a-674

[Live Report] 米津玄師 2016 TOUR / はうる – ファイナル公演

a-313

米津玄師が、12月8日に東京・Zepp Tokyoにてライブツアー「米津玄師 2016 TOUR / はうる」のファイナル公演を行った。

「ツアーに始まりツアーに終わったような一年でした」とMCで米津自身が語っていたように、今年1月から2月にかけて行われた「米津玄師 2016 TOUR / 音楽隊」以来約10ヶ月ぶりとなる今回のライブツアー。そこで彼が見せたのは、ライブパフォーマンスの驚くべき変貌だった。

アルバムのリリースを引っさげたツアーではないので、セットリストは過去から最新曲まで満遍なく選ばれた選曲だ。演出や照明に凝った仕掛けがあるわけでもない。しかし、そのステージは、今までに見たこともないようなものに進化していた。新しい試みと、音楽的な挑戦が繰り広げられていた。文字通り肉体的なパフォーマンスがそこにあった。

大歓声に迎え入れられて青い衣装を身にまとった米津がステージに登場し、ライブは最新シングルの「ナンバーナイン」からスタート。バンドメンバーは中島宏(Gt)、須藤優(Ba)、堀正輝(Dr)という初ライブから変わらぬ編成だ。

a-020

「どうも米津玄師です。よろしく!」

そう一声かけて「アンビリーバーズ」へ。気付いたのは、ハンドマイクを握って歌う米津が、曲中で手足をしなやかにくねらせること。何気ない仕草のように見えて、その一挙手一投足にコンテンポラリーダンスの躍動感が感じられる。

今年秋に公開された「LOSER」のMVで、米津は初めてダンスに挑戦している。振り付けを担当したのはダンサー/コレオグラファーとして世界的に活躍する辻本知彦だ。「彼の踊り方は万人に一人の芸術性を持っている」と彼もコメントしていたが、そこでの出会いと体験が、米津自身のパフォーマーとしての才能を開眼させたのだと思う。

a-828

中島と須藤がキーボードを弾くエレクトロニックなサウンドの楽曲が増える一方、「メランコリーキッチン」ではギター、ベース、ドラムのバンド編成となり米津自身もギターを抱えて歌うなど、曲ごとに目まぐるしく演奏のスタイルも変わる。「Undercover」では幻想的な青い光にフロアが包まれるなど、照明も音楽と同期して観客を惹き込む。

a-172

ダークな曲が続いた中盤も印象的だった。「KARMA CITY」は、つんのめるようなリズムに電子音のフレーズが折り重なる。曲の後半ではそのまま静寂と暗闇に包まれ、鐘の音のインタールードを経て、続いて「amen」へ。白い光に背後から照らされた米津の姿が浮かび上がる。歌いながらしなやかに踊る。かかとが滑るような、なめらかなステップを踏む。思わず目を奪われる。息を呑むような展開だ。

a-501

4人が激しくアグレッシブな演奏を魅せた「Black Sheep」に続いては、「12月10日に『かいじゅうずかん』という書籍が出るんですけど。それのために書いた曲が一曲あって。それをやりたいと思います」と、新曲「love」を披露。この日の会場でも先行販売された初の単行本『かいじゅうずかん』に付属するCDに収録された曲だ。ゆっくりとしたテンポで、後半に向けてどんどんとスケール感を増していく壮大なナンバー。ステージの各所、アンプやドラムセットに設置された電球の光が光る。最後には身体全体を振り絞るようにして歌声を響かせる。

a-1534

終盤は再び疾走感あるナンバーを続ける。「ついてきてくれますか? 声出してこうぜ!」という声に大歓声が上がった「LOSER」に続けて、「Neon Sign」ではお客さんがジャンプ。「ゴーゴー幽霊船」「パンダヒーロー」も、とてもパワフルでダイナミックな演奏だ。まるでジェットコースターに乗っているかのような興奮に包まれる。ラストに「ドーナツホール」を披露し、米津は「ありがとうございました!」と一声かけてステージをおりた。

a-693

鳴り止まない歓声に応えてアンコールに登場した米津は、原曲よりも数段パワフルになった演奏で「花に嵐」を披露。最後には「ホープランド」をプレイし、力強い咆哮のような歌声でステージを締めくくった。

