yamakatsu_vol9

山口活性学園のロコドリズム Vol.9 – 常岡もい

UMU AWARD。

それは日本各地にいるたくさんの
ご当地アイドルの中でのNo.1を決めるアイドル同士が真っ向勝負で挑む大会。

私達、山口活性学園は

2012年。まだ結成して1年経った頃にこのUMU AWARDにエントリーしました。

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91

その頃のthe ローカルアイドル!という感じでした。

よくAKBの真似事だと言われたりしてましたね(笑)

他のアイドルさんの実力も知らず自分達の実力も分かってない状況で
ただメンバーみんなが負けん気が強かったのは昔から変わっておらず
根拠のない自信だけはありました。
なぜか優勝出来る気持ちでいたように思います。

しかし結果は優勝には届きませんでした。

そんな中、ファンの方と一致団結して
頑張れたことはすごく嬉しくて
悔しさと感謝の気持ちがいっぱいで
パフォーマンスが終わり、ステージから降りた瞬間にメンバーみんなで泣きました。

結果が発表され、ファンのみんなの前に行った時にも泣きました。

ファンのみんながたくさんたくさん頑張って応援してくれたのに、その気持ちに応えられなかった自分達の力の無さが悔しくて悔しくて…。

あれから4年。

私達は今年開催される
UMU AWARD 2016に再びエントリーすることを決めました。

なぜ今になってエントリーするのか?

2012年の頃は、まだ遠征やアイドルの大きいイベントにも呼ばれる事はなかったけど、

UMUがあってからその後は
対バンイベントや大きいイベントなど
県外でライブする機会がどんどん増えて

メジャーアイドルを含め実力のあるアイドルさんともたくさん対バンさせていただきました。

その中で自分達がどうやって他のアイドルグループよりも良いライブをするか?と考えさせられる機会も増え、

MCなしのノンストップライブや
メドレーなど、

普通のアイドル からパフォーマンス重視のスタイルに切り替え
がむしゃらにやってきました。

今では、先日開催された@JAM×ナタリーEXPOで披露したような、高速ライブや、たまにやるシークレットセトリでもライブが出来るようになりました。

4年目の初詣イベントの最後の
挨拶では、

私は

『最強のロコドルになりたい!』ということを宣言しました。

事実、どうやったらそれに近づけるのか正直、私には分からなかったんですが、

あるワスレモノに1つ気づきました。

それがUMU AWARDで優勝し『日本一のローカルアイドル』という称号を獲る事です。

最強のアイドルを目指すには

日本一という称号は当然手に入れておかないといけないと思いました。

あの日。あの時。

流した悔し涙を

今年は

嬉し涙に変えれるように

今回こそは必ず!

優勝目指して頑張ります!!!

9月17日 無事にUMUの中四国予選を
突破し、11月27日の決勝大会の
切符を手に入れることが出来ました!

会場に応援に駆けつけてくれたファンの人達のものすごい一体感のある声援。

勝負に絶対はなく、あの時のUMUの名前を呼ばれなかったら…という不安。

そして名前を呼ばれる嬉しさを再び経験出来ました。

%e5%86%99%e7%9c%9f2

決勝大会まで約2ヶ月あります。

各エリアを勝ち抜いた強豪アイドルさんと東京で決戦です。

どこのアイドルさんも必死で練習してくると思います。

私達はそれ以上に練習して臨みます!!

どうかみなさん私達の

応援よろしくお願いします!

関連リンク:
http://umuaward.com

常岡 もい

常岡 もいアイドル

投稿者の過去記事

山口活性学園の自称サブリーダー。自称アイドル研究家。裏表のない性格で、メンバーから相談役として慕われている。地元情報番組のリポーターなども行う。

特集記事

LIT

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP