となりますのでご注意ください。

ニューアルバム『P.Y.L』は、いよいよ10/12に発売!
今後の動向にもご注目ください!

illion オフィシャルHP
illion オフィシャルTwitter
illion オフィシャルFacebook
illion オフィシャルYouTube

【new release】
illion
new album “P.Y.L”
2016.10.12 on sale

初回限定盤(CD+DVD+アートブック)WPZL-31220/1 ¥3,500(税抜)
*初回限定盤特典
・アートブック付スペシャルパッケージ仕様
・2013 年にロンドンで行われた初ライブの映像6曲
+2016年の東京公演1曲
+Music Clip4曲
+メイキング1曲が収録されたDVD付

通常盤(CD)WPCL-12431 ¥2,500(税抜)

歌詞・対訳付
ボーナストラック「BRAIN DRAIN [Linn Mori Remix]」収録
WARNER MUSIC JAPAN

■CD 収録楽曲
1. Miracle
2. Told U So
3. Hilight feat.5lack
4. Water lily
5. 85
6. P.Y.L
7. Dream Play Sick
8. Wander Lust
9. Strobo
10. Ace
11. BRAIN DRAIN [Linn Mori Remix] *bonus track

■DVD 収録内容 * 初回限定盤のみ
[Live show at London, O2 Shepherd’s Bush Empire 2013]
1. BEEHIVE
2. LYNCH
3. γ
4. MAHOROBA
5. BRAIN DRAIN
6. GASSHOW

[Live show at Tokyo, STUDIO COAST 2016]
1. Water lily

[Music clip]
BRAIN DRAIN [Performed in Abbey Road Studios]
MAHOROBA
BEEHIVE
Water lily
MAHOROBA [Music clip making]

[CD購入者特典情報]
アルバム「P.Y.L」をご予約・ご購入頂きますと先着特典として、ジャケットのアートブックを手掛けたJaeHoon Choiの書き下ろしの貴重なアートポスターを差し上げます。

●TOWER RECORDS
●TSUTAYA RECORDS(※一部の店舗を除く。オンラインは予約のみ。)
●Loppi・HMV
●上記以外のCDショップ

※特典は数に限りがあり、なくなり次第配布終了となります。
※一部対象外の店舗もありますので、特典の有無に関しては直接各店にお問い合わせください。
※7/25(月) 新木場スタジオコースト会場にてご予約頂きました方には「TOWER RECORDS」、
7/27(水)Zepp Namba会場にてご予約頂きました方には「Loppi・HMV」のアートポスターをお付けいたします。
※アートポスターはそれぞれ4種類のオリジナルカラーで制作したものとなります。絵柄は後日公開予定です

12”VINYL

HRLP047/48 ¥4,500( 税抜 ) 180g 重量盤2枚組
ボーナストラック「BRAIN DRAIN [Linn Mori Remix]」収録
歌詞・対訳付
アナログジャケットサイズアートポスター付
発売元:(株) ワーナーミュージック・ジャパン
販売元:(株) ローソンHMVエンタテイメント

side-A
1. Miracle
2. Told U So
3. Hilight feat.5lack
side-B
1. Water lily
2. 85
side-C
1. P.Y.L
2. Dream Play Sick
3. Wander Lust
side-D
1. Strobo
2. Ace
3. BRAIN DRAIN [Linn Mori Remix]*bonus track

7”VINYL

“Hilight feat.5lack”
2016.9.28 on sale
HR7S029 ¥1,500[税抜]
発売元:(株) ワーナーミュージック・ジャパン
販売元:(株) ローソンHMVエンタテイメント

side-A Hilight feat.5lack
side-B Hilight feat.5lack (Instrumental)

——————————————————————————————-
illion
digital single『Water lily』
now on sale

(※iTunes は、米国およびその他の国で登録されている Apple Inc. の商標です。)
iTunes Store
レコチョク

——————————————————————————————-
■illion profile

野田洋次郎(RADWIMPS)によるソロ・プロジェクト。
2013年2月に1stアルバム「UBU」を発表。このアルバムはワーナーブラザーズレコードから発売され、UK、アイルランドを皮切りに、日本、フランス、ドイツ、オーストリア、スイス、ポーランド、台湾で順次発売された。

持ち前のポピュラリティはそのままに、より前衛的でフロア向けの楽曲が並び、また海外での活動を視野に入れ多くの楽曲が英語詞で構成されており、海外のオーディエンスにも大きな支持を得ている。
同年3月にはそのアルバムリリースに合わせてロンドン、ハンブルグで初ライブを実施した。
日本国内でのライブは実現されておらず待ち望まれていた中、今夏Fuji Rock Festival ’16に出演し、そして東京、大阪でのライブが開催され大盛況の内に幕を降ろした。

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事





Staff Recommend

PAGE TOP