maeashi3

中島宏士 – 考える前足 Vol.3

寒くなってきました。ハロウィンも過ぎましたが、お祝い事はたくさんあります。
その度に街の「色」も変化していく
ハロウィンでは「あの色」に、クリスマスには「あの色」に。

・何色?
“算数”は「黄緑」、“会話”は「黄色」、“コラム”は「緑」
文字や物事に色を感じる感覚をみんな持っていると思うけど、誰かとぴったり一致することはやっぱりない。
みんなの中で一致する色なんてのはないのかなぁ
僕さえ「宏」は山吹色で「宏士」は水色だ
それでも自分の中で変わることはあまりないと思う。
「オーバードライブ」はずっと黄色で、「うすしお」はずっと赤。
いつ想っても、変わらない。

・何度?
「今日の気温は何度なのか」を誰かと話していて知ることがある。
最近ようやく解ったのだけど、僕はその日の気温を気にしたことがなかった。
こういう日常の些細な情報を皆しっかり調べてることに気づくと、自分は何も知らないのかも、とさえ考えたりもする。
気温や天気なんて、知らずに後悔する可能性が高いものが指一本でいつでも解るのに、気にしない。これは変えていきたい。

・何?
「コラム」という名目でお話をいただきました。
実はよく解っていませんでした。「コラム」?
僕は「エッセイ」を書いているように思う。申し訳ないとか悪いとかでなく、日記のようになっていくのも面白くないので、
これからは曲を毎月載せていきたい。
僕は「感覚」の正解を生み出したくて何かをしてるのかもしれません。
誰がいつ聴いても「その色」がついていて、誰がいつ聴いても寒くて、いつ聴いても雨で。
そういう正解を創り出すなんて、皆ぴったり一致することなんて
やっぱりないって解っていても、算数の答えに似た何かを探しているのです。

中島 宏士

中島 宏士クリエイター

投稿者の過去記事

音楽を軸に色々な楽しいことや面白いことをしたいと
2009年頃よりインターネットを通じて活動を始める。
本職はギタリスト。

特集記事

LIT

コラム記事





Staff Recommend

PAGE TOP