そしてこの日のライブは、米津玄師の次なるステップを示した場所でもあった。MCでは「来年の2月15日に『orion』という新しいシングルを出そうと思っています」と告げる。NHK総合で放送中のテレビアニメ「3月のライオン」のエンディングテーマとして1月7日(土)より放送される一曲だ。

a-674

「こんなに光栄な話はないですね」と感慨深そうに米津は語っていた。なんでも、以前に彼自身が住んでいた場所がマンガの舞台の一つでもある月島で、描かれている風景は自分にとっても馴染みの深いものなのだとか。

目まぐるしい速度として表現者として覚醒していく今の米津玄師。2017年に彼が向かう先が一層楽しみになる一夜だった。(柴那典)

a-252

TEXT BY 柴那典

PHOTO BY 中野敬久

米津玄師 2016 TOUR / はうる セットリスト
01.ナンバーナイン
02.アンビリーバーズ
03.ミラージュソング
04.メランコリーキッチン
05.駄菓子屋商売
06.Undercover
07.KARMACITY
08.amen
09.Black Sheep
10.love
11.アイネクライネ
12.LOSER
13.Neon Sign
14.ゴーゴー幽霊船
15.パンダヒーロー
16.ドーナツホール
EN1.花に嵐
EN2.ホープランド

■リリース情報
米津玄師 New Single『orion』
発売日:2017/2/15(水)
オリオン盤(初回限定):CD+クリアシート+ハードカバー仕様 ¥1,700+税 / SRCL-9313
ライオン盤(初回限定):CD+DVD+紙ジャケット仕様 ¥1,700+税 / SRCL-9314~9315
通常盤 ¥1,200+税 / SRCL-9316

「orion」…NHK総合TVアニメ「3月のライオン」新エンディングテーマ

■プロフィール
米津玄師
ハチ名義でボカロシーンを席巻し、2012年本名の米津玄師としての活動を開始。
その独特なサウンドメイクをした楽曲の強さと、リアルな言葉の数々は圧倒的で、今の音楽シーンにはない新鮮さを鮮烈に刻み話題に。
2015年リリースの3rdアルバム「Bremen」ではオリコン週間チャート1位、iTunes週間チャート1位、BillboardJapan週間チャート1位という三冠を達成、2015年度レコード大賞優秀アルバム賞受賞した。
2016年はユニバーサル・スタジオ・ジャパン15周年企画 “やり過ぎ” コラボ、ルーヴル美術館特別展「ルーヴル No.9 ~漫画、9番目の芸術~」公式イメージソング、
佐藤健・有村架純らが主演の映画「何者」の主題歌を中田ヤスタカ×米津玄師として初のコラボレーション作品として発表したりと多岐にわたる才能を披露した。
同年9月に発売したシングル「LOSER / ナンバーナイン」はオリコン週間シングルランキング自身最高の2位を記録と勢いは止まらない。

オフィシャルHP

カメラマンクレジット 撮影:中野敬久

「米津玄師 2016 TOUR / はうる」より。

Kohei Murata

Kohei Murata編集長・ライター

投稿者の過去記事

バンド活動を通して、自分の音楽を世界に発信する事を志しながら、同時に仕事での独立を目指して様々な業種を経験する。バンドでは日本のみならず台湾でも活動を行い、台湾でのアルバム2枚のリリースや大型野外フェスティバルへの出演も果たす。
その後、様々な仕事を経験し2015年独立。
現在は音楽メディアOptimanotesの編集長兼ライターとして、記事の執筆をしている。

特集記事

LIT

コラム記事






Staff Recommend

PAGE TOP