_iki-_%e3%82%a2%e3%83%bc%e5%86%99%e5%b0%8f

ヒトリエ、“深化からの解放”を告げる今年2枚目のフルアルバム「IKI」収録内容全貌およびアートワーク解禁!

ヒトリエが12月7日にリリースするサードフルアルバムの詳細が発表された。
今年2月にリリースした「DEEPER」から、わずか10ケ月のハイペースで届けられるサードフルアルバムのタイトルは「IKI」(読み:イキ)。
シンプルながらも、“息”、“生”、“域”など、人によって様々な解釈で受け取る事のできる、ヒトリエらしいタイトルとなっている。

収録曲は全10曲ですべて新曲。8月にリリースされたライブ映像作品「one-Me Tour “DEEP/SEEK” at STUDIO COAST」のみに収録されていた「ハグレノカラー」や、夏のライブで披露され、すでにライブではファンに定着している「KOTONOHA」、先日開催された自主企画イベントnexUsでアルバムリリースのアナウンスとともに初披露された「リトルクライベイビー」など、様々な楽曲が収録されたヒトリエ史上最も幅広い楽曲が揃った意欲作。
初回生産限定盤には、『Studio Live “IKI” Session』と題されたアルバム曲のスタジオライブが3曲と、レコーディングや写真撮影時のドキュメント映像が収録、さらにはwowakaの制作手記とレコーディングの様子が納められたジャーナルが同梱される。

アートワークは、過去作に引き続きグラフィックデザイナーの永戸鉄也が担当。
2月にリリースした「DEEPER」で描いた緻密なアートワークから一転、「DEEPER」での深化を経て、解放へと踏み出しているヒトリエの現在のモードを象徴するかのようなCDジャケットおよびアートワークに仕上がっている。

バンドは本日から、通常のリリースツアーとは異なるセットリストや演出を盛り込んだツアー『HITORI-[E]SCAPE 2016 tour“5”』をスタートさせており、リリースを受けた全国ツアーに早くも期待が高まる。

_iki-_%e5%88%9d%e5%9b%9e%e7%9b%a4
■リリース情報
ヒトリエ
ニューアルバム「IKI」
2016.12.7 Release
発売元:非日常レコーズ
初回生産限定盤[CD+DVD] AICL-3225〜6 ¥3,400+税
通常盤[CD] AICL-3227 ¥2,600+税

[CD]
1.KOTONOHA
2.心呼吸
3.リトルクライベイビー
4.イヴステッパー
5.Daydreamer(s)
6.極夜灯
7.doppel
8.ハグレノカラー
9.さいはて
10.目眩

[DVD]
Studio LIVE “IKI” Session
1.KOTONOHA
2.イヴステッパー
3.リトルクライベイビー
特典映像:REC Document & Photo Shoot MOVIE

※初回・通常ともに、AL購入者限定メンバーセレクトの『IKI』なプレゼント応募券封入
wowaka:直筆”IKI”歌詞カード
イガラシ:レコーディングで使った直筆「doppel」譜面
シノダ:レコーディングで使って壊れたスピーカー
ゆーまお:レコーディングで使って割れた小さいシンバル

■ツアー情報
HITORI-[E]SCAPE 2016 tour“5”
11月01日(火)宮城 仙台MACANA
11月07日(月)東京 渋谷クラブクアトロ
11月24日(木)福岡 DRUM Be-1
11月30日(水)愛知 名古屋クラブクアトロ
12月01日(木)大阪 梅田クラブクアトロ
チケット料金 ¥3,300(ドリンク代別)
チケット購入

■LIVE情報
11月04日(金) 京都 磔磔  出演:LAMP IN TERREN / ヒトリエ
11月05日(土) 兵庫 太陽と虎  出演:LAMP IN TERREN / ヒトリエ
11月09日(水) 愛知 名古屋SPADE BOX  出演:Brian the Sun / ヒトリエ
11月11日(金) 東京 恵比寿LIQUIDROOM  出演:Brian the Sun / ヒトリエ
12月04日(日) 愛知 名古屋CLUB ROCK’N’ ROLL  出演:アルカラ / ヒトリエ
12月10日(土) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM  出演:空想委員会 / ヒトリエ
12月11日(日) 広島 SECOND CRUTCH  出演:空想委員会 / ヒトリエ
12月16日(水) 東京 TSUTAYA O-Crest  出演:バズマザーズ / ヒトリエ
12月18日(日) 群馬 高崎club FLEEZ  出演:空想委員会 / ヒトリエ

関連リンク:
Official WEB
Official Twitter
Official Facebook
Official LINE
Official LINE ID:@hitorie

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP