img_0226

[編集長日記] 米津玄師「米津玄師 2016 TOUR / はうる」を振り返る!

「米津玄師 2016 TOUR / はうる」の全公演が終わった。僕は運の良い事に初日の豊洲PITと最終日のZepp Tokyoのステージを観る事が出来た。
ツアーメンバーは、もはやバンドとでも言いたくなるお馴染みのメンバー。ベース須藤さん、ドラム堀さん、ギター中島さんという布陣。

今回のツアーで感じたのはステージ演出の変化やセットリストの組み方の変化だった。シンプルな照明、シンプルなステージで鳴らされる今までとは違うセットリストのステージは、とても新鮮でもあり、米津玄師の中で何かが変化しているのでは。と思わせるものでもあった。
ステージを前半と後半に分け演奏された今回のツアーでは、特に陰と陽を意識した作りだと感じた。前半を陰とし、後半を陽とする。そして、アンコール最後に魅せた「希望」という名の救い。
そんな壮大なステージが繰り広げられていたように感じる。
森羅万象、万物の生成消滅を描き切るような壮大なスケールの前半後半のステージを終え、アンコールでステージに戻ってきた米津玄師は「ホープランド」でステージを終える。この完璧とも言えるセットリストや演出が彼の頭の中にあるのかと思うだけで鳥肌が立つ。
2016年の米津玄師はツアーに始まりツアーに終わるという、大変忙しい年だったと思う。まだ夏フェスでのステージも記憶に新しい中発表された今ツアーには絶対何か意味があるのだろう。とは思っていたが、想像の範囲を遥かに超えるスケールだった。

最終日のZepp Tokyoのステージはツアー集大成とでも言うべき完成度だった。
1曲目を飾った「ナンバーナイン」から、ラストの「ホープランド」まで、何度も何度も圧倒され、鳥肌が止まらなくなり、涙腺が緩むような、そんな最終日だった。
これは、あくまで僕の個人ブログであってライブレポートではないので、ライブの内容については詳しく触れないが、間違いなく今年観てきた数え切れないライブの中でダントツに素晴らしかった。
「amen」で魅せたダンスも、「アイネクライネ」のより肉体性を帯びた演奏も、真っ暗闇の中演奏する演出も、観客へ手を伸ばす米津玄師も、その何もかもが新しく彼の進化を見せ付けるものだったと思う。
今回のツアー「はうる」に参加出来た人は本当に幸運だったとさえ思う。こんなにも素晴らしいツアーが5本で終わってしまった事に寂しさもあるが、彼の歩みは止まらずもう先を見ているのだろう。

そんな事を考えると、余韻に浸りつつも、早くもっと先へ進んだ米津玄師が見たい。と思わせる。
2016年はもうすぐ終わりを告げるが、2017年も間違いなく音楽シーンを動かすのは彼の存在になりそうだ。と感じた。

僕らは米津玄師という1人の人間を通して、そして彼の創る楽曲を通して、世界・人間・愛などといったもの達を再構築しているのかもしれない。それ程彼の才能は底知れない。そして、それは何故かとても心地いい感覚のものでもある。

至極個人的な感覚ではあるが、かつてJohn Lennonが世界に鳴らした「Imagine」と同種の感覚を僕は彼の「ホープランド」や新曲「love」に感じた。
兎にも角にも、これから先彼が一体どんな景色を僕らに見せてくれるのか、今は楽しみでしかない。


邑田航平(Optimanotes編集長)

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

MIYAVI

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP