alex2016%e7%a7%8bal-a%e5%86%99

発売問い合わせが殺到した、[Alexandros]全編英詞のあのCM曲「Feel like」のMVが遂に解禁! アルバム発売に先駆け10/5よりデジタル配信もスタート!

alex2016%e7%a7%8bal-a%e5%86%99

[Alexandros]の11月9日発売の6枚目となるオリジナルアルバム「EXIST!」に収録される楽曲「Feel like」のMVが解禁された。
「Feel like」は今年の4月末にファッションブランド「GLOBAL WORK(グローバルワーク)」のTVCMソングの為に書き下ろされたもので、『FEEL IT』をテーマに都会の景色と豊かな自然を背景に幸せな想像に浸る男女をファッションを通じて描いたショートムービーのようなCMとなっており、CMで流れる[Alexandros]の「Feel like」が映像にマッチしていることで、SNSで「[Alexandros]の曲がカッコよすぎる」「映像にぴったり!」「曲名が知りたい」「フルで聴きたい!」等、楽曲に関するコメントが数多く寄せられ、所属レコード会社にも「CD化の予定は無いのか?」等の問合せが殺到していた。現在は秋冬バージョンのCMが絶賛放送されている。

「Feel like」MVのコンセプトは、楽曲のイメージに合わせたオシャレでポップなHaapy感。
クールなイメージの[Alexandros]が金髪ダンサーと共演。 [Alexandros]が同じ空間でダンサーとMV共演するのは初とのこと。(※別撮りでのMVは「Girl A」などあり)
楽曲のオシャレ・カラフル・ポップなイメージで制作された今回のMVは、真っ白な空間でクールに演奏する[Alexandros]のメンバーの周りを、楽曲に合わせ独特な振付で踊る金髪ダンサーがポップアイコン的な役割を果たしており、歌詞でも歌われている赤、青、緑、黄、銀などのカラフル感がフルーツを使って表現されている。最後夢から覚める川上洋平(Vo.&Gt.)のシーンですべてが川上の夢の中の世界だったことが判明するというストーリーとなっている。
一見キュートなMVに見せかけつつ、フルーツが生々しく握りつぶされるシーンが際どく入っており、様々なジャンルを常に楽曲に取り入れている[Alexandros]的な一筋縄では終わらせない隠しスパイスがピリっと効いた作品となっている。
この「Feel like」MVはYouTubeの[Alexandros]Channelでも、全編観ることができるので、是非チェックしていただきたい。 

[Alexandros] – Feel like (MV)

また、今回アルバム発売に先駆けて10/5(水)AM0時~デジタル配信もスタートされる。

[Alexandros]はアルバム発売後、11月16日に行う横浜アリーナ(チケットは完売)を皮切りに、来年4月末まで、アジアでの公演含む全国ツアーも決定している。

feel-like-m-v%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc

=商品情報=
6th ALBUM「EXIST!」
発売日:11/9(水)
【初回限定盤A】(CD+DVD)UPCH-7204 ¥5800+税
 特典DVD内容:6月に行われたLIVE「Premium V.I.P. Party 大阪城ホール」の模様を、約90分20曲以上収録予定。
【初回限定盤B】(CD+DVD)UPCH-7205 ¥3900+税
特典DVD内容:前作アルバム「ALXD」と今作アルバム「EXIST!」から厳選したMusic Videoを
5曲以上収録予定。
【通常盤】(CDのみ)UPCH-2098 ¥3000+税
【アナログ盤】※発売日:12/7(水)
完全受注生産限定(2枚組予定) UPJH-9019/20  ¥4000+税
店頭・オンラインショップ 予約締切:10月10日(月)
※締切日以降、取扱いに関しましては各店舗でご確認の程お願いいたします。
■アルバム収録予定曲 
「Girl A」 関西テレビ・フジテレビ系全国ネット火曜22時連続ドラマ「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」オープニング曲
「NEW WALL」 アプリゲーム「テイルズ オブ ザ レイズ」テーマソング
「I want u to love me」 MBS・TBS 深夜ドラマ「女くどき飯 Season2」主題歌、NEC 「LAVIE」 TV-CM ソング、
KKBOX TV-CMソング
「Swan」 関西テレビ・フジテレビ系全国ネット火曜 22 時連続 ドラマ 「ON異常犯罪捜査官・藤堂 比奈子」主題歌
「Nawe, Nawe」 映画「ターザン:REBORN」日本版主題歌
「Feel like」 カジュアルブランド『GLOBAL WORK(グローバルワーク)』TVCM曲    
「今まで君が泣いた分取り戻そう」映画「きょうのキラ君」主題歌(2017年2月25日公開)             他
=デジタル配信=
10/5(水)AM0時~「Feel like」 iTunes、レコチョク、その他配信サイトにて先行デジタル配信スタート!
(カジュアルブランド『GLOBAL WORK(グローバルワーク)』TVCM曲)
iTunes
レコチョク

■ツアー日程
[Alexandros] Tour 2016〜2017 〜We Come In Peace〜

2016年
11.16(水) 横浜アリーナ
11.22(火) 京都 KBS ホール
11.23(水祝) 京都 KBS ホール
12.05(月)・06(火) Zepp Tokyo
12.10(土)・11(日) 高松 festhalle
12.17(土)・18(日) 新潟 LOTS

2017年
1.7(土)・8(日) 広島 BLUE LIVE
1.14(土)・15(日) 仙台 PIT
1.21(土)・22(日) 金沢 EIGHT HALL
1.26(木)・.27(金) Zepp Nagoya
2.03(金)・04(土) Zepp Sapporo
2.11(土祝)・12(日) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
2.17(金)・18(土) Zepp Osaka Bayside
3.04(土) 福岡国際センター
3.11(土)・12(日) 沖縄 ナムラホール
3.25(土) 香港 Music Zone@E-Max
4.01(土) 韓国 sangsangmadang
4.08(土) 台北 Legacy
04.09(日) 高雄 LIVE WAREHOUSE
04.22(土)・23(日) 幕張メッセ国際展示場 9-11 ホール

<[Alexandros]プロフィール> 
[Alexandros]は、2007年本格始動。2015年よりユニバーサル ミュージックとグローバル契約を結び、3月に10th Single「ワタリドリ/Dracula La」をリリースし、オリコンウィークリーシングルランキング初登場5位を記録。6月には約2年ぶりとなる5枚目のフルアルバム「ALXD」をリリース、オリコンウィークリーアルバムランキング初登場3位を獲得。12月に11th Single「Girl A」をリリース、オリコンウィークリーシングル初登場3位を獲得。7月には2度目の日本武道館単独公演を成功させ、全国各地の音楽フェスに数多く出演しヘッドライナーも務める。またMUSE・PRIMAL SCREAM・KASABIAN等の海外アーティスト来日公演のサポートアクトや、アメリカの“SXSW”、イギリスの“THE GREAT ESCAPE”への出演、台湾でのワンマンライブを行っており、オーストラリアSBSラジオのレギュラー番組を担当するなど、海外を視野に入れた活動を続けている。2016年3月30日LIVE DVD&Blu-ray「[Alexandros]live at Makuhari Messe “大変美味しゅうございました”」発売。4月には2016年第一弾となるDouble A Side Single「NEW WALL / I want u to love me」発売。8月に発売したシングル「Swan」はドラマ・映画・CMのトリプルタイアップが付いたシングルとなり、スマッシュヒットを飛ばした。
[Alexandros] Official Site
[Alexandros]「EXIST!」Special Site

≪[Alexandros]レギュラー番組・雑誌 基本情報≫
●TOKYO FM系全国ネット「SCHOOL OF LOCK!」
2015年10月6日(火)スタート 毎週(火)23:05~『アレキサンドLOCKS!』
番組HP
●スペースシャワーTVにてOA中!「Welcome![Alexandros]」
番組タイトル:Welcome![Alexandros]
初回放送:毎週月曜22:00~22:15
リピート放送:毎週土曜26:30~26:45
オフィシャルサイト
●【月刊連載】メンズノンノ
川上洋平〝洋平’s ノンノ“
●【月刊連載】TSUTAYA CLUB MAGAZINE
川上洋平 月刊連載映画コラム
“TSUTAYAで迷ったらコレを観よ!” (毎月20日配布)

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP